ドゥカティ徒然日記 2016年10月
FC2ブログ

軸受

なかなか寝てくれないムスメを二階にあげて、おやじは夜の11:00頃に

ボルティのフロントホイールベアリングを外すのだった。

    CA3K0713.jpg

このバイクは基準はドッチかな~なんて考えながら

「ま、ディスク側だべな」と反対側からベアリングをグイ外す。

おお、カラーにフランジある。やっぱディスク側基準だ」と一人納得。

んでディスク側もグイ外す。

    CA3K0714.jpg 

それにしても・・・。

なんで、ボルティというかGN250というかが、シャフト径が

Φ17もあるの??太くね??

ドゥカティ モンスター900のシャフトもΦ17だよ!
※ボルのシャフトはΦ15でした。記載ミスですすみません。

なんかとても細く感じてきてしまった。十分なんだけど。

ベアリングは、ナップスとかで買うととても高価なので

モノタロウ、でもなく部品商から直接現金取引。

一個当たり400円位で買えた。うれしい。

こういう点では、工場勤務で良かったと思ったり思わなかったり。

     CA3K0712_20161026225138a0b.jpg 

モノタロウでも安いけど、一度に数千円使わないと送料無料にならないしね。

ちなみにすべてLLU(接触シール)で買いました。



スポンサーサイト



徒然

ボルガンマその後。

15mmオフセットスプロケが、ヤフオクで難なく入手できてしまった。

    CA3K0688_20161023232857b70.jpg 
これはノーマルt=14(再メッキ)。

んで・・

    CA3K0689_20161023232854ff0.jpg 

サンスター製ではない、オフセットスプロケ。ちなみにGPz750用。

として売られていたもの。これがデスネ・・・。

    CA3K0690_20161023232854f2f.jpg 

付くのです。すぽっと。ただし。これは530サイズなので厚みがあり

ロックプレートが使えません。歯も2.9mm厚いです。

まっ、大きい分には削れば良いか!と楽観視してますが。

    CA3K0693_20161023232850887.jpg 

外側には景気良くはみ出てますが、調整量はリアのハブをこさえてからでないと

正確な事は解りません。

   CA3K0691_2016102323285552c.jpg 

大きいなあwクラッチのプッシュロッドはギリギリ回避してるみたい・・。

次。

ボルティのフロントホイール分解準備。
 
    CA3K0696_201610232329376f2.jpg  

ディスクを外しますが、やっぱり固かった。ので、ガスで熱~く

してから1/2スピンナーでぬるりと・・・。

それでも5mmのソケットは捩れましたね・・・。

    CA3K0697_20161023232938f46.jpg 

緩んだのは良いが、まだ重いのでラチェットアダプターなる物を。

    CA3K0698_20161023232932435.jpg 

コーケンの製品ですが、あると便利位。

無事ディスクは外れたので、タイヤをおっぱずしに掛る。

    CA3K0699_2016102323294019b.jpg 

いやこれ、外しやすいタイヤですわ。なんて~の?

    CA3K0700_20161023233003f10.jpg 

シブイマークのブリヂストン。またこれにしようかなあ。

 次。

某 正義と真実の人 が、「アルミテープ効能」について

色々教えてくれてるので、クルマにもやってみようかと思いまして。
 
     CA3K0703_20161023233214446.jpg 

エブリィワゴンにアルミテープをべた~っとね。

    CA3K0701_20161023233217f09.jpg 

こことか・・・。

    CA3K0705_20161023233307187.jpg

羽の先端とか・・・。

      CA3K0702_2016102323330091e.jpg 

こことか・・・。

    CA3K0706_20161023233306d99.jpg  

ハンドルの下とか。

    CA3K0707_20161023233308003.jpg 

ペダル付近の鉄板。

特に根拠無く貼りまくりました。 
  
この作業後、嫁の運転で買い物に行ったのですが

嫁「何かした?なんか違うんだけど??」

とおっしゃるではないですか。

わし「したっちゃ~したけど、してないといえばしてないかな?」

何がどう、違う?と問うと

嫁「詳しくは解らないけど、うーん、ラクかな?」

さあ、信じるか信じないかは アナタ次第!!!!

次。

 家のトイレのウオシュレットから水漏れ。

数週間前にもオーリングを交換して止まったハズと思いきや、

またもや。

くっそう、やはりサイズが微妙に違ったのか!?と本体をひっぺがす。

あれ?漏れてない(前にオーリング換えた所は)ぞ?

しばし、ひっくり返った便座をじ~~~っと眺める。

ここ、らへんかな・・。

底部のカバーは外し(マイナスでこじる所がある)、中を見ると・・

(アレなので画像は撮ってないデス!)

めっちゃ錆びてる部品がある!で、そこから水が漏れてるではないか。

「これか・・・。これは、サーミスタ?かな?」

解らないけどとにかく外してみた。

    CA3K0708_201610232333022d3.jpg 

ハンダを外さないと取れなかったのでトイレでハンダ作業ww

手前の銅プレス部品の裏側に、右のオーリング(だった物)が付いて本体に

圧縮されて防水、します。

オーリングが終わった為、水もれ→サビた、と思われます。

さて困った。この時間夜の10:00。頼りのユニハードウエアでも

8:00までだし。うーむ。

そうだ。確か・・・・。

    CA3K0709_20161023233331255.jpg 

見つけました。さてこのオーリング。なんと

ドゥカティのエンジンの部品ですwww 

持ってて良かった。

クサレ部品はもはやワイヤーブラシで磨く事しかできない。一部朽ちてるし。

     CA3K0710_20161023233330b14.jpg  

ワコーズのシリコングリスでねっちょねちょにして、組みます!

     CA3K0711_20161023233327b88.jpg 

ハンダも付けて、もういいでしょ。もう壊れてくれるなよ。

試験的に作動させてみたら、ちゃんと機能したので良いと思います。

今の所は。

 

 

歯車

ボルガンマ作製中で、悩んでいたのがフロントスプロケット。

ガンマのチェーンラインって、すごい内側なので

太いタイヤ・ホイールにしようとしても、出来ない、難しい。

ボルガンマも、おそらくは15mm位のオフセットスプロケが必要に

なる訳なんだけど、ガンマ用なんかある訳ないしZAMに聞いたら

ワンオフ料金;¥18000だそうです。

しかし!

探し出しました、とあるサイト。

    jt.jpg  

スプライン、セレーション寸法が載っている!!!

素晴らしい!嬉しいなあ、こういうのが知りたかったんだよ!おじさんは。

日本を代表するハミガキメーカーの歯車サイトは、ちーとわしには

使いづらい。

このJTというトコのサイトの良い所は、「まず寸法ありき」なこと。

車種選択だと、絶版車とかマイナー車は国産だと出てこない場合が多い。

だが、寸法で追えば、なんとかなりそうだ。

こういう瞬間が~、おバカ改造の超楽しい時なんだよね。

沢山

3時に起きて、4時半発5時半着。おはようございます、オーイソです。    

    CA3K0674_20161016215747e72.jpg 

また懲りもせず部品交換会に行ってきました・・。

しかし、お目当ての物件は、あー、まあその見つけはしたんですが

始め「500円」て言ったのに「あ、ソレ〇〇だね、じゃ2000円。

いや8000円かな?」とか言うもんだからパス。

明らかに「INゴミ箱」なモノだったのに。ちえ。

ま、いいや、と見て回ってると、こういうのも居るから面白い。

    CA3K0675_20161016215748433.jpg 

なんかヤマハ250としか解らないけど、ミョーに目を引きました。

    CA3K0677_20161016215744f3e.jpg 

うーん。もうちょっと見ていたいけど、7時にはココ出ないといかんし。
  
    CA3K0676_20161016215745178.jpg 

造形、いいよね。別冊オールドタイマー誌でやりそう。

ほかにも・・

    CA3K0678.jpg 

こんなのが正に「転がって」るんだから。

撮らなかったけど、ラビットのシリンダーも、オブジェとしていいかな?

なんて思ったけど。100円とかだったら買ったかも・・。

      CA3K0679.jpg 

なぜか生活臭がww昭和40年代か!

さて、自分は紙ウエスとボンピン買って、帰る。10時から

宮ケ瀬で80sミーティングなのだ。

来たよ、10分前なのにこんな。

   CA3K0680.jpg   

わしで147台目だった。

    CA3K0681_2016101621580955e.jpg 

多いな・・。ビ・オールカラーのTZR250。ユーゾーカスタムの奴。

当時108万だっけか。

!?? どうみても84とか85TZ250。エンジンはRZRだった。

     CA3K0682_20161016215808b46.jpg 

すげえな・・。

     CA3K0683_20161016215808b5a.jpg  

CB250RS-Zが。

     CA3K0686_20161016215833d7e.jpg 

まあ、とにかくたくさんのバイクが参加しました。

     CA3K0685_20161016215835aeb.jpg  

ゲップが出そうなくらい。

     CA3K0684.jpg 

時間切れなので、10時半過ぎには撤収しましたが・・・。

とにかくスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

 

破壊

数週間ぶりに土日晴れ予報!やっと太陽出たね~。

朝6:00頃は風は冷たく寒かったけど、日向ぼっこしてると

暖かいほどかな。

    CA3K0655_20161015210134006.jpg 

最近は変なバイクが少ないような気がします宮ケ瀬です。

それが普通なんですがね~。

まッ、4輪の方が面白いの良く現れるのでw

    CA3K0656_201610152108285d5.jpg 

_人人人人人人_
> 祝 Z復活 <
 ̄^Y^Y^Y^Y^ ̄

さて・・


先週バカになった、TS125Rのリアハブ(スプロケットボルト)の


リカバリに掛りましょう。


ひとまずウチではタガネちゃんでイッパツ入れる事になってるので、


ブっ叩きます・・。


     CA3K0659_20161015210132ab0.jpg 


ああすみません。ダメでした。ヘタです。ボタンは食わせるの難しいです。


という訳で!


     CA3K0662_201610152101311e9.jpg 


電動ドリルで頭を削り飛ばしました。とても柔らかいネジでした。


使用ドリルはΦ8.5です。


     CA3K0664_201610152101300e6.jpg 


4本とも完了!さて、まだ安心できません。これからです。


     CA3K0665_20161015210127ca6.jpg 


このまま、回ってくれると良いのですけどね。


     CA3K0668_201610152102491d8.jpg 


一本目、回ってくれました。もちろん、事前にバーナーでネジロックを


柔らかくしてあります。


しかし・・・


他の三本はダメでしたので・・・


     CA3K0670_20161015210247747.jpg 


Φ5の下穴を開けて、M6「逆タップ」を使います。


普通、逆タップと言うと、これですよね。でもヘタクソなわしは、


      51056.jpg  

このタイプでうまくいった事が無いのです。持ってたけど最後には


ゴミ箱にぶん投げました。


なので、左ネジのタップでちゃんとしたネジを切り、逆ネジで回したろ、と。


     CA3K0673.jpg 

 

 こんなこと、ホントはしたくないんだけどね・・。


     CA3K0672_20161015210247862.jpg 


バーナーで炙った後、M10ソケットで左に回すと!するすると出てきてくれました。


いや~、4本のネジ外すのに、どんだけ手間かけてるんだっつの。

 


捩棒

予想はしてましたが・・・。

    KTC.jpg  

TS125Rのディスクローターボルト、ナメました。

ソケット(KTC 5mm )も、捩れてしまった。

な~んで、M8ボタンなんか使ってるんだよ~。

ガスバーナーで炙ったけどダメ。ネジ山救助隊を塗ったけどダメ。

ドリルでもむしかないな。


頼願

長男が冷蔵庫を開け、「これ食べていいか?」と聞いてきたので

「じーじがパチで貰ってきたヤツだから別にいーよ」と返し・・。

     CA3K0628_20161009074448c0a.jpg 

大人()のたけのこの里。開けるとそこには。

     CA3K0627_20161009074448c29.jpg 

たけのこの里ではなく、これではまるで う〇この里 !ではないか! 

さすがおとな仕様。

    CA3K0629_20161009074445644.jpg 

砕いたら更にう〇こ感増した。 味は・・あんまし甘くなかった。

ほろ苦い感じでした。リアルを追及したのだろうか(何の)。

さて・・TS125Rのリアホイールもどうにかしないとな、と

ベアリング交換&リム交換の準備でもするのです。

    CA3K0630_20161009074445bee.jpg 

今なら割と安価に変える、ベアリングリムーバ。しかしこれを

購入した当時には、松井工具でこれを買うしか無かったのです!よ。 

高価ですが、買って良かったと思わせる高性能。後悔はしてません。

     CA3K0631.jpg

ガッチリシッカリ組み立て。ヤグラもきっちり立てて。

     CA3K0632_20161009074526bb2.jpg 

ぐいぐい締めこむと、あっさり抜けます。テルミのサイレンサーバッフル事件も

あったなあ。これが無かったらお手上げでしたね。

しかし・・程度悪い。確かに、ガタはあったんだけど。

オフ車って泥まみれ、高圧洗車、水没アリとは思うけど、なんかヤな予感。

    CA3K0634_2016100907452608d.jpg  

ブレーキ側、いくよ。ベアリングは、非接触シールのLLU。いや純正ならLUか。

ぐい・・・ぐい・・

    CA3K0635_20161009074521f9a.jpg 

ああ、LLUか。一度変えてるなコレ。

さあ、ディスタンスカラーを抜いて洗浄でも・・っておい。

    CA3K0633_20161009074528de5.jpg 

あ~あ。やっちまってるじゃん、このバイク。てことは・・・。

    CA3K0637_20161009074520d48.jpg 

ベアリングの座面、見えるかな。叩かれによる、カエリがあります。

治してからベアリング交換して欲しかったですね。カラーも

交換して欲しかったです。円筒面のダメージだけならまだしも、端面の

ダメージ&カエリもそのままでしたし。

ショップなのか、ユーザーなのは分かりませんが・・・。

ホイール外して、ベアリング交換する位なら


きちんと直せよ


と、 ひっそり思うのでした。

ディスタンスカラーは、新品をカイズさんに注文しました。

後は・・ニップル緩めてリムをハグるんですが、

なかなかしんどいです。CRCブっかけてもイチイチ「カキン!」って

いうシロモノ。あ、レンチはホーザンのを90年から使ってます。

   CA3K0640_201610090745596d6.jpg  
 
別段使いやすいとかじゃないですけど。

そういえば昔、レンチで「チタン製!」てのが売ってたな~。

まだあるのかな?

ぐぐったが解らんかった。





 

鍍金

再メッキ、上がりました~。綺麗~。

   CA3K0624_20161004230315c43.jpg 

前後アクスルシャフト、ピボットシャフト、キャブネジ、スプロケットボルト。

いや~、ゴミだったネジが、生まれ変わります。

多摩めっきさん、いつもありがとう。




軽銀

トヨタ関連の記事をちょっと前に見たんですが。

    オカルト!?

面白く読まさせてもらってましたが、「ぜひアドレスに貼りんしゃい」

と指令がありまして・・・。

ひとまず気軽にエアクリーナーカバーに一直線に貼ってみた。

走行。

1kmも走らないですが、油温も気にしつつ「うーん、アクセルのツキとか

回転の落ちがおとなしいかな?」位。何かが変わったのかどーかは

数値で測定してないので全くわかりませんけど。

そもそも、わしはかつて自動車用光学製品(ヘッドライト一式)の

試作の仕事してまして、大型の樹脂成型品の持つ、静電気の多さは

知ってました。成型品のバリ取り作業なんか、大変なコトで、静電気で

削ったバリが製品にまとわりつくのです。エアブローしても

戻ってきて製品にくっつきます。

そこで、除電をしなくてはゴミのついた製品を納入してしまう!と

除電装置を設置したりしてました。

キーエンス 除電」  効きましたね、ここのは。

前置きはこんくらいにして・・。

じゃあ、と今度は、このくらい行ってみよう!と

張り切った結果。

     CA3K0622_201610022132082c8.jpg 

頑張ってはりましたよ~。蓋の裏はこんな感じ。

本体側は・・・

    CA3K0623_20161002213206549.jpg 

もうなんか飽きてきたのでここらへんで終了~w

アルミテープを切っちゃ貼り、をしていて思ったんだけど、

「銅テープとかあったとして、半々に貼ったらどうなるかな?」と。

スワールジェネレーターも数値出せなかったのが心残りでしたし。

体感効果は確実にあったけどね。もう作れないのが悔しい。

スポンサーが付けば作れるけども。

アルミテープの実験結果は、後日。


 

 

打直

嫁に留守番&洗濯&子守を言いつけられましたので・・。

宮ケ瀬に行けないです。

    CA3K0610_201610012324209c8.jpg 

なので先日作った、チタンのマイナスネジを手でくるくる持ってる朝。

しかし、何かしらしたいな。よす。ならばアレだべ!

    CA3K0613_20161001232415387.jpg 

泥ブラストのメディア交換。掻き出しました。

    CA3K0611_20161001232419ce5.jpg 

泥回収~。すんごい細かいから、ほんと詰まる訳です。 

んでこちらは・・・

    CA3K0612_20161001232418d24.jpg 

アストロの#120ガラスビーズ。白いですね。

さらに今回は。

    CA3K0614_20161001232413816.jpg  

じゅうそうも混ぜてみる。アルカリだから、アルミが光るかも?なんて。

    CA3K0615_20161001232458b95.jpg 

投入。水も結構入れたよ。混ぜる混ぜる。

で、ガンマキャブを打ってみると・・・・。

    CA3K0617_20161001232455764.jpg   

うん、こんなもんだべ。本物みたいに綺麗にはならないけど、

腐ってるのが光るんだから、まあいいべな。
 
     CA3K0616_20161001232456ab8.jpg    

ね。そこそこ。

だがしかし。綺麗になったからこそ分かる事実が判明。

     CA3K0619_2016100123245735a.jpg 

前と後ろ。色違うでしょう?本体はアルミキャストですが、

親指側の部品は、亜鉛合金と思われます。なんで?

さあてと・・ムスメは寝てしまったのでマイナスネジの

有効活用でもするかね。
 
    CA3K0620_20161001232544c3b.jpg  

もとは再メッキしたM6キャップネジを・・・

    CA3K0621_20161001232543ec8.jpg   

チタンマイナスに変更。