ドゥカティ徒然日記 2014年10月
FC2ブログ

実装

オーリングも入手でき、ようやくSDR-Fに実装して走行できそうです。


         CA3K0067_201410251948238f3.jpg

朝6:50に起きて、作業開始。タンク外すのメンドくさいのでって

狭いとこゴソゴソしてたら、余計面倒だあ!横着してはいけないっすね。


         CA3K0063_20141025194821801.jpg
 
なんとか・・外して・・・

            CA3K0066_20141025194823262.jpg
 
5mm長いボルトにして、オーリングにうっすらグリス塗って・・・

        

        CA3K0068_201410251948257a1.jpg
 

忘れずにバンドを締めましょう。さもないと・・・・

走行中にキャブが落ちますよ。(過去に実績あり)

んで・・・・宮ケ瀬に行ってみました。遅い時間に出発したので、

4輪のファミリーカーと一緒に走行する分には、さほど変化が感じられません。

が、山に入ってアクセルを開けたら「うおっ、なにこれ!すげえ走るじゃんww」

数値的にナンボ馬力トルクが上がったとかは解りませんが、ホントにそうでした。

       
       CA3K0069_2014102519482674a.jpg
 
SterRiseさん、お待たせしてすみませんでした。

アレ用にも作りましょう!

いつも走ってる道路だからこそ、変化が解りますねえ。「オッここで開けられるぞ?」とか。

かなり楽しい仕様になります。(かなり自己満入ってます)

        CA3K0072_2014102521321676f.jpg
 
調子コいてますが、どうやら少しガソリンが不足してるみたいなので、

キャブをいじる。MJとかじゃなくて、ハリ。

         CA3K0071_20141025213215695.jpg
 
クリップを一つ下げて、ハリの位置を上げてみた。まあなんとなく。

どうなるかな。
 
スポンサーサイト



初乗

ナンバー取って、XRモタで宮ケ瀬行くべ!イヤイヤ、しばらく雨とか用事で走ってなかった

のでSDR-Fでした。

でっ、夕方になり買い物指令がでたので、カインズまでXRモタで初公道!

した結果。

       CA3K0040_201410191723226cb.jpg
 
2km走行後ww

そこそこ走ってる個体です。

久し振りに速度警告灯なるものがピカピカとwwうへへへ

       CA3K0042_20141019172325bfe.jpg
 
マフラー変えてあって、インシュレータが丸穴になってて

CDIがなんかキタコのかな?になってて・・・・・ドノーマルでもないんだけれど


                  遅い!

つーか、回転が頭打ちになるのが早すぎ。2次減速かな。後ろ44丁だけど。

       CA3K0041_20141019172324060.jpg
 
こりゃあ・・・・・・・80cc必須だで。

あと、標準でこうだけど、前タイヤ太すぎ。なんでこうしたのかな?HONDAさん。

       CA3K0043_201410191723267c2.jpg
 
あ、ホンダ車を所有するのはこれで2台目(1stはFTR250)ですが、ホンダ車の

こうゆう所(ナンバーばたつき押え金具)が好きなんです。(だけ?)

次品

アドレスV125で、あの羽根板の効果が解ったので、今度は・・・・。

      CIMG0209_convert_20141014202659.jpg
 
セローエンジン用を作ってみた。

羽根の数5枚は同じですが、角度、捩れもV125用とは異なります。

センター穴もΦ6→Φ10へ。

ミッション車では、はたしてどのような変化があるのでしょうか。楽しみ。

硬質

使う予定は無いのですが、いちおー作って置いたスプロケットの

硬質アルマイトが上がってきまして。

      CA3K0028_20141008225729873.jpg
 
うむ、良い色合いです。 と言っても色注文しないと自然にこうなるんですけどね。

キャリパーサポートは通常アルマイト(無色)です。

     CA3K0029_20141008230219c3e.jpg

520―34丁 。ZAMで購入すると数千円でしかもカシマコート。

これは硬質のみで2000円。・・・・製品を買った方が良い。

ま~材料寝かしててももったいないし、いろんな物作って練習だ。

 

結果

アドレスV125に取り付けた、羽根インシュ。

総走行距離が500km程になったので、一旦様子を見る意味で取り外してみました。


すると・・・・


          CA3K0025_20141004223158b55.jpg
 
お分かりでしょうか。画像中央辺り、羽根の根っこにクラック入ってます。

これを、ぎゅうううと押しても割れる雰囲気は無かったのですが、実際問題として

この形状・材質は考慮する必要があります。

とりあえず500kmは大丈夫なので、安心して下さい。

そう、コイツにしてどーなったかと言うと・・・・

坂を上るようになって

ツキが向上

燃費が、なんと約49km(!)を記録。タイヤのエア圧を上げればもっと行きそう。

言っときますけど

このデータは、ほぼノーマルで、5万キロ以上走った、ノーメンテに等しいボロ

アドレスV125G(K7)にて記録したという事。

ウエイトローラーやその他を改造していると、同様のデータになる保障は

ありませんのでご了承頂きたい。



次の話題。

       CA3K0026.jpg
 
材質変更&形状変更の第二弾。

筒内を流れる流体は、外側に行くほど流速が遅くなる、とどっかで聞いたか

なんかで、あとどーせ割れるのをビビるならば、いっそ無くせば!と思い

この形。(ホントは某氏がヒントをくれた)

今回は、羽根のひねりをきつくし、根っこは太く先端は細くするといった意匠。

全く期待してなかったけど、近所のスーパーにイカ天を買いにいくと・・・

あれっ、前のよか走るじゃん!良いじゃんこれ!

えーと、材質はPCGF20なので耐久性は乏しいハズ。理想はPPSかPEEKかな。

材料、ないなあ。買うしかないねえ。

       CA3K0027.jpg
 
実装して一個無いので、あと3個。茂一さんとカイズさんに試してもらおう。




話題変わってXR50モタ。

        CIMG0175_convert_20141004222719.jpg
 
ナンバー(黄ナン)取って自賠入りました!乗った!楽し~w