ドゥカティ徒然日記 樹脂
FC2ブログ

樹脂

毎日FRP作業はしていたのですが、酔っぱらってしまってるので

アップロードはまとめて後日、になってしまいます、すんません。

    CA3K0827_201808182059041f9.jpg 

メス型に貼り込んだ、マット2プライのFRPを剥がしに掛ります。

PBのマイナスを差し込んでひねり・・・・バリッバリッを、繰り返す。

    CA3K0828_20180818205914b48.jpg

無事、合体せず剥がれました!さて、ここからです。トリミングするんですが

めっちゃ粉が出るのと、ガラス混じりの粉じんでカユカユになるのが~。イヤ ~。

まあそれは仕方ないので、トリムラインをテキトーに書き込む。

   CA3K0831_2018081820591748a.jpg 

速度調整のできる、ディスクグラインダーで最遅で、雷鳥0.8でカット。
    raicho08.png 

めちゃ切りやすいです。ザクザク静かに切れる!

   CA3K0832_20180818205920b6e.jpg 

切ってはアテて、を繰り返し、ほぼほぼ、出来上がり。

アッパーは、なんとなく形になったので、今度は
ロワー(底板)の型造り。

   CA3K0842_20180818205920ac6.jpg 
 
初め、アルミの板を12度に曲げちゃえばスグじゃん?
なんて思ってたんですが、手持ちの2mm厚の板の
曲がんない事。すごい強度。
諦めた。
嫁の買い物に付き合いつつ、考えて思いついたのは100均のMDF板。
加工しやすく、程ほどの強度。安い。これだべ!
知らん顔して、大き目のを一枚購入w(嫁のサイフから出る)
帰宅後すぐにノコギリで加工開始。
 
   CA3K0844_20180818205921f56.jpg 
  
ザックザク切れるし、バルサ程ヘナチョコではない。
素晴らしい。
裏補強は、メルトでくっつければほぼ瞬間接着。ラクチンだ。

   CA3K0843_20180818205921198.jpg 

    CA3K0845_20180818210031cd2.jpg  

    CA3K0846_201808182100386a6.jpg 

で、これをメス型にするので、今度はOPPテープを
貼って離型剤代わりにしちゃいます。


 昨日作った底板の型。OPPテープを張り付け・・

   CA3K0844_20180818205921f56.jpg 
 
物置からめっけた離型剤。使えるのか?と開けてみると、

    CA3K0848_20180818210042dab.jpg 

なんと20数年経ってるのにイケてた。

   CA3K0849_2018081821004368a.jpg

ならば塗りましょう。

    CA3K0850_20180818210043e08.jpg 
 
で、積層中は撮れませんので、いきなりカタチに。

   CA3K0867_2018081821034476a.jpg 

いわく「べっどみたい!」ふむふむそうだね。
んだばそのベッドを、また雷鳥さんでビシバシ切って行きましょう。

   CA3K0868_20180818210342ad4.jpg 

10分掛らずこんな。
手ノコだとこんなにスピーディーにトリムできません。
ディスクグラインダー万歳。
で、上下はなんとなく出来てきた。
後は、オイル注ぎ口と、出口、取り付けネジ、の設置。
ネジに関しては、ずっとボルトを埋め込もうと思っていたん
ですが、中心側のが傾いているため、単体で取り外しが困難
なのに気づきました。

   CA3K0871_201808182103514bf.jpg  

そんで、ナットを埋めようとしたのですが。
突き抜け防止に深穴が必要→無い→自作→15mm厚の
アルミは5000系しかない→ヘリサート必須→止まり穴→有効ネジ深さが取れなくなる→orz 
と言う訳です。
結局、鬼目ナットにしようと思います。

    CA3K0870_2018081821035391f.jpg 
 
FRPをダッシュで貼り込んだ後は、ムスメを宮ケ瀬に連れて行き・・

ソフトクリームをお楽しみになられる。

  CA3K0852_2018081821031589c.jpg 

    CA3K0864_20180818210336e0f.jpg   

怪獣のご機嫌が程よく頂けたようですので、帰ったら、取り付けにネジを実装してみます。
 
    CA3K0868_20180818210342ad4.jpg
こちらから、ネジを入れる分には入るんですけどいざ固定されると

垂直には入らないのです。一か所の穴を、長穴にすればいいのかな、とも思いますが

完成度的にどーかな、と要らぬ心配を。

    CA3K0872_201808182103586e6.jpg 

スペース的にも余裕無いし・・。

 十年位前に買った鬼目ナットを探す旅に出ます。

    CA3K0873_20180818210401a89.jpg 

しばらく探して、めっけた。あってヨカッタ・・。

  CA3K0874_20180818210404aba.jpg 

仕込むとこんな感じ。
これの、ネジ頭とネジのスキマに離型ワックスを擦り込む。
そうしないと、樹脂が食いついて取れなくなる。 
   CA3K0876_20180818210403b29.jpg 

牛乳パックで土手を作る。これは、紙だけどなにやらスベスベコーティング

されてるじゃないですか。だから簡単に離型すると思ったんです。
 
   CA3K0877_201808182104049f8.jpg 

(ここで重大なミスを犯していることに、うすうす感ずいてるんだが・・・
そのまま実行してしまうわしであった)

CA3K0879_20180818210405550.jpgCA3K0878_201808182104050f0.jpg 

三個とも作ります。

んで、ミスとはなんじゃい?と言いますと・・

紙の筒。の、地べた外側に、油ねんどで基礎というか、「漏れ止め」を

絶対に設置しなければなりません。さもなくば・・・

樹脂を入れたそばから底から漏れまくりwww泣けます。

わしは、漏れまくった樹脂を紙ウエスで全部ふき取りましたが・・・。
いくつかの樹脂がムダに・・・。

んで!粘土は無いので、ポリパテ(タルク混ぜ)を造り、初めに注入し

漏れないようにしてから、チョップしたマット混ぜ樹脂を注入!

    CA3K0880_201808182104065ec.jpg 

とま~、ド素人の失敗入り作業はこんなもんです~。

硬化後、剥きます・・・

    CA3K0881_2018081821040566f.jpg 

バリを取った感じでは、鬼目ナットは頑丈に固定されている模様です。安心。

あとは・・・

オイル入れ口と、出口をどうするか・・・。



 
  
 
スポンサーサイト

Comment

これだったの?

おつ~

ヘリ打ち込み止めて
オニメになったのね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

>あきら氏

そうなんです。行き当たりばったりで作製してますからして・・

傍目から見たら

謙遜しすぎだよ(^^)
ヒサシは

ヘリやる時は
呼んでね(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)