ドゥカティ徒然日記 2017年02月03日
FC2ブログ

切断

錆びついた、ボルトとカラーがなんたかた抜けなくてな~。

    CA3K0135_2017020321231153a.jpg 

エンジン前部中央に、長さ80mmのカラー。画像右側から貫通。

左のナット、は回った。次のゴムブッシュは、ウオポンで咥えながら

ボルトを回したら、よう~やく、グズグズ言いながら動き出した。

ゴムブッシュは両方共その方法で、動いたのですが、真ん中の

80mmカラーはどうしても動かない。

ガスバーナーでかなりあたためたら、「カキン」と、なんとなく熱膨張

したっぽい音が。 

「ヨシ、じゃあ、小さい穴開けてそこからCRCなりラスペネなりを

シューすれば、中に浸透してサビも溶けるかもしれん」

と、ワケ解らん方法を思いつき、センタポンチをゴン。すると・・

ありゃ?刺さらない。

ぬぬ?ではドリルをゆっくり・・・あら~、全く切れてない。

焼き入れ鋼です。カラーごときに。生鉄じゃだめなのか・・。

もう!いいや!

出でよ!「サンダーバード!」

    CA3K0133_20170203220128d4e.jpg 

定時で帰宅し遅くならないウチに~切っちゃえ。

狭い住宅地の夕食時に鳴り響くディスク音。

結果・・

    CA3K0136_20170203212250ff3.jpg 

すぽんちょ。って抜けてはいないけど、切った。

ボルトとカラーの内径差が、ほとんど無い。0.1も無いんじゃないか?

これで錆びたら抜けるわけない。

     CA3K0137_2017020321225233f.jpg 

一週間かけてようやくエンジン下した。

やっとフレームを切断できそうだわ。(あくまで素材扱い)

 


スポンサーサイト