ドゥカティ徒然日記 2016年06月
FC2ブログ

鑢掛

ガンマアーム取り付けるべくのアルミスペーサー(t=10.6)

ですが。

まずは、竹輪をノコで切断しなければなりません。

タイミングを・・・

測りまくり・・・・

切れた。

所要時間1分程。

    CA3K0232_20160628223200bcf.jpg 

いやあ新品のノコ刃+コンターマシンならでは、です。

ここから、ケガキ線までヤスリで削ろう・・・・と・・・

思ってるンですけど。

一応コレ、A7075なんで硬いのです。

夕方帰宅後、ちょっと100均のヤスリでコスってみた。

     CA3K0235_20160628223206de9.jpg 

先はなげーな!

 
スポンサーサイト



測定

ボルティフレームに梁が追加されたので、ようやくピボット内幅が

測定できます。

    CA3K0218_20160627212122e62.jpg 

自分じゃこんな綺麗なビード引けません。

    CA3K0220_20160627212117c74.jpg 

リアホイールをおっぱずし・・・。

    CA3K0221_201606272121195d4.jpg 

スイングアームを取り外しました。

溶接の際に、フレームが内側に引っ張られるので、厚さ0.1mmのシムを

カマして組んでありました。

外す時はプラハンで叩いて取りましたが、シム無しだと絶妙なクリアランスで

差し込めます。

      CA3K0222_20160627212121703.jpg 

見てください、このいかにもしょぼいピボット。3点のダボ&プロジェクション溶接。

弱ッ。で、たった3mm厚のプレート。(しかも元から溶接歪み多し)

     CA3K0223.jpg  

やっと測れます。ガンマアームの方が狭いので、スペーサを入れれば良いのですが

それには以前作ってもらったアイツを利用することにします。

     CA3K0224_2016062721240307c.jpg 

コイツ。厚さ10.6mmのリングにして、ガンマアーム左右に入れます。

これで、取り付け自体は可能になる訳です。

その他にも、サス受けも造って溶接、とゆー大仕事も残っていますが!

     CA3K0219_20160627212123b00.jpg  

ココは、ろうじゃなくTIGで良かったと思います。

たぶんわしがロウ付けしてたら大参事になっていたと。

     CA3K0225_20160627212408c44.jpg   

さて夕ご飯の時間なので、組みなおしてお仕舞い。

アンダーフレームは・・・アルミ???


曲付

URYEEEEEEEEEEEEEEEEE

と一週間、仕事した後は・・・。

    CA3K0211_20160625230001f98.jpg 

向かいます、師匠の住まう地へ。

んで・・

   CA3K0213_2016062523000537b.jpg 

ふう・・。

ほんの少し点付けをわしがしましたが、あとは師匠の

エクストリームTIGで進行・・・。

     CA3K0216.jpg 

やりづらい姿勢ばかりですみません・・。

     CA3K0217_20160625230008818.jpg 

感謝してもし足りません・・・。

まだ作る部品はありますが、くじけず作ろうと思います。

(今回は、いろんな方々に助けて貰いながら作製しています。
  本当にありがとうございます。)

 


 

印籠

梅雨どきってのもあって、なんか気分が乗らない時期です・・。

ボルティのフレーム改造(溶接)にしたって、自宅で出来ないので

1時間かけて師匠のトコに行き、作業でン時間、帰りに1時間

なので、半日は使ってしまいます。半日で終わればいいのですが

そーわ行かないんだよねー。一度にできない内容だし。

で、なんとなく帰宅後にいじりたくなって・・・。

    CA3K0202_20160622210327d9c.jpg 

横穴あけた。インローのパイプを溶かし込む為の・・。小さい?

    CA3K0204.jpg 

軽く叩いて入るよーな感じです。

これに・・・。

    CA3K0205_20160622210324a4d.jpg  

あてがい・・

    CA3K0206_20160622210327be9.jpg 

ずぼ。

開先も十分と思いますが、どうでしょう・・。シロートならではのいいかげんです。 
 
    CA3K0207_2016062221033252a.jpg 

ドゥカティ用ディライトハンドルから、ハリケーンの原付用(アルミ)に交換。

さすがに狭いな。フォルムはノーマルに近いんだけど。方っぽづつ20mm位狭い。

    CA3K0208_20160622210956b63.jpg   

いつか完成する日を妄想しつつシゴトガンバルオトウサン。



玄関先で栽培中のキュウリ。

どうしてこうなる? 

    CA3K0209_201606222109565fa.jpg    

  
わしの運勢、しの字回復?




検証

ボルティ→+ガンマエンジンのマウントですが、二個目を

作ってもらいました。

    CA3K0181_201606122106585c3.jpg    

只のペラい板より、かなり立派に見えます!しかし角パイプへの

接合方法が理想通りには行けてないので気になりますが。

直行するもの同氏でくっつけるのは、ビード部から割れる恐れがあるので。

一度、別の板部材に付けてから、角パイプに重ね溶接で付けたいのです。 

ま、そこは何とかなる・・と・・。

     CA3K0182_20160612210651a2f.jpg  

 エンジンを載せてみる。3軸の位置は・・・まあいんじゃないかな。

理論なんか解らんので、経験上で良さげな位置かな?バイクの種類や

ライディングポジションでかなり違うんだけど。

     CA3K0185_20160612210657733.jpg 

あ!後ろがディスクになってる!いやそのTS125Rのホイールをですね。

18インチの細いリムで探した結果。(18X1.85)

     CA3K0183_2016061221070152c.jpg
ん?ん?なんか、ボルティよか、内側に来たんでない?ハブを3mm程

削ればオッケかな?だといいけど。

     CA3K0184_20160612210701e97.jpg 
シリンダーピッチの真ん中らへんで、チェーンラインを出そうとしとります。

     CA3K0186_20160612210858eb5.jpg 

大体だけど・・

     CA3K0187_2016061221085984a.jpg 
悪くないんじゃないかなー。

     CA3K0188_201606122109026cc.jpg
このスプロケがまたスズキらしく、他車と使いまわしてないんだな~。

      CA3K0189_20160612211226c39.jpg 

水糸で確認。うん、おおむね良い方向と思われ。

で~、肝心のガンマのスイングアーム。サス受けを作るかして

溶接しないとイカン!!そこが~今の問題。  
 
   CA3K0190_2016061221123109a.jpg 

ブレーキ側は、こんなには無い(ガンマアームには)けど、なんとか・・・。

それよかサスがやたら外側にあるな!って事が気になる。

    CA3K0191_20160612211236192.jpg 

あ~・・。なんかドツボなのか~?

なんとかなるか~。

 

 

印籠

真面目に仕事してるので(?)自作バイク部品は生まれてないのですが・・・。

ボルティ+RG250ガンマは進めなければならないのだ・・・。

んで、前フレームをディスクでズガっと切ったワケですが

     CA3K0107_20160515234006359.jpg  
(前回の画像)

接合させるには、中にも一つパイプを入れて補強しないといかんのです。

そのパイプをどーやって入手するのか?!が問題でしたが。

本日鬼の居ぬ間にDONT KNOW FACE。

SDRのフロントフォーク廃材を旋盤で1mm削る!!削った!!

素早く隠す!!!

ぬふふ・・・作れたぞい。

     CA3K0167_20160606212403d67.jpg 
ヒキ目は、粗くてOK。ろう付けする予定だし・・・。

んで、これにこう。

    CA3K0169_20160606212407bae.jpg   

切った部材に・・・

     CA3K0170_20160606212413e0e.jpg  

ずぼ。
適度なクリアランスがあって、ロウが良く濡れそうです。

(だと良いけど・・)

そうだ。話しは飛ぶけど、宮ケ瀬の黄色い花。

     CA3K0164_2016060621244360b.jpg    
昨日行ったらこのありさま。なんで??

一本だけ、残ってた。