ドゥカティ徒然日記 2017年06月04日

観念

ボルティ+ガンマの真骨頂とも言える、フレーム合体に必要な部品。

    CA3K0721_201706042053449ed.jpg 

これを、機械加工で切り出そうと思ってたんですが、都合不可能に。

マネーパワーさえあれば、通勤ルートに加工屋はあったりしますが

それも無いので、もう「手」で切るしかありません。

    CA3K0723_201706042053463db.jpg 

CAD図は1/1スケールなので、φ10の孔にボルトを差し込んで

両面テープで貼り付けます。で、形状の輪郭にそってケガキ線を書き込むと。

仕事中に色々あったりして、メンタル的にアレな日々が続きその度に

     CA3K0716_20170604205350c4f.jpg 

とか考えてやり過ごすようにしていたり・・・。

休み時間には、ボルガンマが完成した状態を妄想して過ごしたり。

とかとか、でなんとか部品製作のモチベーをアゲようと。

お出かけして気分転換!

    CA3K0728_20170604205353378.jpg 

某ジャンクヤードの、裏。ST250の残骸。うーむ、シートサブフレームが

欲しかったんだが、むしられてる。くそう。

    CA3K0727_201706042053540b1.jpg 

せめてこのグラトラのループだけでも、切って入手したい所・・だがムリだべな。

出来るコトを進めるしかない。

    CA3K0734_20170604210423a18.jpg 

板厚15mmのアルミ5083(5000系でつおい奴)を、弓鋸で切るのだ。

こうやって。

    CA3K0735_201706042104214b8.jpg 

ぎーこぎーこ・・・。このあたりは、ノコ付属の青い歯で切ってる。

が。    

流石に鉄とかも切って使い込んだ歯だし、切粉も心無しか少ないようだ。

交換しようそうしよう。(近所のユニハードに行く)

    CA3K0738_20170604210424546.jpg 

オレンジ歯を買って来た。さすが新品。バリバリ切れる。

とは言っても15厚なので、加工速度は3mm/min位かな。(中古青の3倍) 

    CA3K0737_2017060421042886c.jpg 

二つになった時は感動した。

     「なんとかなりそうだ」
    cel-l-do1.jpg 

機械加工ばかり長くやっていたせいで、中・高校時代のフロンティアスピリッツを

すっかり忘れていた。あの頃はなんでも手作業だった。(当然だが・・)

ちなみに、このバーコの弓鋸。前上に出っ張りがあってですな。

     CA3K0740_2017060421160781f.jpg 

ここに・・

     CA3K0741_20170604211605667.jpg 

親指が掛っていーいあんばいで押し引きが出来るんですわ。

コスパも良いし、おすすめアイテムです。

     CA3K0739_201706042116010d5.jpg 

と、いい加減ギーコギーコ続けて、夕方になった頃・・・。

     CA3K0742_201706042116050b2.jpg 

ついに「部品」に。なった。気がする。

側面の仕上げに相当時間掛りそうだけれども。



スポンサーサイト