ドゥカティ徒然日記 ボルティ+ガンマ

出門

ボルティフレームには、ボルトオンのようでそうじゃない

グラトラシートを取り付けるようにする訳ですが・・。

数か所にゴムダンパを乗っける部品を付ける必要があります。

それを、シートレールに出来れば溶接したいのですが、わしは溶接機を

持っていないので「この位の部品ならロウ付けでもいけるっしょ」と

淡い期待を込めて、手仕上げ致します。

まずノコで粗きりして、

   CA3K0697_201705282316219d6.jpg 

半丸ヤスリでひたすら合わせていきます。

   CA3K0698_201705282331074d7.jpg 

ここまで削ると・・・
   CA3K0700_20170528231415ce1.jpg 

いつかはこのようにパイプに沿うようになってくれますので・・

   CA3K0702_20170528233217133.jpg 

あとは、表面のジンコートを剥がして、フラックスを塗布すれば

ロウ付けの準備ができる、という算段。

で、そのジンコートの剥がしは・・・

   CA3K0704_201705282313407f0.jpg 

酸の池にどぼん。すぐに泡がシュワシュワ~、と出てきます。

    CA3K0705_20170528231611334.jpg 

数分もすればジンコートは溶けて無くなっちゃいます。

端っこだけ、綺麗なSPCCになりました。

    CA3K0706_201705282316057f4.jpg 

シートレールに乗っけてみます。

    CA3K0707_201705282316143fa.jpg 

うん・・。

    CA3K0710_20170528231620a58.jpg 

良いと思う。フラックスもチョロチョロと塗りまして・・・。

早速バーナーオン!シュゴォォォォ。

・・・・・。

ぬぬ??

     CA3K0713_2017052823162548a.jpg 

こっ、これはいったい・・。

     CA3K0715_20170528231631d05.jpg 

どうして、こんなにヘタクソなのか。

     CA3K0714_20170528231628036.jpg 

もう何もかも嫌になって投げ出したくなる気分でございます。

これはリカバリできるのかなあ。

ちなみに、これはこのままじゃなくって、付いたら真ん中は切断

する予定なのでする。 
 

 




土曜

ええと、今何やってるんだっけ・・。

ああ素人がニコイチバイク作ってるんだった。

どうも、振り向いたら忘れる年頃のひゅさしです。

     CA3K0669_20170520211959fe9.jpg 

忘れないためにもこうやって、メモ取るなりブログに残したりして

どうにかリカバーできるようにしとります。

でっ、上画像の材料とCAD図面(というには恥ずかしい程のぽんち絵)。

これでもって、どっかのナニカでカットしてもらう為、定時後DASHです。

ああ遂に他力本願で部品製作しちゃった。悔しいが仕方ない。

素直に頼ろう。お願いね、新人さん。
  
・・・土曜の今日は、朝からアツい!いや面白ネタじゃなく気温。

    CA3K0674_2017052021200150a.jpg    

なので早々に宮ケ瀬に・・。珍しくアイスコーヒー飲んで、さっ帰ろうかなと

鍵を差し込んだら、直キャブのツインの音・・・。今時こんな音をかまして

上ってくるとしたら。

    CA3K0675_20170520212002334.jpg 

ですw(Zの方ね。)350F3は、少し後からぶぼぼぼ!とサイレンチウムの

音を轟かせてやってきました。こっちは茶こしフィルターすら無い、直ファンネル。

超カッコいいけど、茶こし位は付けといた方が・・。別荘自作、頑張って下さいね。

    CA3K0678_20170520212003d15.jpg 

このZのね、このアングルが好きなんですよね。水冷ENGのは知らないんですが

空冷はカッコい~です。オーナーのstarriseさんは素敵な変態紳士。

何でもすぐ自分で考えて作っちゃう。今回作ったというサイドブレーキ改は、

作動を見せてもらったんですが、ホントにカッコいい。レーシングマシンです。

これ、これすよ。自分が目指してるスタイル。実兄と同年なんですが、凄く気さくに

わしと接してくれます、感謝です。実兄は兄で釣りの方で凄い人になっちゃうしね。

(昔はハコスカやS30Zで厨房のわしの憧れだった)

さてわしは、なんかで足跡を残せるのでしょうか。ま~ね~べな~w

とま、カンナムを
CA3K0679_2017052021200576d.jpg 
見つめつつ、帰宅後作業を始める・・・。

部品がくっ付く予定の場所の、追加工。
 
    CA3K0680_2017052021201478e.jpg

どうにかしてケガいたら、ノコで切り込みを入れるです。マジ適当ですなw

    CA3K0681_2017052021200955b.jpg

ギコギコギコ・・・ふー(息で切粉を飛ばす)ギコギコギコ・・・

邪魔が入りながらも、1時間位で

    CA3K0685_20170520212012022.jpg 

切れた。なんと(ちゅーか当然)中が空洞に。ムクかと思ってたわ。

スズキ、気合入ってるなあ。そりゃ初期型がン万台も売れりゃね。

凝った造りにもなるってもんよ。

で、ちょっとヤスリで仕上げして・・・

    CA3K0686_20170520212059d82.jpg 

開先を3mm程(少ないかなあ、師匠)付けて。

    CA3K0687_20170520212111d77.jpg 

L型方向の開先は、部品が出来てきて、合わせを行ってからヤリます。

・・まだ明るいな、他に出来ることは・・・

はっ、これだ。

    CA3K0688_20170520212101f50.jpg 

 クラッチスイッチステーの削除。ここは結構マジに溶け込んでて削る量が

多かった。近所の皆さん、ウチのクソディスクがうるさくて済みません。

その内HITACHIのブラシレス買うかもしれないんで許して。

やるなら一気に短時間で!と思い、緑の荒加工のを付けて「ギャィィィィ」

溶接ビードを削って切り取ろうかと思ったんですが、深かったので

全削りに。

   CA3K0689_20170520212112b01.jpg 

全部 粉にしてやった。

 


 


 

御蓮

GWだといっても特別な事はしないのがウチ。
わしはボルティのシートレールにノコギリを入れる。

  CA3K0599_20170508214006622.jpg 

ギコギコ・・。

反対も・・・

  CA3K0600_2017050821401055e.jpg 

ぽろり。

  CA3K0601_20170508214011bc4.jpg 

100均のヤスリでスムージング。

意外と使えるっす。

  CA3K0602_20170508214013dca.jpg 

次の日。

SDR-Fのタイヤがヒビだらけ&摩耗で交換時期。

   CA3K0603.jpg 


   CA3K0604_201705082140164d5.jpg 

ケチって良いモンじゃないので、前後交換。

今回はF90 R110。F用をリアに組みました。

   CA3K0618.jpg 


同時にエアバルブを新品にした。マルケ対応だけど、テクマグに使えるように

しました。 

   CA3K0619_201705082140209a7.jpg 

せっかくなので、ベアリングも交換。在庫だけど古いので

CRC556で固いグリスを洗い、ゾイル+づぽんの白いのを詰め込んだ。

さらに不必要なシール自作。PTFE0.5シートから自作。

   CA3K0616_20170508214018730.jpg  

単に作って見たかっただけww

   CA3K0620_2017050821402264d.jpg 

新品タイヤは良いもんです。しかし、このテクマグ。いつまで使えるかなあ。

ちょっと怖いかも。

宮ケ瀬にもフラっと行ったりして・・。

   CA3K0622_20170508214205466.jpg 

ウルフ90。親父が昔~~~~し、乗ってた。シートがなぜかヒョウ柄だった。 

   CA3K0623_20170508214207b3b.jpg 

奇跡的なコンディション。すごいよね。

サテ土曜。横浜に、ボルガンマを積んで行くのですが・・。

   CA3K0631_20170508214208843.jpg 

こやつと一緒に移動します。
  
    CA3K0632_20170508214209ffd.jpg 

SEKI。ルマンを、モトサヤに収めるべく。

   CA3K0640_20170508214217c31.jpg 

モトサヤ。5年間お疲れ。さあ、行くぞ師匠のもとへ。

着いて早々点付け。

   CA3K0641_201705082142143b8.jpg 

いつもの練習無しいきなりアルミ溶接~。

たッのッしィ~~~。(遊びだから)
  
  CA3K0642_201705082142146ed.jpg  

楽しい言ってるけど、このドヘタ溶接は、ひどい。ただ付いてるだけ。

後でまたブリッジ付けよう・・。

   CA3K0643_20170508214216446.jpg 

パイプ間に足した方が、絶対良い気がする。

   CA3K0644_201705082142183f2.jpg 

現在はこんな。後は後ろ側の部品を作らないといかん。

上手くいきます様に・・・。

 
 

 


 
 

八三

今年も始まりました、高田橋の鯉のぼり。

CA3K0569.jpgCA3K0568.jpgCA3K0570.jpg 
パノラマチックになった。

こういうのは、広角レンズ?ての?を使うと、カッコよく撮れるのかなあ。
 
雄大で、気持ちいい。見てて幸せな気分になる。

       CA3K0571_20170501202659639.jpg 

テキヤがいつもいっぱい。なんか最近当たりがあるとかないとかで
話題になりましたが・・。わしも小さい頃は濡れない砂欲しさに型抜きを
頑張ったものです。出来ませんでしたが。

この後は、ムスメの世話で大汗をかいたわけですが・・・

寝かしつけてからは、こんなことを始めます。

    CA3K0565_201705012026509f2.jpg 

買った5083の板。8mmと15mm。ちょっと大きさケチったかなあ。 

    CA3K0572_20170501202703f68.jpg 

Φ8.5の孔、と切断を上手い事できました。黒マジックのラインで

切断です。ナニで?

    CA3K0573_20170501202704d3f.jpg 
当然!これです。バーコ鋸。切れるよ。

    CA3K0575_201705012027056c1.jpg 

大した労力無しに切れました。すごいぞバーコ。

    CA3K0574_20170501202706ae5.jpg 

でノコ目を100均ヤスリで仕上げる・・・・。

    CA3K0576_2017050120270746e.jpg 

付けて見る。うぬぬ、小さかったようだ。バカ。

だが、ここから何とかしなくてはならないので、頑張る。



弓鋸

ガンマのダウンチューブの加工の進行度合いは、半分、て所でしょうか。

    CA3K0538_convert_20170423222911.jpg 

曲げて溶接した所の内幅を65mmに仕上げたので、バイクに付けてみる。

・・・・ってアレ?ぬおお、やっぱりオマエかッ!邪魔になるかな~なんて

    CA3K0541_convert_20170423222955.jpg 

思ってはいたんだ・・・。

切らなくてはならない。

    CA3K0547_convert_20170423223103.jpg 

手で。でもこれ、良いあんばいで切れるので気にいってます。

    CA3K0548_convert_20170423223150.jpg 

ぽろり。よす、もうぶつからないハズ。

    CA3K0549_convert_20170423223316.jpg 

あら~、なんか見れるでね~の。それっぽくなってきたね!

    CA3K0551_convert_20170423223427.jpg 

後ろ側のスキマ。もっとアルミを削っても良い。

    CA3K0552_convert_20170423223521.jpg 

こんな風になる・・。力学的におかしいのは解ってます。

ちゃんとした材料(5083)で、作り直します。

     CA3K0554_convert_20170423223725.jpg 

うむ、いいんじゃないかな!

   CA3K0555_convert_20170423223856.jpg 

作業が楽しいのでござる。