ドゥカティ徒然日記 擦合

擦合

さあ、間違って買っちゃったのは仕方ないし、オクで売れなかったのも

仕方が無いのだ。

そういうわけなので、ディスクで切ってしまったテルミマフラー。

      guai
 
今度は切断用「雷鳥」から「グリーンZ」へ変えて、削っては合わせ、を

30分ほど繰り返して、↑上の画像ほどに出来ました・・・。

      greenZ
これ。ステンレス(テルミが言うところのINOXね)が、ガンガン削れます。
 
気持ちいい位。後先考えずに始めちゃったけど、ナントカなりそうだ!

     koituga
これは左サイレンサのバッフル。あのお~~・・・。

取れないんですけど。 どーしても。

よく見ると、パイプの端面がすっごく殴られてる。

1/2ポンドのボールピンハンマーかなにかだろうな。

そもそも、この部品はテルミニョーニ製のようなのだが、もともとテルミでは

「汎用」(はんよう;ほんようではない)品で、結構テキトーに生まれた製品のようだ。

差込寸法は特に決めて作っていなく、ユーザーが

自分のマフラーに合わせろ、的な。

とゆーことは、「初めにコレを購入し、合わせようとしたが入らずハンマーで無理やり

叩き込むが、なんかおかしい?と思いグラインダで外側を削るが(卵型になっとるw)、

上手には行かなかった・・・」てなところかな。

バカタレが。おかげでエライ特殊工具作るハメになったわい。(KWSKは後日)

      spotweld
 
会社で、点付けの準備。マスキングテープで引っ張って、隙間をできるだけ

少なくします。SUSはナメ付けがしやすいんですが・・・・。

       spotweld2
2箇所、付けた。こんなもんでいいかな。

マフラーのような、振動のあるパイプ溶接は「バックシールド」が必要です。

解りやすく言うと「管の中(裏)にもアルゴンガスでシールドする」のです。

わからん???!!まーとにかく、1手間掛かるってーことです。

あいにく弊社にはそのからくりがございませんので、わしの溶接師匠である

横浜は都筑区;「三和製作所」の黒澤さんに依頼します。

       karikumi2
 
うーむ・・・。いいんじゃないかな。

なんか、盗まれたモノとは、ちょっと違うモノのよーな気がするなあ。


スポンサーサイト

テーマ : 地味にコツコツやってます - ジャンル : 車・バイク

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)