ドゥカティ徒然日記 弁造

弁造

やってはいけないコトを始めていますw

マネしないでくださいね。

失敗前提で作業していますので、ま~「アホな事してんな~」位にしといてください。


マジェスティ4HCの、シートダンパー再生計画。

      8kg/10mm
 
まずは、現状の反発力を簡易的に測っておきます。

1センチ押し込んだところで今時珍しい体重計で8kgでした。

おそらく、新品ですと10kg以上はあるのでは??

    バルブ
 
作製した部品。左のアルミ製のバルブがキモになります。

右の鉄製のベースを、シートダンパーに溶接します。

        huntai 
 
本体のここいらへんの塗装をヤスリで落とします。粉体塗装でブ厚かったです。

塗膜で0.1ミリもありました。

綾瀬はるかカレンダーは仕事場に無くてならない物です。

   centerdrill
 
丸モノに孔を空けるんですが、センターポンチを打つのが難しいですよね。

フライスがあればイケますが、わしはセンタードリルでいきなりやっちゃうんです。

ボール盤で精度が要らない場合はコレで十分。

っていうか、ダンパーに穴あけるんですよ!高圧ガスが入ってて危険でしよ!!?

   粉体塗装
 
いいええ。ガマンして出した屁くらいのモンです。「ぷっす~」てなもんです。


予想に反して、孔からオイルがにじんできました。完全なドライのガス室では

ないんですね。エマルジョンタイプでしょうか。

   gombvalve

溶接は後日とゆーことで、バルブの方をやっときます。

M10ХP1.25のアルミボルトを作りまして、φ7のくりぬき。

六角頭まで貫通のM4ネジを切ってあります。

ここにですね・・・。

   1215充填完了
 
耐ガソリングレードのシリコン・1215を充填です。がっつり詰め込みます。

コイツに外から針をブッ刺して窒素ガスを充填したいのです。

ボールにエアーを入れる要領で。うまくいくんかいな?

スポンサーサイト

テーマ : 地味にコツコツやってます - ジャンル : 車・バイク

Comment

さすがだね」

なんか

楽しそうなことしてるねー

思いっきり真似していいですか(笑)

ダンパーのオイルやガスって定期的に

換えて乗りたいよねー

>アキラ氏

んだべ?楽しいよ~w
まあ、ダメ元でトライしているけど・・・。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)