ドゥカティ徒然日記 隙間

隙間

ハブ。進めない事には、チェーンラインも決まらないしで

やらなきゃです。

    CA3K0800_2016112720523706b.jpg 

自作ベアリングドライバー、見つけた。自分で特工入れに入れてたのを

思い出した。

    CA3K0801_201611272052354cc.jpg 

打ちこむ前に、入口のC面の、角を更にゴム砥石で馴らす。

こんな事してるのはわし位だろうなあ。

    CA3K0803_20161127205235ae8.jpg 

それをすることによって、ナニがどうなるん?というと、

入れ始めが楽なのです。ベアリングの角Rとなじむので、優しく入る印象です。

    CA3K0805_20161127205234c85.jpg 

バッチシ。ハンマーの打撃音が「ゴッゴッ」から「カン!」になったら

底付きした証拠です。

    CA3K0806_20161127205232abf.jpg 

反対。ディスタンスカラーを挿入しますが・・。

こういう構造に気を付けて組みます・・。

bearing2.jpg bearing3.jpg 

基準側は、ハブにベタ着きで良いのですが、反対側は、クリアランスが

あるのでどんどん突いて行って、カラーまで強く当ててしまうと

ベアリングが軸方向にずれてしまいます。

そうなった状態で走行すると、ベアリングがすぐダメになってしまうので注意です。

カラーに近づいたら少しづつ、寄せて行ってカラーが自重で動かないけど

指で少し動く位で良いと思います。

ちなみにそのカラーですが・・。

    CA3K0807_20161127210345ebe.jpg 

新品ですが、端面にオイルストーンを掛けておきます。

加工のバリが必ずあるからです。

ま~、これやったからってすごい効果があるとかじゃないですけど

部品を組み立てる上で、わし的に気分上の問題ですんで。

モノ同士の座りを良くするためには、面出しが大事ですね・・。

   CA3K0808_201611272103427c3.jpg 

とまー能書きを垂れてしまいましたが、気になるポイントでした。

(特にコイツは、ベアリング&カラーがブッ壊れてた前歴があった故)

   CA3K0809.jpg 

この画像は、軸を横にしています。カラーは自重で動かない位の固さで

しかし指で押すと動く位でハマってます。 

   CA3K0810.jpg 

フロントも同様に。一気に組みたて。ああ嬉しい。

   CA3K0813_201611272116543c8.jpg 

バイクに組める様になったので、スプロケをつけて計測開始。

     CA3K0814_20161127211650bda.jpg 

・・・・結果。

ハブのスプロケ座面を、「4mm」削る方向となりました。

なったのは良いですが、さてどうやって加工するか、です。

モノが大きいので仕事場でコッソリって訳にはいきません。

終業後とか、休み時間とか休日とかに作業は出来ない

どこかに優しいおじさんいないかな~。



 


スポンサーサイト

Comment

気持ち的なゴム砥石やオイルストーン作業大切ですね。

ハブネタ発信してらっしゃいますから、何れ出来ますよ。

むしろ削り終わってる事期待します。

>ぷー太様

ゴム砥石とかオイルストーンは有能ですよね。
良い感じにカドを丸められるし、人力では無理な
平面を砥石はいとも簡単に出してくれる・・。

♪♪削りたい!ハブをッ、回ッしッてェ~!(安全地帯;じれったい で)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)