ドゥカティ徒然日記 2019年07月
FC2ブログ

足長

ボルティのノーマル長ではあったんですが、
なんか低いかなあって感じていたのです。
       
リアサスを、グラストラッカービッグボーイの
ノーマルサスに交換しました。
40ミリも伸びたので、かなり後ろの車高が上がりました。
       
と言っても、もともと凄い低かったので丁度良いかな?
       
シャンとして見えますよね。
これで行きましょう。
プラグの火花が飛ばない原因は、未だに分かっていません。
なんだろうなあ。
スプロケット、ようやく歯の部分の削りが終了。
      
近所さん、うるさくてすいません。
まだ中心が、あるんです。
スポンサーサイト



整理

ボルガンマの配線作業は粛々と…。
            
進んでいる、と思いたい。
        
一体式LEDテールランプは、ワザとギボシに。
変更とか修理がしやすいように、と…。
        
ゴチャッとするのが嫌なんだけど、利点の
方を選びました。
          
とりあえず点灯はしました。スモール、前後ブレーキランプ、
左右ウインカーはバッチリです。
ただし!
          
メインキーをひねると、ヘッドライトが点灯します。
ライトスイッチが機能していません。
プラス線の接続先を間違えていますね。
テスターで、スイッチで12Vがオンオフする黄/白を
確認して、左スイッチのハイ・ロースイッチのベース線「オレンジ/赤」に繋ぎ直します。
           
結果、キチンと右ライトスイッチが機能するようになりました。ふう。
さて、灯火類が確認できたので、ハーネスを
アストロハーネステープでまとめに入りますよ。
         
グルグル巻きに飽きてきたので、そういえば火が飛ぶか、確認してなかったなあと。
簡易的なテスターを繋いでキック!
ありゃ?
プラグキャップを左右入れ替えてキック!
しーん。
しまった~、どっか間違ってるのか??
色々調べるが、ぶっちゃけよくわかんない。
         
うーむ、どこだろう。
            
もう少しなんだけどね。

電球

都合、ボルガンマにはLEDの灯火類を、使用します。その中で、フロントウインカーだけはノーマルベース。
樹脂の蒸着メッキを落として黒く塗装したいので、
アルカリに漬け置きします。
        
その内落ちるんじゃないかな。
           
入れて数分。アルカリが薄いかな。
まあ、待つべ。
んで、タマをG18電球から、LEDにしたいんですが。
           
ちゃんとしたのは値段がしますので、貧乏くさい方法で行きます。
アップガレージで買った。190円LED。
T10ですが、ベース部分は使わずにLEDだけもぎ取って、G18に仕込みます。
         
こんな風に、足を伸ばして引っ張れば抜けます。
次に、G18電球を、コンビニ袋に入れてハンマーでカチ割ります。
ガスが封入されてますので、飛び散り防止に必ず袋の中で割ります。
           
カチ割っても中に茶色い何かと、ガラスが少々残りますが、胴体をプライヤーなどでモミモミすれば、パキパキと崩れてくれます。
尻のハンダを熱して、元のフィラメントナニガシを取り出します。
空っぽになった、ケースの中に、アプガレLEDの足を入れていきます。
真ん中に+線。外側に−を半田付けします。
          
何となくカタチになりました。このままでは、
フニャフニャなので、内部に上手いことメルトを、封入します。
メルトが固まったら、LEDチップの外周をエポキシで補強しておきます。
さて、点灯チェックしましょう。
           
点いた。いがったいがった。
しかし、これウインカーとして使えるんか?