ドゥカティ徒然日記 細工

細工

SDR-Fのマフラーを後先考えずに製作後20年・・・・。

今度は後先考えずに切断!

切ってから、「ん~~どうすんべか~」なんて考えてる・・・。

これは、「まーどうにでも出来る」と、以前の職場感覚が

まだ残ってるんだと思われ。

現在は、ボール盤でΦ8.5の穴1個明ける事すら出来ない環境。(私物ね)

汚ッたねえ仕事場で、刃物の管理すらしてないのに。

フン、まあいいや。

兎に角、スプリングフックは無いので、作る事に。

家で作るので、ツールは知れたもの。誰でも再現可能な手法ですよ。

その前に・・・

      CA3K0852_2015090521343945f.jpg

雷鳥で切りっぱなしだった、端面のバリ。を取らなくては。

      CA3K0853_20150905213443762.jpg
 
超硬のアヤメでさらっと。してから、ゴム砥石(青)で仕上げる。

ホントならサイザルで磨きたい。

まあいいか。(とあるモチベうp会社のポスターには「まあいいか。とか言ってない?

会社が弱くなるよ!」とか描いてある。やかましいっての。)

フック作るべ。

         CA3K0854_201509052134486bc.jpg
 
ホムセンで買えるSUS304のΦ3ロッドを、15x3で罫書きカット。(雷鳥で)

         CA3K0855_201509052134533e1.jpg
 

曲げは、こうします。2本のバイスプライヤで、ぐいっとな。

         CA3K0856_20150905213458338.jpg
 

ここまでは楽に曲がるのです。

んで、Uの字にしまする。

          CA3K0857_20150905213619726.jpg
 
内側にM10のボルトをあてがい(ガイド代わり)、バイスプライヤで押さえつつ

ウオポンで締めると・・・・

          CA3K0858_201509052136231de.jpg
 

ホレ、一応カタチになったべ。

通常の市販マフラーのよか足が短いけど、気にしないで。

          CA3K0859.jpg
 
今度は、立ち上がり角度をつけないといかん。

          CA3K0860_20150905213636af0.jpg
 
さすがに、ガッチリくわえてハンマーでガンガンするので、無傷という訳には

行かなかった・・。口幅125のバイスか、精密バイス&石定番欲しい。

つか、ケトバシ欲しい。(ケトバシとは!?これです ↓ )

                けとばし※拾い画像・・・・

フートプレスのこと。これがまた便利な道具なんですよ。

精密板金屋には必ずあると思います。
  

          CA3K0861_20150905214208eef.jpg
 
突然ですが、ホンダZ。

ほぼレーシングカー。(ほぼカニ、と似た表現ですいません)

          CA3K0862_20150905214211c60.jpg

楽に10000rpm回ります! 踏んだ時の音もサイコー!です!

カックイ~~!






スポンサーサイト

Comment

No title

駄車ご紹介ありがとうございます・・・

>starrise様

イイモノは他の人にも見て貰いたくなりますので・・・。

フックの固定は溶接でしょうか?

何か別の手段用いられるとか?

昨日新潟県西の果て市でクラシックカー何タラなんてのがもようされましたが雨に叩かれた70年代以前の車が沢山いらっしゃいました。

>ぷー太様

普通に溶接としました。
プレートをリベット共締めも考えましたが、結局プレートを
作らなければならず、めんどいので却下。
楽なUの字フックに逃げちゃいました。
固定方法は、Tig(starriseさんの仕事に相乗り)です。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)