ドゥカティ徒然日記 2016年02月
FC2ブログ

抜筒

今日も続くガンマエンジンのスタッド抜き。

   CA3K0644_20160229215933fba.jpg  

さて。やるか・・・。いや、今日はダウエルピンから攻めよう。

   CA3K0645_20160229215936965.jpg  

タガネ使って抜けた!一個目。

   CA3K0647_201602292159385be.jpg 

二個目!!いいよ!この調子だ。

    CA3K0646.jpg 

ちなみに穴はこんなコンディション。ま、洗えばいいでしょう。

    CA3K0648_20160229215942940.jpg 

YES!!抜けたわ。

    CA3K0651_201602292200274c5.jpg 
ちなみにこんな風にして傾がせて、反対側も同じように、少しづつ・・少しづつ・・。

    CA3K0652_20160229220032f0a.jpg 
ピンは4つ抜けた!!IYH!!!!! さーて~。M6スタッドに行くよ。

    CA3K0653_20160229220034469.jpg 
いざ!参る!!

    CA3K0655_20160229220035856.jpg 

うひょっ。

    CA3K0654_20160229220036eae.jpg 

長いM6は、ガキン!と回ってくれたものの・・・。

短い奴はもげてしまった・・・。

困ったな。

あ、応募先から面接日の連絡が来た。ハロワ内で電話がきたので焦りました。

頑張ります。

      

スポンサーサイト



強敵

RG250ガンマ君。 抜けないスタッドとの戦いが続く・・・・。

   CA3K0632.jpg  

気分変えて一個だけクソ硬いブッシュを抜く。Tレンを反対からゴンゴン・・・。

   CA3K0633.jpg 

ずぼ。終っとるなあ。今の所このパーツは出るようだけど・・。

後ろ下のブッシュは「販売終了」だぞ!どーしろと?

   CA3K0635_201602282057436d7.jpg  
おし、んだばM8スタッド、行くか!ハスコーのプーラーでガッチリ・・・

んがああ抜けねぇぇぇぇorz

   CA3K0634_20160228205744143.jpg 

ちくしょ~、じゃM6をWナットで・・・・。だめだあ、抜けない~。

ガスで暖めて、ラスペネ・・・。でももう疲れたので明日またやろう。

日曜。どうだ?

   CA3K0636_201602282057481b0.jpg 
ロングスピンナーで、ぐっ・・・・。

刃牙っと音を立てて、回った!よっしゃ!この調子で・・・・。

   CA3K0637_20160228210522f9a.jpg 

抜いていくぜ。

・・・。はあ結構疲れる。

   CA3K0641_20160228210525b7e.jpg 

M8は全部取れたです。よ~しこの調子でM6も・・・。

   CA3K0642_20160228210525360.jpg  

回らん!!!回らないよう~。くそ~。

    CA3K0644_201602282105266d8.jpg 

ダウエルピンも全然ダメ。抜ける気配ナッシング。

真の敵は、M8ではなく「M6」だったのだ!小径な分、サビの融着力が強力なんだろな・・。




日課

応募先の会社から連絡きません、ひゅさしです。

ハロワ以外の時間は、子供の世話に明け暮れる毎日ですが、寝かしつけたら

ガンマるのです。

    CA3K0621_20160226223534534.jpg 

シリンダもピストンもするりと外れてくれたので、ケースを割ります。しかしその前に。

     CA3K0625_20160226223544c84.jpg  
左のケースから吸い出したオイル。50㏄以上入ってました。おかげで錆が少ない

ようです。

     CA3K0622_2016022622353420b.jpg  
ダンボールに姿ゲージを作って、ボルト管理。呼びと長さも後で書き入れます。

     CA3K0627_201602262235391e6.jpg  
ヘッドやシリンダーよりイージーに分割。

オイルシールの張付きはありましたが、おおむね予想通りで安心。

    CA3K0628_20160226223539ee4.jpg  

このキックシャフト兼オイルポンプ駆動ギア回りが・・・。

無駄に後ろに張り出しててイヤだなあ。TZR250がすごい小さなエンジンに

なったのも当然すな・・。

でもまさか86年当時、30年後にまたガンマに触るとは、想像すらしなかったよ。たぶん。

   

手鋸

 ぐぬう。なかなか仕事決まらんな~。

あせりが出てきたよ。

それでも・・・。

    CA3K0593_201602252108325ce.jpg  
十字型のプーラーでは、全く歯が立たなかったのでヤマハ純正も持ってたのを

思い出して!いざ!!

ぐぐ~~~・・・

パカンッ!!!

おおっ!!!

    CA3K0594_2016022521083176b.jpg 
取れた・・・のか・・・? それとも致命的な何かが・・・??

    CA3K0595_20160225210834234.jpg  
やった!外れたよ。最初からヤマハのを思い出してれば・・・。

    CA3K0596_201602252108369d9.jpg 

オイルポンプは、汚ッたなかったけど洗ったらキレイになった。中身は解らんけど。

それにしてもパラガンもVガンマも、オイルホースの内径が細いのな~。(2mm)

    CA3K0599_20160225210051677.jpg  
さて、横っちょのが片付いたから腰上に行きましょうか・・・・・。って。??

コイツ、ヤバい・・・??スタッドがしなる感じがあるぞ・・・。

    CA3K0600_201602252100528b8.jpg 

やっちまったな。抜けない。ケース側のスタッド、なめたっぽいぞ?

いやでも、ここまで出て抜けないって事は・・・。スタッドはケースから抜けていて、

途中でシリンダーに引っかかってる??のかな?なんらかで。

    CA3K0601_20160225210055c85.jpg 
ここ。あと一本、硬いとこあったけどそれはキャップではなくボルトでしたので

ラスペネブーでなんとか惨事には至らず。

    CA3K0605.jpg  
幸いにも!ネジ部が10mm程出ていたので、手鋸で慎重に切り落とす事にしました。

シリンダにキズを付けない様に・・・。

    CA3K0606_2016022521005996e.jpg  
切った。こんのやろ~w 面白かったじゃね~か。  

そんで?懸念のケースのメネジはどんなんですの?

    CA3K0613_20160225210317522.jpg 

こんな。おや意外と?ネジがある。タップでさらえばオッケーかもしれないな・・。

    CA3K0607_20160225210317469.jpg 
燃焼室とか見る分には、割と普通というか、良いじゃない?デトってないし腐ってもいない。

やけにブ厚いガスケットが時代だな~。

    CA3K0609_201602252103177da.jpg 

見よ!!この錆まくったスタッドを!!はは~、サビが、シリンダの中で詰まったんだな。

だから抜けなかったんだ。ピストンとかクランクは程度は良いと思います。

測定値はまだわかんないけどね。

    CA3K0614_20160225210322305.jpg 

シリンダーのベース側。きれいだと思う。RZとはリードバルブの位置が違うね。

    CA3K0615_20160225210322226.jpg 

サビでギチギチのスタッドを抜く。コンコン・・・・。ぬ?簡単には抜けてくれない。

押したり引いたり、CRCでビシャビシャにしたり、して・・・。

    CA3K0619_20160225210637a3e.jpg 

やっと抜けた。も~、面白いよ、旧車君。ただ後は、部品代か・・・。(出るかどうかも)

    CA3K0620_201602252106464a8.jpg  

左側も、水の近くのスタッドはグサグサ。でもピストンは大丈夫みたいだな。

キャップはタップでさらうとしても、スタッドは全交換すね。

 


  

弾車

 今日は寒いです。「すごどしてね~がらだな!」って言われるな!

しょうがない。求職中です。

ここ一か月は、求職活動&子供の面倒で一日がマッハで過ぎてゆく。

それでもなんとか、時間見つけては・・・。

   PAP_0590.jpg 

ガンマエンジンを分解しに掛ります。といっても、一日に進行するのはホンのちょびっと

なんですけど。

3番プラスネジが見えてますが・・・。フツーにドライバで手で回そうとしても、

こういうのは絶対ロクな目にあわないに決まってます。

   PAP_0589.jpg  

なので、当然、貫通+首下に六角のあるモノ(これはベッセルメガドラ)で、

イキます。インパクトでもできますが、+ねじは、ちょっとね。

非常に良い感じに緩んでくれました。

    PAP_0588.jpg 

んだば、フライホイール外すが!逆ネジアダプタをするすると入れで・・・。

ありゃ・・・。取れね~じゃ。ちょ、まじが? 

プラハンでガン!・・・。パイプすげでぬぐぐぐぐ。・・・。

まいったな。取れねぇ。

     PAP_0587.jpg 

強敵だ。こりゃ。ラスペネ+バーナーでぬぐだめね~ば、ダメがもな。

だってよ・・。

     PAP_0586.jpg 

あだま、つぶれできだもん。

 

徒然

 出品しちゃってるのは良いけど・・。

   CA3K0354_20160221195013f05.jpg 
 
出して15分後に入札ありとは、おぢさんびっくりしました。

とにかくよろしくです。


    CA3K0574.jpg  


正義と真実の人が「フックレンチを出せやゴラアア」と現れたので

自作・車載含めて4本のフックレンチを使い、リアサスのプリロードを

    CA3K0578_20160221200154050.jpg 

調整。結局車載で回したんですが、それでも全然使い勝手がよろしくなーい!!

出先でパパっと出来なきゃダメでしょ~。

    CA3K0577_201602212001529cf.jpg 

超狭い、というかシートレールがジャマ杉。パッと見は、メンテ性良さそうでしょ?

これがねー、プリロに関してはイマイチでした。



    CA3K0579.jpg  
 
宮ケ瀬。寒い。雨降りそ。山がカッコいい。

足が寒いから、ちょっと運動兼ねて、下に降りてみよう。

階段を、けっこう~降ります。

    CA3K0580.jpg 

湖畔というかダムのキワ。水はきれいよ。左に北岸道路の橋が見える。
 
この下に、かつての人の生活があったんだなあ・・・。

さてと、今は一番低いトコにいるから!上がるか!!!

階段を。

    CA3K0581.jpg 

おっ、starriseさん登場ww

   CA3K0582_20160221200310732.jpg  

かわいい。ふたりして「寒みぃ~w」連発。

   CA3K0583_201602212003122d0.jpg 

これは、「乗ってどっか行こう」って気になるバイクですね!

乗るの自体がおっくうになるバイクはイカンですよね・・・。

この後、帰りながら雨降って来ちゃいました。
  
雨降ると、なんかヒマになりますが・・・。

    CA3K0584.jpg  

次男が「タムりたい」とゆーので、タムタムへ。

1Fがアストロになったせいなのか、雨だというのに大きなお友達が沢山!!

タムもアス(店内は中古フィギュア屋さんだった)も、楽しかった・・・。

せっかくなのでパーツクリーナーを1本だけ購入。

そんなお父さんのしょうもない作業はこちら。

    CA3K0585_20160221200314c05.jpg 

さてこれはナニ?

うーんと、泥ブラストの泥排出口です。本来は逆向いて、タケノコにホース繋いで

ブラストガンにつなぐのですが、ひっくり返して底を貫通させて使おうと。

側面にM6がありますが、ちょうどΦ5があいていたので、塞ぎたかったからM6タップ

を切ってボルトで埋めちゃおうと考えました。 
   
ガンマエンジンを、ただバラす前に、クリーニング出来る状況にしとかないとイカンなあ、と

ゆー計画なのでございます。

 


夕方

 作業服を以前の職場へ返還した後は・・・・。

(クリーニングして返せ!って言われたから)

    
    CA3K0572.jpg 

バイクの美容師!?との噂があるとかないとかのお店に立ち寄り。

わしの話し相手してもらいました。

仕事の手を止めて、話しに付き合って下さるので、

帰るときいつも

「自分で来ておきながらだけど、悪いなあ・・」

って思ってます。












いつもありがとうございます・・・・。





六八

 どうも、自宅警備員のひゅさしです。面接は数社行ったりしてますが、まだ決まってません。

せっかく自宅を警備したりしなかったりなので、なにかしないと。

      CA3K0557_20160215164747e7a.jpg 

ブラストの置き場所を変えた。(低位置から、立って作業できるように)

     CA3K0558_20160215164756230.jpg 

「校門」の下は、ディスク+雷鳥0.8でカット。構想では、ドレンに直接バスポンプを

取り付けたいのです。

次は、コンプレッサー(イワタ コルト 1馬力)周辺の作業。

     CA3K0559_201602151647517eb.jpg 

コンパネとグラスウールをとっぱらい・・・。

!?なんやら、すごく気持ち悪い物体が、あちらこちらに・・・。

あまりにも気持ち悪いので写真は撮らなかった。(たぶん、エビガラスズメとゆー蛾のサナギ)

     inazman.jpg 
ここらへんでお茶を濁させてくらはい・・・。

コンパネをどかした時のインパクトは物凄かったです。みたい人はこちら。(閲覧注意)

話しを戻すよ!

ウチのコンプレッサー「コルト」の、評価とかをネットで見ると、「うるさ過ぎる!」とか

「イワタだと思ったのに!」とか?なのがあった。

「エンジン式(これも変な表現でし)じゃないと思ったのに!」

なんやら解らんのがおるのは事実みたい。

うるさい?そら~、付属の吸気部品なんか使ってるからで、うるさくて当然。

全く消音機能はありません。少しのフィルターがあるだけ。

なので、わしはこれを使ってます。

       CA3K0561_201602151647564eb.jpg 

            
以前も出したっけ?サイレンサー。機械用の物。安価で効果絶大。

ほんとは更に、こいつをボックスで囲むとグーでしょう。

バイクやクルマのイジリ方法と全く同じです。

原付で、エアクリ外しのやかましい坊ちゃん達のスクーターと同じ状態では

コンプレッサーも可哀そうです。

DIYでレシプロコンプレッサーの方々は、このサイレンサーを絶対!付けた方が良いです。

そうそう。エビの他にもこんなのが。

      CA3K0560_20160215164757f91.jpg

うーん。カナヘビのエッグでしょうかね。グラスウールの回りに産むとは解ってるな。

ウチの周囲にけっこういるんですよ。道理で王蟲の残骸がいっぱいあったわけだ。

      CA3K0564.jpg   
オイル交換も、買ってから初めて行います・・・。7年目で初めて!

どろどろで全然流れてこないwwww

交換用にHONDA G2の余りで良いか!?と思ったけど、一応、作動油(#68)

を使えよコノヤローと書いてあったので・・・・・。

       CA3K0565.jpg 

AZのコンプレッサーオイルを購入。1リットルで748円。結構するな・・・。



流石にサラサラですよ!

               

そいや#68って、直前や二つ前の会社でアホほど使ってたなあ。

少し貰っておけば良かった。

           CA3K0543_2016021516485104d.jpg
 
宮ケ瀬。久しぶり?良い天気だしあったたか~い。
(おやスエヒロカウルの後方排気とV型TZR)

 そうだなー、普通に休日で来たいね。

あっ、んだ。ガンマエンジンのシフトシャフト。

      CA3K0567.jpg 

ゲットォォォ!!(ヤフオク)

ゴミと一緒に安~く出てました。

ついでに入手できた、L=80mmのエンジンマウントカラー(リア)。

無かったので助かりました。

あ~とは~ラジエターキャブマフラー電気系か・・・。

その前に、エンジン自体の整備費用ががが。

皮鋤

 嫁「この包丁、捨てといて」
わし「へーい」

と、受け取ったその包丁は穴あきタイプ。

切れない&サビでお役御免となり候。(サビは花咲Gで、切れ味は研げば・・と思うがそこは)

         CA3K0535.jpg 
   
ガムテープでくるんで捨てるべ。

とは!ならんかったのだ。

グリップを握った時、またもやムダな発想がひらめき~の。

         CA3K0536.jpg   
このグリップ、なんか良いよな・・もったいないなあ。

よす。

     CA3K0538_20160211221300b9a.jpg

スクレーパに作り替えよう!そうしよう!!

        CA3K0539_201602112212561be.jpg


ディスクグラインダーに、雷鳥0.8を装着し、カット。数分も掛らない位。

ちょっとズッコケたのが残念すぎる。

      CA3K0540_2016021122130365d.jpg

んもう~ググっても出てこないよこれ。ツインサー。

材質は・・・ハイカーボン・ハイクローム・モリブデン・バナジウム・・・

のSUS440(熱処理済)だそうです。

      CA3K0542_201602112215062ad.jpg

砥石で研いだ。KTCのよか良いかもな・・・。

ゴミなハズだったのが、わし的には素敵なツールとなってくれました。

リサイクルとは言わないね、リ・ユースか。
           

    

椅子

 ペール缶を、イスにするのはまあ、どこの誰でもやってるけどね~。

      CA3K0518_20160210174120519.jpg 

表皮に本革を使うのは、超無駄クォリティな気がする。

      CA3K0521.jpg

お部屋用の組み立てカーペットを2枚重ねて接着。

フチの幅はこんなもんか・・。
 
      CA3K0523_20160210174350dcf.jpg 
ハンドタッカでばっちんばっちんと・・・。

         CA3K0524_2016021017440079d.jpg 

重ねた部分は、浮いてるので・・・

     CA3K0525_20160210174359a6b.jpg

Φ8の焼き入れ鉄棒で叩きます。

     CA3K0526_2016021017435779d.jpg  

一周打ち終わりました。
     CA3K0527_20160210183120704.jpg 

球切れで、ちょっと足りなかったかな。

     CA3K0528_20160210183123d90.jpg

余った皮いや革を、ハサミでトリム。

     CA3K0529_20160210183129ac6.jpg

ひっくり返すと!ほれ。出来たよ。

柔らか過ぎず、尚且つかなりしっかり感のある座り心地。

ぬふふ、けっこう満足。革の絶妙なグリップも良い。

ペアスロープさん、今度のノベルティ。これってアリ?!(無いだろ)

さっそくこれに座って作業。

     CA3K0514_20160210174113485.jpg
曲がってるのう。
 
     CA3K0515_20160210174119821.jpg

ガスであぶる。

        CA3K0516_2016021017411969f.jpg 

マジシャンズ・レッドッ!!

すぐに鉄パイプかましてふんぬッ!

結果    ↓↓↓

       CA3K0517_201602101741231d2.jpg 

変わんねぇ~。

再び赤らめて、当て金(アルミ)あててハンマーでぶっ叩いても、

変わらなかった・・orz

ディスク+雷鳥でカットか!?いや、ムスメが寝たばかりだから無理だな・・。

うーん。

曲がって、穴に当たる訳だから、当たる部分を削るか。何で?

そりゃ~、リューター・・・



じゃなく



手やすり。

100均の。

結果。



       CA3K0532_20160210183126561.jpg 

 こんくらい削った。

       CA3K0531_20160210183128f7a.jpg 

抜けましたよ。

でも、欠品・・・。


      CA3K0534.jpg

いつか、なんとかなるか・・。

手前の、アストロ作業イスだけど。スポンジ柔らかすぎなのと、中の板が

なんか薄い?んで座ると割れそう。(大丈夫とは思うけど・・)

あと、キャスターが付いてるんだが、ウチは勾配がついてるので、ほっとくとどっか行っちゃう。

ゴム足にしようかな。


        





 

 



  



  

丸棒

 ガンマエンジン、ネジの頭が汚ッたないので、超音波+花咲Gで洗ってみた。

       CA3K0499_20160208234738f25.jpg 

さすがに古い機械なので、発振がイマイチだ・・。

で、このあとは例のメッキ屋さんに持っていくのであった。

       CA3K0500_201602082347412a8.jpg 

でっ、例のシフトシャフトだけども。ガスケットがジャマで抜けない?んじゃガスケットを

剥がせば・・・・。っておい!ギアに当たって抜けません!ひ~。設計が今一つ残念。

       CA3K0504.jpg 
 
ケース下の、謎の穴。照らしてみると・・・・。

         CA3K0502_20160208234748319.jpg 

はい~。ここが光ってます!!ブリーザーでした!知らなかったな~。面白いわ。

        CA3K0501_20160208234750352.jpg 

インパクトでダダっとセンターナットを外し、張付きまくってるクラッチ板を外す・・・。


        CA3K0506_20160208234835656.jpg 
        

           CA3K0507_201602082348315c6.jpg
  
なんか、デカい。気のせいかな。

     CA3K0508.jpg 


クラッチASSYをおっぱずしたんで、シフトシャフトも抜ける・・・はず!

はずだ!抜けると言ってくれええ。

      CA3K0509_2016020823485664c.jpg 

すーーーー・・・・・・↓↓↓



      CA3K0510.jpg 

「ごん」⇒☆

ぬがああああああああああああ


(調べてもらったら、素晴らしい事に「欠品」の二文字が。)
 













三十

 ガンマエンジン、(オイルの)飲み過ぎはまーいーとして・・。

各部を良く確認しないとね~。

       CA3K0487_2016020523474289b.jpg 

ウォーターポンプのカバーを外して・・。(高そうなOリングが□化)

       CA3K0488_20160205234745800.jpg 
まるで建材でも作業したかのようなシリコン充填を、スクレーパで削ぐ・・・。

       CA3K0491_20160205234747743.jpg 

ぱっかーん・・・とは行かなかった。かなり手ごわかったな。

まさか?33年も一度もカバー開けてない?(そういえばボルトの胴体が異常に綺麗だった)

       CA3K0489_20160205234753cb9.jpg 

なんで合わせ面にも塗装してるんだろ?

カバーの止めネジは、ほとんどM6X30だった。2本だけ80mmとかあったけど。


       CA3K0492_20160205234750a49.jpg 

ライトで照らしてるとこ。オイルで濡れてるんですよ。なんで?昨日横倒しにしたら

てれーって漏れた?っぽいのね。穴???

       CA3K0493_201602052356058f3.jpg

なっ、、穴ですよ。穴。奥まで照らしたら、銀色のアルミ肌が。

え?・・・・もしかして、これ・・・ブリーザー??

(知ってる人いたら教えて下さい)

 

古友

 今日はハロワには行かない・・。なぜか。

それは。

     CA3K0470_20160204212335335.jpg

荷物が届く予定だったから。 ♪「エンヅン」、届きましたァ~♪

どーも「シ」と「ツ」を微妙に書く人が気になってしまう・・。

     CA3K0471_2016020421155754e.jpg

初期型RG250ガンマのエンジン。買ってしまった・・。安かった(比較的)。

どんな経歴かなんて解んない。それが野腐汚苦!

    CA3K0472_20160204211605f3e.jpg

まずぐるりと眺めたら、腹からアルカリで洗うです・・。

!?

おんや~?何やらシリンダー内が海ですな。まあサビないから良いかw

     CA3K0474_20160204211559b4e.jpg    

腹に高圧洗浄掛けたら、今度は上を洗います。

ブシャー!!!!!!!!!!!!!

     CA3K0476_20160204211829cd3.jpg 

ここ、2stパラツインはどのバイクも汚れ溜まるんだよね。

通称「お股」。下品ですみません。

     CA3K0478_20160204211830ed6.jpg

角度変えてたら、あらま、発見。

     CA3K0475_20160204211834b06.jpg

シフトシャフトがッ!!曲がってるゥ~~~~!!ひぃ~~~。

カバーはともかく、ケースから抜けるのかなー。

んー、作業中なんか手がチクチクする・・・。切粉だな、くっそ~。

(辞めた会社でフライス加工してたので。)

ちょっと一休みするべ。

     CA3K0479_20160204211838657.jpg

X10倍のルーペを、 100均のS字フック改で自立するようにした、「ルーペスタンド」。

ほんとはこういうのが良いけどね。
      
高いなこりゃ。でも今までで、長く続いた会社にはあったな~。

んで、10倍界王拳でナイフでちまちまホジってなんとか発掘に成功。

   CA3K0480_201602042118304f6.jpg

こりゃ痛い訳だ。10日ほど刺さったままだった。これでもうあの会社のヤな思いでも収束か。

戻ろう。

   CA3K0484_2016020421192904d.jpg

インテークからポート内を覗いたら・・。!?あれはッ!オイルジェット!?

なんと・・・・初期ガンマで既にやってたのか・・。で、なんでVガンマでやらんかったんだ??

メーカーでお蔵入りした構造を、喜んで作ってたのね、わしって。つくづく恥ずかしい。

気を取り直していこ。ギアオイルでも抜いとこう。

おまるを用意して・・・。

     CA3K0482_20160204211931adc.jpg

ちゃーーーー。

・・・・。あれっ?これ、オートルーブじゃね??えっ、エンジンオイル????

てことは・・・ましゃか・・・・。

     CA3K0486_20160204211933e71.jpg

はい!出ました!その量なんと

2リットル超えwwwww

でもこれね、80年代で、ロクに工具の当たった形跡のないバイクエンジン、

クラッチカバー下部の、シリコン(白)でオイル漏れ処理とか、なーんか

「ああ・・・」と思わせるトコあります。

ギアオイルの規定量は850㏄。で、エンジンオイルタンクって1200ccなんすよ。

つまり850+1200で=2050ccだよね!判明。

ものすげーエンジンの回りが重かったろうなあ~。

クラッチも切れてたんだろうか。それが原因で、コケたのかな。

・・・。

     CA3K0481_20160204211932af2.jpg

まっ、ゲームソフトよか安価で、かなり楽しめそうです。 
  

千円

 ハロワの帰り道・・。股間付近でヴ~、ヴ~、と怪しい振動が!

メールだった。

「居ます?」「ちょっと待ってね」「あいよ」的なやり取り後・・・。

現れたのは。

      PAP_0460.jpg 

デューク390。ド新車!「正義と真実の人」でおなじみ(?)の桑原茂一殿の

ヌーマスン。TL1000Sからの乗り換えでござる。

      PAP_0467.jpg 
エンジンの位置がすごい低い。低重心なのがわかる。つまり乗り易そう!!

      PAP_0466.jpg 
アヴァンギャルドな「390」の書体。良いねえ~。日本のメーカーだとこーは行かないよね。

      PAP_0464.jpg 
エキパイの取り回しがすごいなあ。ぶちゅって潰してフレーム逃げてるもん。

オレンジ時代に、フジイさんに「こんなもん、叩けばいいんだよ!」って言われ、

エキパイをハンマーでガーン!ガーン!やりだしたのを思い出した。

      PAP_0465.jpg 
ガイシャならではの造形。スイングアームのリブなんか、「裏じゃねーの?」って

思う位バッチシ入ってるのを、「魅せて」る。ここらへんがJPNとの違いだよね。

      PAP_0462.jpg 
テールレンズとかリフとか。スタンレーとかイチコーとかはやらないだろうなって

カタチ。デザイン重視、良いじゃない!光ってれば良いんだよ!(無責任発言)

          PAP_0461.jpg

ほぼ「使徒」。名前ありそう。硬いのかやーらかいのか解らないデザイン。 

いいぞ!

お互い寒い中、ウダウダと世間話して、茂一殿、ぽろろろろと家路へ。

ありがとね・・・・。

んだば(さて)。

あのカンの蓋でも開けるか!

       CA3K0447_201602021933567a4.jpg 
マイナスドライバーでぐいっとな。

       CA3K0448_20160202193358210.jpg
ぱっかーん。少し油が残ってるけど、紙ウエスで拭きとり。マジックリンで洗えばいいべ。

座る為のフタが売ってるのは、解る。しかも安価。

でも・・・・。

でも・・・・・・・。

その、1ノグっさんがぁ~~~!!もったいない~!

ので、生かすのです。

には、注ぎ口がジャマになるので、どうにかしないと。

どうする?!


こうするのじゃ。


       CA3K0454_20160202193401a62.jpg
  
ハサミやグラインダでなくて、タガネ様。で、缶詰を空ける要領です。

      CA3K0455.jpg

ねっ、後はウオポンでぐにぐにして取るッス。以外と切れるもんです。

      CA3K0457_20160202193527519.jpg

家にあったコンパネにケガキ線を書き込み・・・。

      CA3K0458_20160202193521163.jpg
超久ぶりにジグソー使った。ヘタクソだあ~。

     CA3K0459_20160202193522c81.jpg
バッチシ。

これに、ウレタン?とか表皮?とかを、張るんだけど、わざわざ買う位なら

アストロの製品を初めから買っとけば!?ってなる・・・。

んで何を張ろうかと企んでるのは・・。

     CA3K0468_20160202193530b1a.jpg

なんと本革クッションをバラして・・・・。

しかも、よく見ると、ここの。

     CA3K0469_201602021935245c0.jpg

えー!ペアスロープの革クッション(非売品)を!?こんな風に使っちゃう?!

でもね~。これ、22年モノで、カビ生やしてしまって・・・。

捨てるよかいいかな~・・・って。

カビ、除去できるのかな。