ドゥカティ徒然日記 うまくいくと良いのですが
FC2ブログ

うまくいくと良いのですが

ヤマハ2ストロークはみんな同じような造りだと思うのですが、

やはりココも単純なゴム部品がヘタるとASSY交換となるの

です。

                中身 

黒い物体が、元々入っていた「ダンパーゴム」。

以外な程柔らかく、シフト時の衝撃やクラッチ操作の断続を

和らげているのだと思います。

のは良いのですが、組み立て状態でハウジングをずらしてみると

かなりの幅でガタついてしまいます。あまりにもそのガタが大きいと

交換、て事なんですが、なにぶん「高い」。

なので、ウレタンで造ってみました。画像下右側の薄い黄色っぽい

のがそうです。

プレス用ウレタンゴム・ショア硬さ90の15mm厚から削り出しです。

 

この素材は、4輪の社外部品でスタビ用ブッシングとかにも使われていたり

します。自分は80年代半ばから、スタビ用ブッシュとして友人らに造っては

あげていました。その効果は、かなり喜んでいたので良かったのだろう、と

感じてはいました。

で今回自分のSDR用にマシニングで削り出したわけですが、ホントは

めんどくさいので、丸棒から切り出したいんだよね~。でも都合の良い

寸法の材料が無いからしょうがなく・・・。

 

 

★★こんな材料です★★
スポンサーサイト



テーマ : バイク - ジャンル : 車・バイク

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)