ドゥカティ徒然日記 
FC2ブログ

長杉

RG250ガンマの、フロントフォークを持っていますが・・。

流用するにしても、ちょっといじらないとそのまま使えないワケですな。

     CA3K0009_201810281819369ff.jpg 

ベアリングサイズが某アレと同じだったので、ステムシャフトの長さだけ

どうにかすれば~、なんて思って、抜こうとしてたんです。

しかーし!抜けない、抜けないw

旋盤で開先を削ったと思いきや、全然抜けず。リューターでここまで掘って、

バーナーで熱~くして! CRCをブー吹き! 1ポンドのプラハンでブッ叩き!

よーやく抜けました!!

   CA3K0010_20181028181941249.jpg 

長かった・・。

   CA3K0011_20181028181942a56.jpg 

   CA3K0012_20181028181942322.jpg 

抜いてみて思ったのは、シャフト側に2Cの開先。アンダーブラケットには

たいして開先を付けていなかったと思われます。

   CA3K0013_20181028181942855.jpg 

さて・・・。抜いた所で、シャフトを短縮しないといかんのですが・・

あれっちょっと待てよ??

肝心なコトをしていないぞ!!

      CA3K0014_2018102819355352d.jpg  

うひー。長すぎるゥ~~。

あーあ、せっかくステム抜いたけど、ナシだな、こりゃ。


 

 

足棒

ボルガンマの、左ステップを手持ちのYH75で作ります。

穴は開けてあり、形状もほぼ出来ていましたが、
ホンダRVFのペダル同軸の沈め穴が「D」の形なのでした。

    CA3K1065_201810201740532d7.jpg  

初めは、ボール盤にリューターの刃を付けて削ろうかと思っていましたが・・・

    CA3K1151.jpg

ちょっとした仕事のスキマで、機械で掘りましたww

加工時間は2分。しかも100分台での精度。やっぱり機械はいいねえ~・・。

    CA3K1152.jpg 

少しづつ・・・進んではいます・・・。

かなり日にちはすすんで、今度は右のステッププレートを
作製中です。

     CA3K1159.jpg 

こちらは、もう材料が足りなかったので2017の10mm厚を購入しました。

今現在はこんな形で、マスターシリンダーを取り付ける穴は開けていません。

左・・・

    CA3K1153.jpg   

取り付けてみた・・・。

    CA3K1176.jpg 

右も付けて見た・・・・

    CA3K1177.jpg 

各部のクリアランスも、良い感じッス!

 CA3K1178.jpg CA3K1179.jpg

フォワードステップの完成間近です。

    CA3K1180_2018102018293102a.jpg


 
 

分解

マジェ。こんどは2代目のSG03J。の、初代3連メーター。
    
    CA3K1026_20180924223804e65.jpg 

フェイスカバー付・・・

    CA3K1032_20180924223438ce1.jpg 

リアの羽も有り。

   CA3K1027_20180924223806862.jpg  

まずはエンジンオイルを抜きます・・

   CA3K1040_20180924225204e10.jpg 

ブラックオイルでした。

外装を、全て撤去し・・・

   CA3K1051_20180924224821a95.jpg 

いろんな追加電装があったりして、それも撤去。

   CA3K1041.jpg 

この赤いタップが多くて・・・。

フロントブレーキパッドは、バックプレートが錆びて浮いちゃってました。

   CA3K1042.jpg 

超デンジャラス。

半分ハダカ状態。なんかカッコよく見えるのは気のせいだろう・・・。

     CA3K1044.jpg 

シートとか、フロントの内側も取り払うと、やっとこんな感じに。

    CA3K1046_201809242243354cc.jpg 

これでもかなり重い。

    CA3K1055_2018092422433838d.jpg 

この状態で、アルカリ洗剤で洗いまくります。あんまし落ちないけど。

順番を少し考えて、ネジを外していき・・・

     CA3K1059.jpg

すとん、とエンジンが降りました。

さあて。  

意思

深夜に突然!10センチ程の大きなクモが出現!!!

かなり驚くんだが、これはアシダカグモと言って、ヒトには無害。

    CA3K0994_20180916195841325.jpg  

無害なうえに、なんとGを駆逐してくれる益虫だそうで。

・・・だけど、ビジュアルが物凄く、しかもえらい高速で動く!!ビビります。

まあ、わしら寝た後にGの捕獲、頼んます・・・。

んで、バッテリーの終わったモンスター。

中華バッテリーを安っすく買いまして、充電も行い。

交換したんですが、なぜかメインが繋がらない。

接続不良は、無い。
キルスイッチを疑ったり
配線をさわさわしてたら点いたり消えたりしたので、コネクタかな!?

抜き差しても変わらず。んじゃメインキーのスライドスイッチかいな!と
おっぱずし。

    CA3K1003_20180916195848a13.jpg 

端子も真鍮が黒くなってるなあ。磨きたいな。

     CA3K1004_201809161958484cc.jpg
 
接点復活材は塗っといた。
キーシリンダの組み立ては、ブレイクボルト(M4x8)で組んでるので

ドリルでもんで取ります。
 
    CA3K1007_20180916195849fa3.jpg 

こんな感じ。

   CA3K1010_201809161958497ba.jpg 

パカ。

   CA3K1011.jpg 

汚いな~。

お掃除して、端子には接点復活剤。ボールノッチ部には綺麗なグリス。

   CA3K1012_20180916195850ddc.jpg 

ブレイクボルトの後には、キャップボルトを突っ込んどく。

   CA3K1013_20180916195850d2f.jpg 

・・・・と、ガンバッテ掃除したのにパイロットは点灯せず。
なーにぃ~??

ヒューズは全部OKだしな~。っておやあ~?
メインリレーがアツアツだ。

どれどれ・・分解して掃除&接点復活材。
すると、見事パイロットがビカー!

ふう、良かったコイツだったか。
エンジン始動も難なくOK。

   CA3K1014.jpg 

洗車もしてやんないとな・・・・。

 

前進

モンスターのバッテリーが完全に放電してしまった。

     CA3K0970_20180909221916a6b.jpg 

オプティメート3で何日も繋いでいても、ダメだった。

日付を見ると、2014 5 んーまあ、仕方ないかあ~てな感じ。

ウエストコは良品だけど、今度は納豆にしてみよう!

さて。

なんてこった。今は2018年だよな!?

   CA3K0972_20180909221929114.jpg 

このプルタブが平気で落ちてる場所とは。(飛ばして遊んだナー)

はい。高田橋。

   CA3K0974_20180909221930468.jpg 

エクスチェンジマート夏の陣。今回で終了、次回からはまた大磯になります。

見つけたのは、悩みましたが放置。そしたら、他の出展者が購入してました。

「あ~買われたか。ま、そういう運命だったワケだね」
こういうの、多いすね。

で、特に気にしてなかったけど偶然見つけた、ダイヤルゲージと鋼製コンパス。

    CA3K0988_201809092356186ad.jpg 

500/300。安くてヨカッタ・・。

帰宅し、急いで家事を行い、また急いでご飯。んでサーやるか!と準備です。

     CA3K0979_201809092219307cc.jpg 

ダンボールで養生w大丈夫かよオイ!

    CA3K0980_20180909221931067.jpg  

カパっ (そっと左手で押さえて・・)
バチチチチ

   CA3K0982_20180909221932ba1.jpg CA3K0981_2018090922193198c.jpg

ヒー、へたくせーw ま、いがべ、シートが乗っかる土台だすけ!

   CA3K0983_20180909221931a0b.jpg 

んで、余った部分はバーコのノコで手切り。ディスクの方が早いけどね・・。

φ100だと、雷鳥の新品でも多分、角パイプの下まで届かないと思うんです。

砥石も減るからして。

   CA3K0984_201809092219321d1.jpg 

何気に車重を測ってみた。37kg?後ろは42kgだった。

えーと、これに配線した所で5kgも変わらんでしょう。 
仮に+5kgとして。

・・・え?84kg?ガンマエンジンすよ。45馬力(カタログデータ)。

うはははw

面白いだろうなあ。

んじゃま、ステップの形づくりを進める事にしよう。

    CA3K0985_20180909221932c3d.jpg 

MDF板のゴミに、穴を開けて・・・

     CA3K0986_20180909221932cb5.jpg 

こんな所かなー。左はまだ、決定しやすい。それでも、スタンドのせいで

かなり後ろ+上になったんです。 

こんな風に。

    CA3K0987_20180909221932bab.jpg 

自然と、ダートトラック標準のフォワードステップになってしまった。