ドゥカティ徒然日記 穴穴
FC2ブログ

穴穴

RG250ガンマのエンジンも、なんか完成に近づいてきたような

気がしてきました。

クラッチ板を押し離す、レリーズの取り付け。

   CA3K0197_20180609001839400.jpg 

レリーズは、ワイヤーで引っ張られるのですが、左のカバーにビルトインされています。

真ん中の穴にプッシュロッドが刺さる寸法です。

次に、オイルポンプの取り付け・・ですが、その前にあらかじめホース(3本)を

本体に差し込んでおかないと、とんでもなく組みづらくなるのです。

外径に対し、内径の細い事。

    CA3K0199_2018060900185122c.jpg 
 
ヤマハは右側にあるのに対し、コレはRG250Eからここ。つか同じですかな・・。
      
    CA3K0201_20180609001857040.jpg 

サテ、プッシュロッドですけど。 クラッチ本体は初期型を組んでいます。

しかし、程度の問題でカウンターシャフトは4型を組んでいます。

すると・・・プッシュロッドも4型を使用しないといけないので、

ゴミエンジンには無かったシャフトを取り寄せ。ただし。

安易に組むと組みたて全長が、初期型より5.4mm長くなってしまう。

    CA3K0202_201806090019564ad.jpg 

    CA3K0203_20180609002025ca6.jpg  

ので、削りました。表面は高周波焼き入れがされているので超硬いです。

しかし中は生のままなので、一度表面が削れるとザクザク削れます。

削れるいってもヤスリとかでは最初に歯が立ちませんので、ベンチグラインダーか

ディスクグラインダー等で削ることになります。
 
    CA3K0207_20180609002006cd6.jpg 

焼き入れをし直すのですが、初め水でジュってやったんですがヒートダムが邪魔して

まったく入らず。

    CA3K0212_20180609002014b48.jpg 

やっぱりな、と廃油を用意し、油焼き入れを実施。

    CA3K0214_20180609002014fdd.jpg 

ガスバーナで赤らめて、油にIN。して素早くかき混ぜる。

    CA3K0215.jpg  

そこそこ混ぜたら、まだ熱いので放置です。

細かい作業が続くです。

新品の、エンジンマウントブッシュをケースに組みます。

    CA3K0233_20180609002117fe5.jpg 

確か、 2年前に購入。今も出るとは思いますが・・。

コレ、耐久性低い設計だと思う。ヤマハは、スチールハウジング内にゴムがあるので

エンジン側にダメージを与えない。スズキのこれはケースも摩耗させてしまう設計だ。

なのでー

   CA3K0234_201806090021199d3.jpg 

フッ素グリスをしれっと塗って、挿入。少しは延命するであろう。

さあ、ブッシュも組んだし、ちょっとフレームにエンジン載せてみるべか。

自作の64チタン製の、マウントボルトを差し込んで喜んでみる。

   CA3K0235_201806090021235c0.jpg 

   CA3K0236_201806090021236bf.jpg 

   CA3K0237_20180609002128357.jpg 

ムダとしか言えないなあ。こんなのに64チタンが必要か?

材料があったから作ってみただけなんだよ・・。

ほれっ・・・ん・・・?入らん。

   CA3K0239_201806090021303aa.jpg 

なんじゃね。

   CA3K0241_20180609002128f52.jpg 

ヒィー、カバーがフレームに当たってるゥ~!(予想どおり)

てな訳で切るです。

   CA3K0242_2018060900213265d.jpg 

前後長が長いエンジンだ。(1KT比)

ボール盤と電動ドリルでボツボツ穴を開けて・・・

   CA3K0248_2018060900221928f.jpg 

   CA3K0249_2018060900222011a.jpg 

   あとは、手ノコでさくっと切断するだけ!
  
スポンサーサイト

Comment

Γは・・・・(>_<)

本当にΓは
RGの水冷版なんだね(>_<)
オイルポンプの位置見て
なんだかな( ´゚д゚`)って思った。

>あきら氏

んだべ~

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)