ドゥカティ徒然日記 組直

組直

せっかく暖かい事だし、切れないクラッチの様子でも見ましょう。

一応、ドゥカティ純正品も作ってるメーカーですし。

     kotti
 
使った純正クラッチ。組み立て寸法は・・35.33mm位。


でサーフレックスS1816。

    nnnnn
 
38.58mm位。 約3.5mmサーフレックスの方が厚いですねえ。

とゆーことは・・・。

レリーズピストン、プッシュロッド、プレッシャープレートが3.5mm右側に移動するって

ことですな・・・。

更に3.5mmクラッチスプリングにロードが増える?

んー・・。

ASSY寸法はしょうがないとして、ロッドは元の位置に戻したいなあ。

      変更されてる?
 
真ん中にロッドが刺さるんですが、この中にスラストベアリングを入れてみたら!?

ロッド&ピストンが回されないのでは!?ないか!?と思います。

それは後で検証してみるとして・・これ。緑のオーリング。

なんであるのか!??

ド初期のM900には無かったのですよ・・・。このせいで、プレートを外すとロッドも

一緒にずぼ!と抜けてきて驚いたものです。結構キツくはまってるんです。

たぶん・・グリスが飛ばないようにとオーリングを設置7したのでは!?

わしはギモンでしたので、行動。

     取るのです
 
取っちゃいます。「今更かよ!?」そうです。今更です。以前、ロッドが回されるせいで

レリーズピストンも回っちゃってレリーズ自体が終わる、てのが気になってたから。

で・・・

     こってりと
 
オーリングの溝とか中とかにモリブデングリスをたんまり注入ゥゥ!

(マイクロセラ混ぜてあるです)

これで焼き付きはありませんでしたので、いんじゃないかと。

さあてと・・・。

     あせんぶら
 
今度は、クラッチプレートの組み方にも気を使ってみたり・・。

まずは「バリ面」を外側にする。変な凹みを等間隔に振り分ける。

外側てのは、ノーマルでそう組んでいたから。インナードラムの摩耗と

合うのかも?と思いました。

凹みは・・木の精でしょう。

その結果は!

      S宅前
 
チョイ乗りでS氏宅へ。バッチシでした!キレもグッド!位置も遠めでヨイ!

つながり具合もバチっとしてヨシ!


えーとつまり原因はなんだったんだろう!?エア抜き?組なおし?

ちょっと走ってアタリ出た?ダメですね~、一か所づつ検証しないから・・。
スポンサーサイト

テーマ : 地味にコツコツやってます - ジャンル : 車・バイク

Comment

No title

何とも不可解なクラッチ問題でしたねぇ〜。
結局緑色の輪っかのせいなのですかねぇ?

ところでモリブデングリスとマイクロセラって相性って???
テフロンとモリブデンは混ぜるな
(混ぜても打ち消し合うから意味が無い)
って言うのはあるけど、ボロン系は果たして・・・。

ちなみに自分がマイクロセラを混ぜる場合は
普通の万能グリスに白い物を混ぜ混ぜ。。。。

クラッチ整備迄手を掛けた経験無いので何とも申し上げれ無いのですが無事復活何よりです。

No title

いいなぁー・・・・・・

直って・・楽しく乗れて!!!

GW最後の今日はそいつで朝駆けかな?。


ところで例の件は可能かなぁ・・。

>桑原茂一殿

原因究明ははっきりしませんでしたが、結果オーライ・・
でいいのかな~?

粉、モリブデンと大きさの対比がわからないので
まあ、いいかな?と。
潰れてMoの隙間に入ってくれてもいいかも、とか。

>ぷー太様

乾式ならではのイイトコワルイトコなんです。
結果、元に戻ってヤレヤレです。

パニガーレは湿式なのに、乾式キットなんか出ちゃってるし。

でも乾式→湿式キットって無いですねえ。

>アキラ氏

あいにくSDR-Fでした。
あそこは狭いので、小さいバイクの方が
乗りやすくて・・。
>霊の剣
急がず期待しないで待ってて。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)