ドゥカティ徒然日記 2011年06月
FC2ブログ

殴打

朝から霧雨で、どよ~んとしてますが・・・。嫁より重い腰を上げまして・・。
作業開始ッ!

その、パワーなテックを行う前に、現状把握をします。

きちんと測る為に、マグネットベースを製作。

     sus430

SUS430 t=5mmで作成。ここに・・・・・

     mitutoyo

マグネットベースを取り付けるわけだす。ピックの先端は、磁気に影響されない
ルビー製。

シャリ~っと、回したら「0.09mm」でした。いったいどうなってるんだ?
もっと小さくしたと思っていたが?

まあ、こいつで「高い所」と「低い所」が解るので、なんとなくメメタアと思う所に

     auti

ドカン!と一発!!

なんということでしょう。

     0
基準を作り・・・・・シャリ~っと回す。と・・・

     0.05
0.05mm位にはなりました。

ホントは0.01を切りたいんですが、なんか堂々巡りになりそうなんで
ココらへんでやめようかと。で、この数値でタイヤを回し、ブレーキレバーを
優しく、ゆっくりと、反応を確かめながら・・・にぎ・・・ると・・・

んん~?聞こえんな~?

あの、シャッシャッっていう、片当りの音が。

スーだけです。お、いんじゃね?もう。

数字に出ないのが気に入らないんですが、気分を変えましょう。

     @78円
ディスク取り付けボルトを新品にします。亜鉛メッキが錆びまくってるのでね。
再メッキするのも面倒なので、新品です。@78円x6本なので知れたもんです。

最後のボルトに、2.3kgf/mのトルクを「カッチン!」と掛けていたら
運送屋さんが「メール便でーす!」

     折曲厳禁

これは・・・。シモンチェリへの警告文書??
















       T魔

T MAX 50th アニバ車のカタログなのだ。

会社のベンダー使いのおぢさんのT魔をチョイ乗りして、T魔の良さを
垣間見たのでした・・・。

買えないけどね!       
スポンサーサイト



テーマ : 修理 - ジャンル : 車・バイク

力技

またマジェスティ4HCのネタで恐縮です。

以前、「良くなった」とかほざいてたワケなんですが・・・・

ここ数日、八王子まで通勤に使ってたんですよ。

したらば、やっぱりフロントブレーキが「たゆんたゆん」なのです。

「に”-」って言いながら極低速~停止時に「ガクガクガク・・」。

こりゃ~気持悪い。

アッタマ来たんで、会社でピックゲージ(0.001単位)で
しっかり測定することに。

今現在の振れは・・・・


「最大0.09mmの振れ」

でした。

それでも、ブレーキレバーをゴリゴリ押し戻す程のリアクション。

ムカつくので、パワーなテックでイワシたろうと思います。

「画像は後日!!!!」

テーマ : つぶやき - ジャンル : 車・バイク

組調

前脚がらみで何度も組みなおしている4HCマジェスティですが・・。

結果を申しますと、ブレーキディスク単体で測定した結果、

反り量は「0.03mm」程でした。それがホイールに組むと0.08に
悪化するのが納得行かないんですが・・・。

組むと反る→ホイールの座面も怪しい→お互いの凸凹を合わせると
組んだ後の反りも最小になる??!!

なあ~んて、31アイスクリームのバニラキャラメルのように甘いコトを
考えたんですよ。

取り付け座に乗せ、指先でコンコン・・・。しっかり乗っていると「コツ」。
浮いてると「カチン」なのです。
ボルトの箇所分、6箇所回してみました。

ありましたよ、一番「カチン」が少ないポイントが!!メメタア!いや、ここだァ!

・・・。
錆びてきたないボルトをトルクレンチで締めるんですが、締める順番&量を
注意深く行いました。

で、試走です・・・。

おお!「ほぼ」治った!ディ・モールト!ベネ!


レバーを握ると、ディスクから「ニ”-」と音もする。ブレンボみたいで憧れるゥ!

嬉しいその足で、コイツも交換。

      緑筒
キレイだ。 
緑の高いガソリンホースを使ったのには理由は無く、使い残しのゴミ。
もったいなくて取っておいたのだ。ホムセンの安いブツではないです。

でもこんなところにはタダのビニルチューブでいいのに・・。

サイズが無かったのよ~w

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

油蓋

先日、マジェスティ4HCのフロントフォークをモディファイ?しましたが・・・。

     ああまただ
 
手を抜いてシール交換しなかったのと、サビに食いついたのか、で
オイル漏れ。定時で帰宅し、ダッシュでフォークを取り外しました。

     モレモレ
 
拭いてしまったので、見えませんが・・。キレイなオイルが漏れてます。

     あれ?
 
買い置きのオイルシールがあったので(SDRと同じ部品なのだ)、
漏れ出してもあわてないのであるが。んん?良く見ると仕様が違うですね。

そう。リップがスプリングで更に押さえ込まれるようになってるんです。
確かに、このタイプは比較的耐久性があるようです。

     シリコンG
 
ワコーズのシリコングリスを、内側にびっちり詰めます。意味あるんかな・・。

     サランラップ
 
インナーチューブにサランラップを被せて、シールをゆっくりと・・・
挿入します・・・・。
なぜ?サランラップ?インナーチューブ上部にはサビによる侵食があるのです。
サビによる凸はペーパーで削りましたが、凹のエッジでゴムが切れてしまうのを
防ぐ為です。

    ふう
 
うまいことハマりましたね。よかった。

     塩ビ管
 
専用工具:オイルシールプッシャーなんてのは持ってないのです。

家の前で2分くらい考えて、近所のホムセンで塩ビ管58円を購入。
ノコで3つに割って、タイラップで押さえて、簡易工具完成。

上から当て板を当てながら、プラハンで叩くとイイカンジでシールが
打ち込まれて行きます!ディ・モールト!!ベネ!!ビンボ工具!

ちなみに、家族が太鼓の練習に行ってるウチにリビングで作業しました。







テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

次々

路肩を走った時に、「踏んだな」と思ったんですよ・・・。


    CS
あいや~。コーススレッド踏んじゃった。ちなみにV125.・・。

    バルカー
 
ま、塞げばいいわけで。でも2500kmしか走ってないタイヤで
パンクは面白くないな。
さらに、ゴムのりが蒸発してて全然少ない!ヤッベ。めめずも一本・・。

    あ~
 虎の子のめめずでどうにか施工。いやだね、こういうの。
漏れなきゃ良いんだけど。なんかね。

んで・・・・。

    SX01F
 
勢いそのままで今度は、マジェスティのタイヤ交換だ。
ええのう、ピチピチのタイヤ・・。ダンロップSX-01です。

ビッグスクーターのタイヤ交換は初めてですが、
NSR50やKSR・YSR等の12インチとも違った手強さでした。
それでもフロントはさっさと終了。いいね!トレッドが丸くて!
古いのは角タイヤと化していたw

      xs01r
さ~メンドくさいリアをおっぱじめるか・・・。

      レバー1
まんず、レバーを差込み。もう一本で少~しづつビードを
落としていきます。欲張ってはいけません。このくらいづつ、ゆっくり・・。

      レバー2
無事にビードは落ちたので、オモテに出しちゃいます。
この時も、欲張らずに少しづつがキホン。ああ、リムプロテクターは
わし使わんのですよ。持ってるけど。邪魔なんですよね~。

      レバー3
ぺろん。3.5インチ幅で小径だから、軽トラのようだw

      合体     
ダンロップSX-01なんですが・・。こいつが・・・。

      ハメ後
 
オワタ画像ですんません。けっこうメンドでした。

ホイールに片側のビードを入れちゃうのはあっちゅーまに
出来たんですがね~・・。
反対のビードが乗っかっちゃってホイールに入れ込むのを
邪魔してしまうのです。・・・・意味解んないです?

ん~と・・・。

まッ、ビグスク専用タイヤなので、他の荷比べて堅くて難しかった、と。

      DEEN刀
途中でお昼(インスタントのちゃんぽん:愛媛製)を頂き、コイツで
組みます。DEENのトルクレンチ。長。まるでカタナだ。
4kgf/m~20kgf/mまでおk。
・・・長すぎて茶タンスに入らないのがイカン。

      DEEN刀2
リアブレーキをパーキングにして・・13kgf/mにセッティング。
クヌヤル~!っと締めます。カッチン!ふう・・。

      オワリ
終わった・・。タイヤが新品ていいね~。
あとは、走る前にアセトンでトレッド面を拭いて、
Mr-グリップマンで溶かせばOKだな。

??上の画像左。エアクリーナBOXの排水TUBEがキタナイ!
またビニールチューブ買ってきて交換だな・・。   




テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

細野

これっ!聴くと元気になれるのはわしだけ?

 

メドレー型式で全部は聴けないけど、雰囲気だけでもどうぞ。


テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

溝堀

中古車のキャリパー。



メンテナンスすると、まずシール溝がごそごそになってますね。
     
 
       2pod2

画像はSDRの2PODキャリパーですが、ま~ヒドイです。
つか、このくらいならまだ良い方か・・。

でっ、こないだも4HCのキャリパーを掃除した訳ですが・・
溝の掃除に使っているものはコレ。

       ベリリウム
 
厚さ 0.3mmのベリリウムカッパーで作った・・・コリコリツール。
良いネーミングが思い浮かばない。

手前味噌だが、これがまたすごく気持ちよく溝クソが取れるのだ!
しなやかだが堅く。スラッジをバリバリ落とす。しかし、シール溝にはキズを
付けない。いいですよ!これ!

ベリリウム合金とはいえ、銅合金なので研ぎや加工も出来ます。

こんなに気持のいいものなので・・・


       63・90
 
量産型を作ったです。90度、45度、63度。
プレスで打ち抜きではなく、ワイヤーカットで切り出していますので
ダレ面がありません。全てがエッジです。

オクに出そうかな・・。

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

見当

無事にフロントフォークも組み立て、バイクに組んだ・・・。

     どうでしょ
フォーク組み立て中は、オイルでべっちょりなので画像は撮れず。
油面を5mm上げて、オイルにはナスカルブを10%混入。圧側オリフィスを
75%にしましたよ。

10m程走行。

動きは断然OK!!良いじゃん。

ブレーキデイスクのワウ(円周上の振れ)は、0.08mmでした。
マニュアル上では0.15ですので、半分ほどの振れということになります。

それであんなにボヨンボヨンピッチングするのか??

いやあ~、違うべ??

フォーク先端をむぎゅと掴み、前後にうがああああと揺らしてみたが
良く解らなかった。

うーん・・・

ハンドルを前後に押してみた。

「コクッ」

オメエかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

       さらにハガス
「オメエ」とは・・・

       スロット
画像中央よりやや下のひっくり返ったお皿の上にあるもの。
スロッテッドナットですが、バイクの命ともいえる部位。
ここの味付けは実に重要です。
中のベアリングが終わると、これがホントに気持ち悪いバイクに
なってしまうのです。

      締め
以前自作した、フックレンチで今の塩梅を確認すると・・



ゆるい~w

走行は3万キロ程ですが、ま、ガタが出ただけでしょう。
出ない固体もあるかも知れませんが・・。

本当ならば、分解してテーパーローラベアリングにでもしたいくらいです。

      締める
ハマリ具合は、市販のフックレンチなんか目じゃないですな!
ガチっと食いつきますよ!(自画自賛)しかし狭い・・・。

一度ズガっと締めて(2.8kg/m)1/4緩める、とマニュアルにありますが
緩める量は自分の好みで調整します。

それよか5センチ位上にある、トップナットの締め付けトルクが13kg/mって!
締め付け力もいいけど車体構造でなんとかできなかったのか!?

とりあえず、ガタは無くなったようです。
少しづつ、調子を取り戻していきます。(予算的な問題) 
   

 

テーマ : メンテナンス&ケア - ジャンル : 車・バイク

盲栓

マジェスティ4HC、フロントの感じが相当頼りない印象でしたが・・。

どーせ新車からヤッテないだろうと、状況確認も含め分解整備します。

      浮き足
 
外装の取り外しは、面倒ではありますが現行車に比べればマシなようです。
それにしても、スクーター全般に言えますがこの前脚構造。わし的には
納得いかないのですが、どうなんでしょうか。

インナーチューブの上端のみクランプするとゆー・・。しかもアメリカンか!?と
思うキャスター角。

大丈夫だから商品として成り立っているのでしょーけどね。
こんな重たい車体をコレだけってなんかそのさー。なんでオートバイみたく

なぜ上下クランプではないのか?スペース的な問題?
ま、いいか。

       17HEX
 
クランプボルトを緩めたら(上だけ。コイツはほとんど締まっていなかった!)
17mmのHEXでキャップを緩めます。ここではファコムのファストアクションが
威力を発揮!なぜかと言うと、狭いんです・・。

       つっかえ
えっと、クランプの上側。フランジというか、フォークが突き抜けないように
抜け止めの出っ張りがあります。(こんな加工するってのはやっぱり
不安があるからではないのか?!)トップキャップでクランプと
インナーチューブを挟み込む構造です。プリロードはかなり甘いです。

      汚油
中のオイルももちろん廃棄するんですが、容量と状態確認の為にビーカに入れます。
マニュアルどうりの容量でしたが・・・・真っ黒!シャバシャバ!こりゃ、整備しがいが
あるってもんです?

      準備
SDRと同じだべ~と思いながらインパクトで、ボトムボルトを外し、インナーチューブを
引っこ抜こうとしたら、抜けません!?なにィ!?こいつ、スライドメタル付いてる!!

ちょっと驚いて「だよな」と感心しながらスコンスコンと上下させて抜きます。
上の画像まで分解。
中央のピストンンにイタズラします。

      ピストンASSY
頭の19HEXはSDRと同じで助かりました。ピストンリングは今回は交換
しません。

中から真っ黒なスラッジが大量に出てきました!
バネやらなにやらが磨耗したんですね~。ナスカルブを添加しよう。

      φ5.5X4個
φ5.5の穴が4箇所明いています。圧縮減衰側用の穴。
  下側の穴はなんだろ?オイルロックピースの中になるんですけど。

この穴を・・・


     埋める
4箇所のうち、1箇所(1/4、25%)をアルミで作ったリベットで
埋めてしまいます。

セロSDRのフォークにも同様の加工をしています。
その時は圧側の減衰速度の調整に効果があったので、マジェにも
イッてみよう!とゆー訳です。

ま、気休めかもしれませんけど。
 





テーマ : DIY日記 - ジャンル : 車・バイク

整頓

先日購入した、茶タンス。

ただ入れっぱなしだと、せっかく大きいのにしたのに生かせない!です。

そこで、前からやりたかったコト・・・。

      サラ
 
ここには、出動回数の多いソケット軍団を待機させます。

      きいろ
 
まずは、黄色い座布団を敷いて・・・

      al2.0
 
アルミ(5052t=2.0)を、500x200に切ってきた(仕事場のゴミ)。
青いのはキズ防止のビニール。元から貼ってあるのです。

     マーキング
 
使い勝手を考えながら、配置&取り付け穴をマーキングします。
結構テキトーです。

     DRILL
 
センタポンチで位置決め。ヤッパリテキトー。φ4で下穴。後でφ5.0で仕上げます。

     br
 
全長を詰めたブラインドリベット(4.8)でカシメます。
短くしすぎた・・。

     カシメ
 
このように、バッツンバッツン手で打っていく訳で・・。
エアリベッター欲しくなった。(出番は相当少ないと思われるガ)

    おお
 
おお・・整頓された・・。わしの工具箱とは思えないw
キレイだなあ~。いつまで持つのか、この状態。

    管理
 
思いついて、書いちゃったりして。こうすりゃいくらアフォなわしでも
マジメに仕舞うだろう・・。

ふむ。1/2のコマが足らないの気づいた。コマだけ売ってたっけ?




テーマ : シロートのガレージ - ジャンル : 車・バイク