ドゥカティ徒然日記 2013年02月18日
FC2ブログ

制限

毎朝寒いです。アドレスの早朝始動時のエンジン温度は「0度」付近ですね。

で、オイルを温めるのに数分かけてから乗り出すんですが、走り出しても

なかなか温度上がらず、45分間乗っても着いたときにようやく油温が

50度も行かないくらいです。

どうにかせんと、とまずはファンの入り口にガムテープを貼ってみた。

ダッサかったのと、温度変化があんましなかったので即剥がしました。

ちゃんと考えようと、書き物。


       FRP0.6


開口面積を、1/4にしたらどうか!?と考えまして(根拠無し)、

ゴミ材料(FRP0.6mm厚)でロボドリルで削りだしました。加工時間1分!

でこうなります。 ↓

       1/4のはず
 
センター部分のゴムと一緒に付けちゃいます。

これは結果が解りやすかったです。始動して数分で7度→20度まで上昇。

10分も走ると40度まで上がり、「こりゃええわ」と。

30分ほど走ると、70度くらいで固定しました。真冬の油温ですとまあ良いんじゃないかと。

       72.4
 
イタズラにしては珍しく成功したかな?
スポンサーサイト



テーマ : 地味にコツコツやってます - ジャンル : 車・バイク