ドゥカティ徒然日記 超熟

超熟

 超くさいんだけど、なんかなじみのある臭い。それは・・。

     CA3K0805.jpg 
そう、腐ったキャブ。正確には腐ったガソリン臭。

   CA3K0806.jpg  

とんでもなく汚かったけど、油汚れについてはわしはOKと思うのです。

腐食が抑えられるからね。

なので、灯油でささっと流したら33年前のキャブにしては、マシな外観が現れました。

しかし!

    CA3K0807.jpg 

中身はそーはいきません。当然真っ黒なガム状。メインジェットもバッチリ詰まってます。

スロージェット、抜けるかなあ。

    CA3K0808.jpg 

こんな感じ。スタータージェットも詰まってたけど、キャブクリーナーで2時間位漬けといて

あとでブーしたら抜けました。細いモンで突けば尚良し。

てか、同じTM28系なのに初期ガンマのガスケットは板ガスななんだね。

TZR250やSDRはゴムのオーリングだもん。 

さて、きれいにしたらアソコに持ってって・・・。



スポンサーサイト

Comment

何だかオイル管理の悪いクルマのエンジンのヘッドカバーを開けた様な状態ですね〜。

>桑原茂一殿

クルマのバルブ回りで、こんなんなるもんなの!?
デーゼルエンヂンとかかな。
実家の向かいの友達の持ち車(ジャリダンプ)のエンジンオイルは
いっつも真っっっ黒だったのは覚えてる。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)