ドゥカティ徒然日記 2018年08月
FC2ブログ

樹脂

毎日FRP作業はしていたのですが、酔っぱらってしまってるので

アップロードはまとめて後日、になってしまいます、すんません。

    CA3K0827_201808182059041f9.jpg 

メス型に貼り込んだ、マット2プライのFRPを剥がしに掛ります。

PBのマイナスを差し込んでひねり・・・・バリッバリッを、繰り返す。

    CA3K0828_20180818205914b48.jpg

無事、合体せず剥がれました!さて、ここからです。トリミングするんですが

めっちゃ粉が出るのと、ガラス混じりの粉じんでカユカユになるのが~。イヤ ~。

まあそれは仕方ないので、トリムラインをテキトーに書き込む。

   CA3K0831_2018081820591748a.jpg 

速度調整のできる、ディスクグラインダーで最遅で、雷鳥0.8でカット。
    raicho08.png 

めちゃ切りやすいです。ザクザク静かに切れる!

   CA3K0832_20180818205920b6e.jpg 

切ってはアテて、を繰り返し、ほぼほぼ、出来上がり。

アッパーは、なんとなく形になったので、今度は
ロワー(底板)の型造り。

   CA3K0842_20180818205920ac6.jpg 
 
初め、アルミの板を12度に曲げちゃえばスグじゃん?
なんて思ってたんですが、手持ちの2mm厚の板の
曲がんない事。すごい強度。
諦めた。
嫁の買い物に付き合いつつ、考えて思いついたのは100均のMDF板。
加工しやすく、程ほどの強度。安い。これだべ!
知らん顔して、大き目のを一枚購入w(嫁のサイフから出る)
帰宅後すぐにノコギリで加工開始。
 
   CA3K0844_20180818205921f56.jpg 
  
ザックザク切れるし、バルサ程ヘナチョコではない。
素晴らしい。
裏補強は、メルトでくっつければほぼ瞬間接着。ラクチンだ。

   CA3K0843_20180818205921198.jpg 

    CA3K0845_20180818210031cd2.jpg  

    CA3K0846_201808182100386a6.jpg 

で、これをメス型にするので、今度はOPPテープを
貼って離型剤代わりにしちゃいます。


 昨日作った底板の型。OPPテープを張り付け・・

   CA3K0844_20180818205921f56.jpg 
 
物置からめっけた離型剤。使えるのか?と開けてみると、

    CA3K0848_20180818210042dab.jpg 

なんと20数年経ってるのにイケてた。

   CA3K0849_2018081821004368a.jpg

ならば塗りましょう。

    CA3K0850_20180818210043e08.jpg 
 
で、積層中は撮れませんので、いきなりカタチに。

   CA3K0867_2018081821034476a.jpg 

いわく「べっどみたい!」ふむふむそうだね。
んだばそのベッドを、また雷鳥さんでビシバシ切って行きましょう。

   CA3K0868_20180818210342ad4.jpg 

10分掛らずこんな。
手ノコだとこんなにスピーディーにトリムできません。
ディスクグラインダー万歳。
で、上下はなんとなく出来てきた。
後は、オイル注ぎ口と、出口、取り付けネジ、の設置。
ネジに関しては、ずっとボルトを埋め込もうと思っていたん
ですが、中心側のが傾いているため、単体で取り外しが困難
なのに気づきました。

   CA3K0871_201808182103514bf.jpg  

そんで、ナットを埋めようとしたのですが。
突き抜け防止に深穴が必要→無い→自作→15mm厚の
アルミは5000系しかない→ヘリサート必須→止まり穴→有効ネジ深さが取れなくなる→orz 
と言う訳です。
結局、鬼目ナットにしようと思います。

    CA3K0870_2018081821035391f.jpg 
 
FRPをダッシュで貼り込んだ後は、ムスメを宮ケ瀬に連れて行き・・

ソフトクリームをお楽しみになられる。

  CA3K0852_2018081821031589c.jpg 

    CA3K0864_20180818210336e0f.jpg   

怪獣のご機嫌が程よく頂けたようですので、帰ったら、取り付けにネジを実装してみます。
 
    CA3K0868_20180818210342ad4.jpg
こちらから、ネジを入れる分には入るんですけどいざ固定されると

垂直には入らないのです。一か所の穴を、長穴にすればいいのかな、とも思いますが

完成度的にどーかな、と要らぬ心配を。

    CA3K0872_201808182103586e6.jpg 

スペース的にも余裕無いし・・。

 十年位前に買った鬼目ナットを探す旅に出ます。

    CA3K0873_20180818210401a89.jpg 

しばらく探して、めっけた。あってヨカッタ・・。

  CA3K0874_20180818210404aba.jpg 

仕込むとこんな感じ。
これの、ネジ頭とネジのスキマに離型ワックスを擦り込む。
そうしないと、樹脂が食いついて取れなくなる。 
   CA3K0876_20180818210403b29.jpg 

牛乳パックで土手を作る。これは、紙だけどなにやらスベスベコーティング

されてるじゃないですか。だから簡単に離型すると思ったんです。
 
   CA3K0877_201808182104049f8.jpg 

(ここで重大なミスを犯していることに、うすうす感ずいてるんだが・・・
そのまま実行してしまうわしであった)

CA3K0879_20180818210405550.jpgCA3K0878_201808182104050f0.jpg 

三個とも作ります。

んで、ミスとはなんじゃい?と言いますと・・

紙の筒。の、地べた外側に、油ねんどで基礎というか、「漏れ止め」を

絶対に設置しなければなりません。さもなくば・・・

樹脂を入れたそばから底から漏れまくりwww泣けます。

わしは、漏れまくった樹脂を紙ウエスで全部ふき取りましたが・・・。
いくつかの樹脂がムダに・・・。

んで!粘土は無いので、ポリパテ(タルク混ぜ)を造り、初めに注入し

漏れないようにしてから、チョップしたマット混ぜ樹脂を注入!

    CA3K0880_201808182104065ec.jpg 

とま~、ド素人の失敗入り作業はこんなもんです~。

硬化後、剥きます・・・

    CA3K0881_2018081821040566f.jpg 

バリを取った感じでは、鬼目ナットは頑丈に固定されている模様です。安心。

あとは・・・

オイル入れ口と、出口をどうするか・・・。



 
  
 
スポンサーサイト



貼込

この風景だけ見ると、87年的な。 2018☆夏でございます。

   CA3K0797_2018081421502006c.jpg 

自宅警備な毎日ですが、ま~そうですね~。同じ休日でもなんかやるぞ感が湧きます。

固まった、メス型をよいしょと持ち上げると、石膏野郎ごと持ち上がった。当然か。

    CA3K0798_20180814215021e0e.jpg 

ひっくり返すと、まるでカブトガニの腹のよう。

    CA3K0799_20180814215023ee7.jpg 

全然違う? 

石膏野郎は張り付いてる(アルミテープごと)ので、なんとか剥がすしかない。

    CA3K0800_20180814215025ef1.jpg 

マイナス(PB)を差し込んで・・・

     CA3K0802_2018081421502607b.jpg

なんとかここまで剥がしました。汚いなあ。

     CA3K0803_201808142150270e4.jpg 

で、一晩置いた今日。14日。
     
     CA3K0820_2018081421513640a.jpg

320番のドライペーパーで、凸を落としていきます。

気泡はアホのようにありますが、脱泡ローラーあると完璧に抜けるのか?

都合宮ケ瀬。13日の夕方、良い感じで雨降ったので、7:00頃は涼しい。

     CA3K0821_20180814215138c30.jpg 

ファミリーカーは殆ど居ないのに、こんなコルベットが現れた。

     CA3K0823_201808142151405d9.jpg 

ボンネットのエアスクープにドラッグシュート。公道の装備とは思えない。

さて、製品の貼り込みをしましょう。

マットの切り出しは必ずやっておきます。

     CA3K0824_20180814215141694.jpg 
 
樹脂を100g作って、貼る! 貼る! 貼る!

     CA3K0825_2018081421514313a.jpg 

計200gの樹脂で、マット2プライ。 
離型剤に、シリコーンスプレーを吹きましたが、剥がれてくれるだろうか。

     CA3K0826_201808142151447e2.jpg 


三層

12日。二回目の高田橋エクスチェンジマートです。

お盆なので、出店も少ないだろうな~と予想しましたが、なかなか

出ています。帰らないのか?

   CA3K0769_20180813082246a24.jpg 

ま、比較的少な目ですが・・。

目立つ真っ赤なこのバイクは、なんなのか解りませんが、妙に

魅力的なわけです。
  
  CA3K0770_20180813082248b5d.jpg 

あと・・
この排気口が変な場所にあるカワサキ。

車種は解んないです。

   CA3K0771_201808130822494d0.jpg 

後ろのスズキも香ばしい。

今回は、お目当ての部品は出ませんでしたが、DVDRがタダで10枚ゲト

出来たから良いか。

帰宅し、家事を大汗かいて済ましたら、ボルガンマの作業開始。

   CA3K0772.jpg 

数年前に買って置いた、タミヤパテ(=ラッカーパテ)。出番だぞ!

ポリパテでもなかなか埋められなかった足らんトコとか凹みとかを・・

    CA3K0773_20180813082252465.jpg 

一本全部使いました。
これを・・ドライペーパーの320番でワッシワッシと研磨。

粉、出る出る・・・。

    CA3K0788_201808130823435bc.jpg 

殆ど無くなっちゃった。ラッカーパテってキメ細かくて使い勝ってが良い。

ムダ使いしちゃったけど、役に立ってくれた。

    CA3K0789_20180813082345c54.jpg 

んでこれを綺麗に拭いて・・
100均のアルミテープを貼りまくります。

    CA3K0790_20180813082346d13.jpg 

シワ、出まくり。

    CA3K0791_20180813082348e45.jpg 

膜厚分(0.04mm)の段もでるけど仕方ない。

これに、シリコーンスプレーをまぶす。

CA3K0792_20180813082350ecf.jpg CA3K0793_20180813082351e5b.jpg

FRPの準備をします。
トガシで買った、マットを大きい面積を埋めるのと、短冊をいっぱい。

このハサミは、SDR-Fのカーボンサイドカバーを作る時にファミマで
買ったモノ。なんか灌漑深い。

樹脂作業中は、画像撮れませんので・・

   CA3K0794_20180813082352e31.jpg 

マットを1プライ貼った所でお昼休憩。

花月で長男の食うラーメンを目前で水のみの父。ひもじいなあ。

サー帰ってまた貼るべ!

    CA3K0796_201808130823534e9.jpg 

てな訳で、結果マット3プライのメス型は貼り込まれました。
ちゃんと機能するのかな・・。 
 


 

混物

先日、台風12号が通過していきましたが・・・

   CA3K0753_2018081308220157d.jpg 

そのせいで、石膏がしっとりと吸湿しちゃってて・・

ベルサンの#80がすぐ目詰まりしちゃう!エエイ、ノコ刃でやる!

   CA3K0754_201808130822025a4.jpg 

・・・・

   CA3K0755_20180813082203e37.jpg 

いいけど、なんかぽろぽろ崩れてきちゃう。ああ~も~。
ムカついたので、タルク混ぜのポリパテで埋めちゃおう。

   CA3K0756.jpg 

材料はある・・。
スケールでこねこね。100グラム以上は作っといたほうが良かった。

    CA3K0757_20180813082242087.jpg 

ペッタンペッタン。なにやってんだわし・・・。
    CA3K0758_20180813082244af9.jpg 

汚い。

本日はこのへんでほっとこう。

    CA3K0759_20180813082245e1f.jpg 

夏っぽくパラソルで養生。 


九連

今年も、実家に帰省できませんでしたので、家で部品の組み立て等を

しとります。

   CA3K0749_20180813082158e29.jpg 

連休前でしたが、腐れマスターをウエットブラスト&再メッキで仕上げたので

組みたて準備。フッ素グリスも用意しときます。

   CA3K0750_20180813082159d20.jpg 

大した構造じゃないので、出来上がるとこんな感じです。新品以上!

11日。予想通り、宮ケ瀬はガラガラ。そんかし何かのロケバスが来てて、

撮影準備を始めた。なんの番組かな~。

   CA3K0752_201808130822005c1.jpg 

サテ、長いけど短い!?連休スタートれす。

    CA3K0751_20180813082159883.jpg 

まあ、殆ど家事とボルガンマの作業になると思います・・。 


石膏

前回、多分スズキのリアマスターをウエットブラストしてもらって、
悦に入ってました。

まあ当然、中身のピストンもそれなりの汚さでしたので、スポンジ研磨剤で

のんびり磨いてました。仕上げに、練りピカールで光らすと・・・・
  
    CA3K0725_2018080522343890e.jpg 

うん、なんかオーパーツぽくなって良いぞ。

    CA3K0726_20180805223439075.jpg 

尻のスイベル部は、腐食が深くて、#600のスポンジでは落ちませんでした。

 さてしばらく早朝宮が瀬は行けてなかったかもで、今日は早くから出動。

自宅付近でXLR氏とすれ違いw お久ブリーフ。

    CA3K0731_2018080522344056c.jpg

本日は250SLとSDR-FとRS100D。

7時にINするも、8時ともなるとめっちゃ暑くなってくるので、撤収!

皆さんまたよろしくお願いいたします。

そして・・

    CA3K0736_20180805223514138.jpg

今度ウチに来た、合金車体。

    CA3K0737_201808052235181db.jpg

さーて、どうしよっかな。(と考えてるのが楽しい)

それにしても暑いな。ガレージ内はこんなです。

      CA3K0735_20180805224807b4a.jpg 

ほぼ40℃。危険な暑さ。冗談抜きで滝のような汗が出る。

でもこれはやろう。

    CA3K0738_2018080522352235a.jpg 

テールカウルタンク。形状このままか~?いや~、違うべ~。

まっすぐにする?

    CA3K0738_20180805223555c0a.jpg

三角状のスキマがあるので、埋めよう。

適当なもの突っ込んで・・・

     CA3K0739_20180805223522f88.jpg 

石膏をぺったんぺったん。

    CA3K0742_201808052235240a3.jpg 

    CA3K0743_2018080522352558c.jpg
 
    CA3K0743_20180805223557e95.jpg

こんな感じ?