ドゥカティ徒然日記 ドゥカティユーザー車検初体験
FC2ブログ

ドゥカティユーザー車検初体験

やってまいりました、相模原陸運事務局。

         ドカがある 

予約(必ずする事!予約番号を聞かれます)は事前に「検査予約」にてネット予約。

電話の自動アンサーだと、やりづらい事この上なし。

ネットだと深夜でもホイホイ予約出来てチョー便利です。

気合入れて建物の中へ。

画像のドゥカティがある建物から、時計周りに進んでいきます。

 中に入り「おはようございます!オートバイのユーザー車検初めてです」みたいにすると、とっても親切に教えてくれます。

はじめのカウンターの人から25円で書類を買い、ちゃちゃっと

住所・名前・ナンバー等を書き込み、スグ隣のお姉さんの

ところで(ガラス越しだ)

検査登録用紙    400円

審査証紙      1300円

重量税印紙     5000円

    合計     6700円をお支払いします。すると、

「隣の建物の8番に行ってください」とのこと。私は、ここでトラップに掛かりました。 

その「8番窓口」に提出する書類のなかには!

  「現在の自賠責&これからの自賠責」             

        が必要です!

建物と建物の間(正確には、一度出たスグ左側)に

自賠責を扱っている事務所があり、そこで新しい自賠責に入って

おく必要があったのです。

ネット等で予習したつもりが、本番でアホなことをやらかしました。

8番窓口のおじさん、なんども繰り返してすいません(3回戻された)。

で、書類が全部そろった!(とここでは思いたい)ら、8番窓口

おじさんに提出、やっとこさハンコを「バン!バン!バン!」と押し

てくれました。

おじさん:「はいいいよ。」

うわー、嫌がってるぅ~。素人&初心者って面倒くさいから嫌い

なんですか~?ま、いいか。 

いいよな?  もう検査ライン行って?

で、なんか凄いリッパな建物の検査ラインへGO!          妙にきれいな検査ライン。

         出来たばかりかな 

出来立て?舗装や中の床緑ペイントもツヤツヤ!なんかウレシイ。

バイクは奥のほうで1番コース。横浜で見た修羅場のようなピリピリした感じは「今の所」マッタクありません。極めてのどかでした。

ラインに入る前にお兄さんに再び

「おはようございます!ユーザー初めてです!お願いします!

と挨拶。すると、ラインに入る前に

お兄さん:「エンジン掛けて。ウインカー。はい前ブレーキ。後ろ。ホーン鳴らして。」

排気音の検査したあと、

お兄さん:「コレ、ノーマル?」

私:「そうです?」

お兄さん:「そ」

私:(乾式クラッチがウルサイのかな?それとも、アウツ?!)

柄の長~いテストハンマで車軸&キャリパーボルト辺りをコンコンして、いざ、ラインへ。

シャシダイみたいなのに乗って、40㎞/hチェックとブレーキテスト(メッパイ握る&踏む!)で難なく次へ・・・・・。

懸案の光軸だぁぁぁ。

ロクに事前チェックはしていないが、普段のカンジからして高さ&

位置はOKだべ!?とタカをくくっていた・・・・。

ハイビームでヨロシク!! ・・・・・・アレ?            

                           「 × 」 

なぁにぃぃぃ!?ちょっちょっとバツ?うそ!?

すると、      天の声   が。「エンジン吹かして!」

へ!?おお、と4000rpm位まで上げた。

            「 ● 」

は!?なにこれ。OK出ました。

機械に書類をガーして、料金所みたいな小屋のおじさん

に書類を渡したら、「終了」。

え?終わり?てな感じです。10分くらいですか。

ひとつ前の建物の「7番窓口」に書類を提出すると・・・

          やたぁぁぁ 

あっさり通過。マジ終わりです。簡単でした。あのおじさん以外は。

            トータルコスト

             20125円。

こりゃあ、自分でやった方が、全然アレじゃないですか?

もちろん、「整備」は自分持ちですがね・・。

スポンサーサイト



テーマ : ユーザー車検 - ジャンル : 車・バイク

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)