ドゥカティ徒然日記 浸透
FC2ブログ

浸透

家の車、エブリィワゴン。のタービン(ターボ)が壊れた、と。

見た訳ではないのですが、音と位置と、アクセルとの関係で間違いない、と。

まあ坂道登らない、平坦な道でも2000RPMから「ギャリガりガリ~」

ひで~もんでした。こりゃタービンの羽根が当たってるんだ!と

素人判断を行い、リビルドタービンをネットで購入しました。

     DA62W.jpg  

ええもちろん、交換作業は自分で行います。

(楽しそうなのと、¥的に)

StarRiseさんトコにお邪魔して、始めます。オイルやクーラントはカインズホームで

買いました。

     CA3K0097_2018112523052731c.jpg 

オイルフィルターはアストロのA-328です。

4脚のウマでアゲまして・・・

クルマの下へレッツラゴー!
 
   CA3K0098_20181125230529a2d.jpg 

この車のオイル交換とか、フィルター交換は、実は自分でやるのは初めて。

いつもバックスとかディーラーでした。
  
小さなカートリッジを取って付け。やあ、楽しいなあ。

サテ、マフラー(触媒部)を外して、タービンこんにちはするべか!

・・・・
・・・・・・

     CA3K0101_20181125230529388.jpg 

ん???回・・・らない 。つーか、M8なめた。タガネカモン!!

うがああ~ダメダ~~~取れねえ~~~。奥のも工具入らないし~~~

その為には、かぶさってる遮熱版取らないとイカンし~~~

だけども、これはM6で留めてあって、メタクソ外しにくいんだよ!!

タガネ使っても3本の内一個しか取れなかった。

そうこうしてるともう夕方。タイムアップ。ひとまず今日はおしまいです。

明日、マジでリベンジです。(交換したタービンは、返送しないといけないから)
    CA3K0102_20181125230529329.jpg 

帰りに、アストロ寄ってツイストソケット買いました。

遂にこれを必要としてしまったか・・。
  
    CA3K0103_201811252305302fa.jpg CA3K0104_20181125230531054.jpg

布団のなかで考えて、ソケットだけでは、また舐めるかもしれない!

ヒートサイクルも併用しよう!と思い・・・

     CA3K0105_20181125230612a68.jpg 

クレの冷凍浸透ナントカ、とガスバーナー。

熱ッッつくしといて、冷凍で急激に冷やす。を繰り返せば、動くんじゃね~がな~って。

 ゴォー

ブシャーーー!!! ※繰り返し

んで、ツイストソケットを舐めてない方のM8に掛けると・・・

カキン!!

おお!!回ったぞ!嬉しい!!

しかし、舐めた方はツイストが掛らず。結局ヒートサイクルとタガネプレイ。

数時間の格闘の末・・・

    CA3K0107_20181125230615735.jpg 

回った・・・ぞ・・・・。

あ~良かった。ほんとに安心しました。所で、回ったけどこれじゃ抜けません。

遮熱版を外さないといかんのです。

これも、一個はツイストで回り。しかし最後の一個は、冷凍とタガネを1時間位

やって、ようやく・・・。

     CA3K0110_2018112523061796b.jpg 

同時にM8も抜けます。
  
     CA3K0108_201811252306165a6.jpg 
 
堅いゴムホース(クーラント)も苦労した。何しろ狭い。のと、

年数が経ってるので、バッチリパイプとくっ付いてる。

ダガ、PBのマイナスをつっこんで、バイクのグリップを外す要領で、なんとか。

    CA3K0111_201811252306188a1.jpg 

やっと、おりたよタービン。2日がかり。M8のネジのせいだが。

CA3K0112_201811252306203d6.jpg CA3K0113_20181125230621e6f.jpgCA3K0114_20181125230623b07.jpg

 排気側は、欠けてる。

吸気側は、何かと当たった跡が。なんだろう・・・。

とにかくガタガタな、羽でした。

スタッドボルトは、リビルドに付いてこなかったので、外して(本当は

前もって新品購入しておくと良い)取り付ける。

スタッドを外す際にも、ヒートサイクルで外しました。(Wナットで)

組みたて時は、カッパーグリスをネジ部に塗って組みました。

その方が組みやすいし、トルクが掛りやすく、かじりにくくなるからです。

さて、リビルドタービンキットに付属している、オイルパイプに交換しなければ

なりません。しかし、ボルトを緩めただけでは絶対に抜けません。

エンジンマウントを外す必要があります。

     CA3K0115_20181125230624fda.jpg 

画像右下にぶら下がってる黒いのがそうですが、M84本でクランクケースに

留めてあります。とにかく、緩めて・・・(外さない)

丸い大きなブッシュのナット(M10二面幅17mm )も緩める。

フロアジャッキ(5基目)で、トルコン部を少し持ち上げる。

4本のM8を外す。と、黒いマウントがぐるりと外れます。(M10を軸にして)

ここでようやくオイルパイプが外れます。ケースには仮止め位にしておきます。

マウントを組みますが、M10のボルトは抜いちゃって、M8をケースに仮組します。

ガタの無い位の締めでOK。

丸とは穴位置が合ってないので、フロアジャッキで持ち上げて行くと

鉄板マウントと、ゴムブッシュの穴が合います。

したらも~~、外しておいたアレやコレを、付属のガスケットと共に

組んでいくだけ。

マフラーも付けて、確認。

オイルを2.8リットルいれまして、クーラントも補充します。

バッテリーを乗っけてさあ、エンジン始動!

あは~~。静かだよ~~~(当たりまえ)

少しアイドリングさせて、漏れ、ないな!良し。

工具を汚したまま帰ってしまってすみません。

マジ感謝しか無いですよ。道具や場所のおかげでできたのです。

StarRiseさん、本当にありがとうございます。

   CA3K0116_20181125230626f12.jpg 






スポンサーサイト

Comment

良いじゃない~

お疲れ様でした(^^)

一応、助けに行く準備はしてましたよ!。

とりあえずご苦労様でしたm(__)m。


タービンん所のネジ類は大体苦戦するからね。

タービン新品なんだから
ブーストアップしようぜ(笑)

No title

パイプの交換のためにマウントをはすずとか
とんでもなく難儀な構造をしてますな
他のメーカも似たようなもんでしょうかね

ところで、欠けたハネはどこに行ったんでしょう・・・

>あきら氏

なんとか終わりました。
何時間もクルマの下に居るのなんて、初めてす。
新鮮でした。
>ブーストアップ
ノーマルでもできるの?

>ponkotu40様

タービン外して喜んでたら、パイプを忘れてましてね。
おおそういやあれもだ、とよ~く見たら、
バンジョーボルトを緩めても抜けないんだもん。
しばし車の腹の下でボーゼン。
決心してマウントを外しましたよ・・。
「さすがスズキ!そこにシビれる!憧れるゥ!」と独り言を言ってました。

No title

多分タービンのベアリングが逝ってハウジングに接触したんでしょうね。

オイル交換:車のオイル交換ってオイルの処分方法に困るんですよね。
出来れば回収してリサイクルしてほしいけど、
結局回収パックに吸わせてます。


>桑原茂一殿

ベアリングが壊れる原因は、オイル交換の管理の悪さだと思います。
ここ1年位、使い方が荒くなったこともあり、交換が急務だったのだと思う。
廃油、困りますよね・・・。スタンドも有償で引き取りますが、結構高い。

No title

おつかれっした!!

>starrise様

おかげさまで、なんか前より走る様になったみたいです。ありがとうございました!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)