ドゥカティ徒然日記 
FC2ブログ

安心

車検の切れていたドゥカティ M900。
ようやく継続車検を受けてきました。


相変わらずバカでかい仮ナンバー。
そういや前回、ライトが暗い!と予備検査屋さんに
言われたので4輪用の安物H4に交換して、更にバッ直アースを引きました。


ん~、前よりは明るい…かな⁈
さて陸自に行きますと…


ウルフガンマも来てましたな。お疲れ様です♪
して…結果的には無事終わりました?いやあ~。


はい、やらかしましたよ。
全て確認して挑んだとゆーのに、いきなり
前ブレーキランプが点かなくなったり消えなかったり。
他は大丈夫でしたのでそこだけ直して来て!と言われまして画像状態。
テール球の様子を見るも問題ない。やれやれどこじゃい、と喜んでる内に
電源全部落ちた。エッヒューズ飛んだ!?いや飛んでないな。
バッテリー死亡?車検場内を押しがけしまくるも
エンジン掛からず。まー電気無いんだから掛かる訳ない。
一時バイクを放置して帰ろうと思いましたが、
色々ありまして、無事車検合格しました。
して、今回のトラブルと言うのが…


この黄色い、ヒューズボックスの隣りにあるメインリレー。
熱っつくなってました。




イタ公らしくフタが取れる造りなので、何とかなった次第。


端子の後ろに詰め物をして直結。したら
電気が通りましたので、ひとまず車検は通した訳。


端子を見るといわゆる5極。
しかも、あのランチァデルタと共通部品らしい。なら仕方ないか。
ヘインズのサービスマニュアルにはご丁寧に
内部構造も記してあります。


よーく見て構造を、理解…し…て…
よくわからんが、多分わかった。
そんで、電気部品なら世界共通だべな、と思い
探した所、情報を下さった方。感謝です!


同様な商品は沢山あるらしく、わりとヒットします。
したらばせっかく換えるならMADE IN JAPANに
拘りたい。

パナソニック製を見つけました。
数百円で買えるモノより大分しますが、まあ
ガマンできるレベル。


とある旧車クラブが販売してたモノですが、
普通にRS梱包のままじゃんw


ちょっと小さい。


しっかり感は黄色とは比べ物にならん。
 



配置数字は同じ…つまり、規格ですな。
何にも調べてないけどとりあえずバイクに
そのまま付けてみると…爆発はしなかったけど
リレーがジーって言って、電圧計は表示しなかった。
何かが違うようだ。


テスターで調べると、少し構造が違ってた。
黄色/赤とオレンジを逆に入れ替える必要がある。
それに伴い、赤と入れ替えた黄色/赤をジャンプさせる。


こんな風にします。
ちなみにこの端子。抜き方がわからなかったです。


普通は金属端子に抜け止めのベロがあって、
それを精密ドライバーなどで倒すなりすれば
抜ける…が、コイツはそうではない。
 

ハウジングに凸があって、端子にハマってました。


こんな感じ。
そしてパナソニックリレー側は…


下の30と、真ん中の30αをジャンプさせます。


変更ハーネスを作れば楽、なんですが、コネクターオンに
したかったので、プレート式にしました。
バネ用リン青銅で製作です。


バッチリです♪  左右の85、86に12V電源を繋ぎ、
動作チェックした所、黄色リレーと同じ動作を
しましたので、バイクに実装です。
左右2ミリずつ小さいので、ゴム板を挟みました。


結果!バッチリよ~♡嬉しい。


電圧計はいい数値を表示しています。
黄色リレーは接触不良で熱っつくなってたんだな。
火事になる前で良かった。





色々

山梨県のこんな所に行きましてですな…




ファナックアカデミーとやらに参加してきた。
実は6月の話なんですがね。
あくまでリハビリ。何となくしか覚えてないから、
キチンと勉強した方が良いと思いましてね。
同僚さんは19歳とかでした。


んで、仕事場ではプログラムは手打ちではなく
シマトロンなんですけどね。
さ、練習、練習。


と言ってもこんなもんですが。


オイル窓。やはり無いとダメです。


アクリル。


板厚20の鉄板に、M8貫通をいっぱい。
少しずつ、慣れていこうと思います。











護謨

さて。このモンスターも付き合い長くなってきた。
オールマンの竹田さんから出してもらって9年弱?
しかし走行距離はサッパリ伸びず。
一応、タイミングベルトを交換しようと思います。
社外品のダイコを購入しました。純正品より
少し安いです。
ダイコは純正品を作ってる会社らしいので
大丈夫でしょう。


ウェビックで買いました。
ノーマルベルトは鉄プーリーのサビをもらってしまっています。


パッと見、ヒビとかはわかんない。
バルタイを合わせてテンショナーを緩めて、
タイミングベルトを外します。


超簡単。普通のカムチェーン交換作業の比ではありません。


ムキってやって見ると、表面はさすがに少し硬くなってて、ヒビとゆーかが見える。
しかし、いきなり切れるのか?な感じはわからない。最低でも10年近く経ったゴムだし、
替えて良いタイミングかな。
 

して、ダイコ。しっとり爽やかなゴムでございます。
コグ山の形状が、純正品とは異なっています。


どんな理由なんだろう。


印刷も青い。純正品はオレンジ。


サクっと交換完了しました。10分掛からないよ。
張り調整?宗派数なんか知らんので、アイドルベアリングとの隙間を見とります。約6ミリ。

電栓

超久しぶりにM900に火を入れる。
バッテリーは、安物だけどずっと充電器に繋いで
いたのでとりあえずはセルを回せるだろう。
いざ。
キュルキュルキュルキュル…
んん、燃料が無い感触。負圧コックだからな、
落ちるまでダメだろう。
やはり、1年半もほったらかしだとすぐには起きない。
プラグを見る。

これは交換したほうが良いな。換えましょう。
ウオタニコイルにしてからのプラグそのまんま。
使用距離としては、5000キロは使ってない。
早めが良いですな。
新鮮なハイオクをブチ込んで、新品プラグにしたらば
2バルブデスモはテルミの快音を奏でてくれました。
お隣りさんすんません。


は~、コイツとももう8年以上か~。早いなあ。

安物

ボルガンマはもらったキタコメーターがついていました。


所がコイツ、くれるだけあって動かない。
仕方ないので、ネット上でなんか探してみました。
んで、Amazonで2580円送料無料てゆー、怪しさ満点なブツを発見。


ダメで元々!来て動いたらラッキー的なノリで
支払いしました。すると…
すぐに納期連絡がありました。1ヶ月後、と。
まあ武漢肺炎真っ只中でしたし、仕方ない。と
思い、素直に待ちましたが、結果届きませんでした。
返金要求の連絡をすると、またもや直ぐに返事。振り込んだよ、と。しかし…
更に1ヶ月経つが、入金されませんでした。
ああなるほど詐欺か、うーむ。
バカなのでまたAmazonで同じ奴を違う店から
注文してしまった。すると…


今度は2日後に届くと言う謎。まあいいか。


怪しい取説に悩みながらも採寸していきます。


コネクタはこんな感じ。片側しか無いので、相方は自分で用意する必要あり。
ギアポジは要らんので、半分は使わない。


なんとなく作図。3ミリ厚の5052で作ります。


ダンパーは、いつもの建材バッカー。安くて良いです。


ステーは2ミリ厚。デザインイメージは大戦機の計器(中味)。見た事無いけど。


で、こうなる、と。200ミリ配線延長です。


タコメーターの信号は、よくあるイグニッションコイル入力ではなく、
ピックアップの赤/白線から取りました。


設定ですが、裏ボタン押しながらキーオンに
すると、
設定モードが始まります。
5秒程長押しすると、項目が変わります。
モード3になったら、2か4を選択になるのですが
ボルガンマの2ストパラツインの場合、4でした。
https://www.instagram.com/p/CBgEQsGlm_2/?igshid=14hgmgfu9lr2n