ドゥカティ徒然日記 達磨

達磨

さて・・。アドレスV125のIAC内部のバネですが・・・。

シャーペンの中のバネとか、ボールペンのバネとか、100円ライターの

バネとか色々試してみましたが、みな結構固くてチョットチガウんですよね。

結局元のバネ+ライター部品のゴム改で組み立て長さを帳尻合わせで

ゴマかします。

      ゴムワッシャ
 
中央の黒いのが、ライター内部から取ったゴムを、Φ3.2 t=1に削ったもの。

折れて短かくなったバネと足して11mmになるようにします。

      アッシ
ゾイルを塗って、組んでカシめ直し。

      アッシ2

フリーでこれだけの出っ張りがありますが、新品と同じかどうかは・・・。

押すとちゃんと戻るので、機能はすると思います。

とりあえず、この状態で組んでエンジン始動!

おおッ!安定したアイドリング!やったあぁぁぁ。と、アクセルから手を離すと

すとん、とエンスト。

ぐぬぅ~、まだ何か要素があるのか・・?

ま、いいかと気分を変えて、今度はスロボの掃除に取り掛かります。

・・・・。

      スロットルボディ裏

ぐえ~、汚ったねぇ~。これは掃除のしがいがあるなあ。

      クリーニング後

キャブクリーナで掃除完了。一緒にマニホールドもやっとくべ・・・。


      割れたベーク

・・・・って、なぁにぃ~??

ベークで出来てるインシュレータが割れて、オーリングが脱腸してるじゃん!

ダメダコリャ。

   

  
スポンサーサイト

テーマ : 地味にコツコツやってます - ジャンル : 車・バイク

Comment

実はインシュレーターガスケット割れが犯人だったりして?

と言うかアイドリング不安定で検索すると
そこの部品にぶち当たる事がよくありますね。

>桑原茂一殿

ですね~。これだけ多いと、メーカー対策してるのかな?て
思いますね。
オーリングもカマボコ断面だったし。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)