ドゥカティ徒然日記 盲栓
FC2ブログ

盲栓

マジェスティ4HC、フロントの感じが相当頼りない印象でしたが・・。

どーせ新車からヤッテないだろうと、状況確認も含め分解整備します。

      浮き足
 
外装の取り外しは、面倒ではありますが現行車に比べればマシなようです。
それにしても、スクーター全般に言えますがこの前脚構造。わし的には
納得いかないのですが、どうなんでしょうか。

インナーチューブの上端のみクランプするとゆー・・。しかもアメリカンか!?と
思うキャスター角。

大丈夫だから商品として成り立っているのでしょーけどね。
こんな重たい車体をコレだけってなんかそのさー。なんでオートバイみたく

なぜ上下クランプではないのか?スペース的な問題?
ま、いいか。

       17HEX
 
クランプボルトを緩めたら(上だけ。コイツはほとんど締まっていなかった!)
17mmのHEXでキャップを緩めます。ここではファコムのファストアクションが
威力を発揮!なぜかと言うと、狭いんです・・。

       つっかえ
えっと、クランプの上側。フランジというか、フォークが突き抜けないように
抜け止めの出っ張りがあります。(こんな加工するってのはやっぱり
不安があるからではないのか?!)トップキャップでクランプと
インナーチューブを挟み込む構造です。プリロードはかなり甘いです。

      汚油
中のオイルももちろん廃棄するんですが、容量と状態確認の為にビーカに入れます。
マニュアルどうりの容量でしたが・・・・真っ黒!シャバシャバ!こりゃ、整備しがいが
あるってもんです?

      準備
SDRと同じだべ~と思いながらインパクトで、ボトムボルトを外し、インナーチューブを
引っこ抜こうとしたら、抜けません!?なにィ!?こいつ、スライドメタル付いてる!!

ちょっと驚いて「だよな」と感心しながらスコンスコンと上下させて抜きます。
上の画像まで分解。
中央のピストンンにイタズラします。

      ピストンASSY
頭の19HEXはSDRと同じで助かりました。ピストンリングは今回は交換
しません。

中から真っ黒なスラッジが大量に出てきました!
バネやらなにやらが磨耗したんですね~。ナスカルブを添加しよう。

      φ5.5X4個
φ5.5の穴が4箇所明いています。圧縮減衰側用の穴。
  下側の穴はなんだろ?オイルロックピースの中になるんですけど。

この穴を・・・


     埋める
4箇所のうち、1箇所(1/4、25%)をアルミで作ったリベットで
埋めてしまいます。

セロSDRのフォークにも同様の加工をしています。
その時は圧側の減衰速度の調整に効果があったので、マジェにも
イッてみよう!とゆー訳です。

ま、気休めかもしれませんけど。
 





スポンサーサイト



テーマ : DIY日記 - ジャンル : 車・バイク

Comment

No title

確かに言われてみればその通りですねぇ~。>フォークの取り付け。

穴埋めでドドスコなフォークの動きがどのくらい変化するのかレポお願いします。

>桑原茂一殿

素人目に見ると不安でしょうがない構造であります。
パッソルくらいなら、と思うんですけどね。

>レポ
ど~なんでしょうね~。オイルも少ない(130ccくらい)し、
変わるんでしょうか?


Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)