ドゥカティ徒然日記 刻印

刻印

めでたくアドレスV125の、後ろからの「ゴー」音は治った訳ですが。

      suzuki parts
 
スズキ純正部品、物によっては意外と高価でして、4千円近くなってしまいました。

もちろん、通勤用なので「必要経費」でお金貰いましたが。

ところで、組み立てにチョットしたミスがありまして、2日間そのまま通勤しましたが

も~イヤでイヤで。6速のミッションが2速までしか上がらない、みたいな。

それは・・・・。

      クラッチ分解前
 
これは、バイクから取り外した直後のクラッチASSY。大きなナットの内側、

ダブルDの端面に、小さな〇があるのがお分かりでしょうか?

時計で言う2時辺りにありますね。(HLの刻印が12:00として)

この場所を踏まえまして・・・・。

      クラッチ誤組
 
通勤直後、取り外したアッチンチンのクラッチ。

お気づきでしょうか。〇ポッチが、8時の方向です。そうです。120°間違えて

組み立てていたのです。解ってて組んだのですが、想像以上にダメ状態です。

多分ですが、マニュアル通りに、「ムーバブル側を時計方向に回して組む」てのを

守ったら、この位置に。

そもそも、「回して」と言うのは気にしないでいいと思われ。

それよか重要だったのは、トルクカム(3個のピン)の位置関係でしたね~。

2時の方向に来るように、ピンをフィクスドフェイスの孔に差し込まなきゃ

いけなかったのですが、テキトーなわしはどこでもいっしょだべ!と

勝手な判断で組んでしまったのですね。

その結果、めっちゃ回転上げなきゃいけなくて、おかげで燃費極悪。

加速は良かったけど。

検証。

バネを捩じって組んだ結果、異常にプリロードが掛かった状態だった。

ウエイトローラーが外側に移動しようとしても、後ろプーリーが

開かない(固い)為、変速できず。

なので、ローラー&ベルトに負担を掛けてしまいました。

教訓 「ちゃんと構造を理解してから作業するべし」

おまけ

      seki+ktc+motoguzzy
 
Sekiの、オーバーホールに出していたオーリンズフォークが上がったので

組み付けに。大汗かいてレンチ回してます。KTCのデジラチェ。

ピッピッピピピピーとゆー、カッチン派のわしには?な感じ。面白いけどね。

フォーク先端のピンチボルトのトルクは1.5kgf/mで良いんだべ?


スポンサーサイト

Comment

改めて拝見するとスクーターは奥が深いのですね。

今まで軽く見ていた事が恥ずかしくなります。

>ぷー太様

遠心クラッチは中学生のころからラジコンでヤってたので
なじみがあるのですが、トルクカムは無かったですからね。
触ってみればシンプルかつ良く出来たシステムだと思います。

No title

スクーターの駆動系ってよく解らんですねぇ。。。
メンテ方法もなんだかよく解らんです。(笑)

>桑原茂一殿

分解すると解りますが、シンプルですよ。尚且つ考え込まれた
設定です。v125はイジリ壊しになりそうなのでわしはノーマル。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)