ドゥカティ徒然日記 焼管

焼管

ガンマアームをボルティに取り付けるには、

ピボットシャフト径の問題をクリアせねばならないのですけども・・。

色々考えました。

シャフトを細くする・・(15⇒14へ)

ガンマ部品を加工(内径14⇒15へ)

細く長い他車種のシャフトを使い、スキマは0.5の鉄板をロールして埋める

で、今日はまた変な方法を考えたのです。

    CA3K0277_2016071022060015f.jpg 

「ボルティのピボットシャフトカラー、外径20の内径15じゃんね!?」

これを・・・

    CA3K0279_2016071022060523c.jpg 

いっぱい使って組めば一応使えるんじゃないか??

しかし、L側の長さが64.66mmで、R側の長さが59.63mm。

足して 124.29mm。ガンマ用の長さはと言うと・・

    CA3K0275_20160710220600b7e.jpg 

187.37mm。 引くと・・・63.08mmだ。

おや??

ひょっとして・・・L側を買って長さ調整すれば「使える!!!???」

3個組になるけど。本当は、スラスト方向に3個とか組みたくないんだけど

これが一番・・・・労力&コスト&ヒトに迷惑掛けなさそうだ。

    CA3K0276_20160710220556400.jpg 

ガンマカラーの内径。意外と大きいクリアランス。(シャフト径は13.9)

片側0.1程もあるぞ。そんなんで良いんだね・・。

焼き入れのパイプ、しかも内径X外径の関係性で15x20ていうのが

無い!!

あるのは14x20ばかり。忘れていたボルティの部品の存在。

東大もっと暮らし良い。

さて、ウェヴィックで値段調べるか・・。

ドレドレ・・

千円しないな。買うか!



 
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)