ドゥカティ徒然日記 定具

定具

ボルティ(RG250γエンジン)にタコメーターを付けようとしてて

ステーを作ったら、なんかブッシュがガタガタな件。

ふと、手持ちの素材で作れる、のを思い出してコソ~リ会社で作業。

   CA3K0407.jpg  

90年に自作した、1/10スケールに21エンジンのファニーカーRC。

の、リアアクスルシャフト。Φ12の7075から削り出したΦ10。

Φ10の棒で良いじゃん?イヤ、たまたまΦ12を持っていたので、そんで

持ってたベアリングに合わせて10にしたのれす・・。

更に、φ6.1の中空にしていたので、カラーにするにはうってつけ。

    CA3K0409_2017040221003327e.jpg  

輪切りにするだけでOK!

    CA3K0411_20170402210025ca0.jpg 

ケガいてノコで切って・・・

    CA3K0412.jpg 
 
旋盤で端面を仕上げて完成。目検討で削ったのに、寸法差はなんと0.02。まぐれ。

さあ、せっかくなので付けてみよう。

    CA3K0417_2017040221013716a.jpg 

まあガタ無く付きました。当然。が・・

    CA3K0419_20170402210133d6a.jpg 

かっ、かっこわりい・・。

     CA3K0418_20170402210133b32.jpg 

ほら、前に出過ぎ。キーシリンダーがド真ん中にあるから、仕方ないんですが。

なんかヤだなあ。

ま、いっか。どうにかなるさ。

んでダウンチューブ。横浜の師匠に、機械の使用許可を得ましたので

67000キロ走行のアドレスに積んで出発。

   CA3K0420_20170402210140bdc.jpg 

到着するなり、段取り開始。

    CA3K0421_20170402210232916.jpg 

形がカタチなので、安定しづらい。あの工具を修理して以来の久しぶりに

アルミ溶接・練習無し、開始。

ビー(交流はこんな音)。

   CA3K0422_20170402210241178.jpg 

まずは曲げ応力が残ってる隅を溶かして座らせる。

しかし、いろんな新旧溶接機を触ったけど、師匠のトコの機械が一番

使いやすい。なぜだろう。

引き続き、びー。

     CA3K0425_201704022102399d0.jpg  
 
まあ、良いんじゃないかな・・・。ちゃんと奥まで溶かしたし。

     CA3K0424_20170402210239d8f.jpg 

ふ~、楽しかった~!師匠ありがとうございます!

サテ5083の板を入手せねば。





   
スポンサーサイト

Comment

良いねぇ‼

愉しそうだな!
モノを造るって

エンジンラジコン迄至った方はやはり発想が違うんだなぁ~。褒め言葉。

私は、せいぜいバッタを6Vから7.2V更に8.4Vに変えた所で断念し中途半端に弄るに留まってます。

>あきら氏

んだね。作るのは楽しい。
が、必要に応じて作ってるだけなので・・。
   ↑
ボルガンマは必要なバイクなのか!?
ええそうです、わしのストレス発散の為に必要でっすん。

>ぷー太様

父親のウルフ90で、空冷フィン洗脳を受けていた幼少期。
小学生時に近所のお兄さんのUコン飛行機で直に見た、小さいのにリアルエンジン。
その内に電動トイラジコンに満足できなくなって、エンジン化に走るのですた。
B2Bサイドカーもエンジン化。中学製で1/10フルスクラッチエンジンカー作ってました。

やっぱり・・

やっぱり小さい頃から
・・・・変態だなぁ(笑)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)