ドゥカティ徒然日記 注目

注目

アエラ製クラッチレリーズを、会社で分解。

     比較
左:M1000用              右:M900に憑いてた物
 
さあ、どんなことになっているのか??

    ガリガリ
良く解らないかも・・。でも、内壁と、ピストン外周はガリガリのボサボサ!
 
で、見落としがちなのが、スプリングの座面。

研磨しているバネ座ですが、ツルピカではないので、まさにヤスリ状になっています。
バネもピストンも、プッシュロッドで回されてしまうので
その結果、硬質アルマイトとはいえ所詮アルミ。削れてしまうのです。

その削れたアルミ等で、ピストンシールが終わる・・・と解釈しました。

    ピストン2種
ダイヤモンドヤスリでバネのエッジを落とし、ペーパーで研削面を馴らしました。
最終番手は#1200です。薄ーいステンレスのシムを入れるのもいいかもね。

あんましこういうことは言いたくないけど

耐久性に乏しい。

それなりに高価だし・・。

まず100%に近いドカ乗りが入れているであろう、このクラッチレリーズ。

プッシュロッドのグリスアップをほっとくと絶対にこうなるから、今すぐメンテだッ!!!

どうするかって?

そりゃ~、でーらーに行ってですね・・・諭吉を提出・・


いや。

クラッチらへんをチョイチョイとネジ外して、ヨッコラと引っこ抜けば誰でもOK!

大丈夫、恐くない!

わし、ココが逝ってツクバサーキットの駐車場でボーゼンとなったことあるのよ。
N部さんにフルード貰ってとりあえず帰れたけど。

南BUさん、あのときはありがとうございます。 





※コイツで延命できるようです!!早速ナップスに注文しました~w
     AE-38009
 
@500円ナリ

※ナップスから電話有り。「送料が二箇所分かかりますので、2千円超えます・・」
なあにぃ~?
「じゃ、キャンセルでお願い致します」と相成りました。

アエラに直接オーダー入れちゃいました。(それでも合計1680円・・)
スポンサーサイト

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

Comment

No title

ピストンやらバネやらが一緒に回るのは信じられん!
設計の誤りと言えるんでないかい?

高価なのにねぇ
結局は定期分解部品ということでしょうか・・・

>ponkotu40様

ま~ドカのこの辺りは、整備前提の作りなんですね。

所有して、自分でアチコチ整備っぽいコトしだすと解るけど
ホントにシンプル。部品少ない!
なので、乗りっぱに出来ないワケ。
そういうのが苦にならないヒトが、合うんジャマイカ。

>バネ
ココは、付けてる人は速攻でバラしてバネの座面を磨くべきです。
今漏れてなくても、保険の意味も含めて。
ロッドにグリスアップは、メカなら常識でしょうけど、
お店に出さないユーザーも多数いると思うので・・。

「ヤレヤレ」と面倒みるのも楽しいよっと・・。

No title

バネの座がボディを削って、その削り粉が更に周りを痛めた挙げ句に
君のボディはノーボディにしてしまうんですか。。。。

っつーか削れにくい材質のスリーブを打ち込む様な離れ業はやらないんですかねぇ?
まぁ、そこまでするなら、ひゅさしさんならボディごと違う材質で作り直しますよねぇ~。

ちなみに某バイクのクラッチはワイヤー式のプッシュロッドで
同系列の油圧に組み替える人が多い様です。
いっその事ワイヤー式してしまうのも手ですかねぇ?

Re: No title

お、いい靴買いましたね!?それ注文?

作るのはメンドっちぃので、ステンレスでシム入れようと
思いますよ。厚さは0.05位ならいいかな。

そーですね・・・妄想だと、ピストンの材質をベスペルとか
快削セラミックとか・・。とにかく材料がクソ高いので無理。

とりあえずバネの端部を磨き倒します。

ワイヤークラッチは、SBKの・・だれだっけ、やってますよ。
ボストロムだったかな・・?キット化されると嬉しい。
クラッチフルードの熱劣化はハンパ無いんす。
よーくマスターのタンク見ると、レリーズのカスが上がってる個体が
中古車センター等で見られます。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)