ドゥカティ徒然日記 一品モノ

適当

普段から毎日・・・1/1000mmとかの仕事をしとるとですね・・・。

帰宅後のバイクやっつけなんかはこーなるんです。

     CA3K0312.jpg 

以前の職場のゴミ箱から貰ってきた、アルミアングル材。

3mm厚 30x30で1.5mを二本。これでもハンパ物でいっぱい

捨てるんですからモタイナイ。クレ!OK!ヤタ!イタダキマス!

490mmの長さでギコギコ。サンドヴィック万歳。

    CA3K0313_20160728204550175.jpg 

2mm厚 28x28のチャンネルも貰ってきてある。足にします。

晩御飯も食べないで何しとんのか?というとですな・・・。

    CA3K0314_20160728204548967.jpg 

あてがってるだけですけど、測定ジグ(ジグと言うにはかなりその)です。

ベアリングの位置とかスプロケットの位置を、ソコソコのレベルで測れると

思います。


 
スポンサーサイト

皮鋤

 嫁「この包丁、捨てといて」
わし「へーい」

と、受け取ったその包丁は穴あきタイプ。

切れない&サビでお役御免となり候。(サビは花咲Gで、切れ味は研げば・・と思うがそこは)

         CA3K0535.jpg 
   
ガムテープでくるんで捨てるべ。

とは!ならんかったのだ。

グリップを握った時、またもやムダな発想がひらめき~の。

         CA3K0536.jpg   
このグリップ、なんか良いよな・・もったいないなあ。

よす。

     CA3K0538_20160211221300b9a.jpg

スクレーパに作り替えよう!そうしよう!!

        CA3K0539_201602112212561be.jpg


ディスクグラインダーに、雷鳥0.8を装着し、カット。数分も掛らない位。

ちょっとズッコケたのが残念すぎる。

      CA3K0540_2016021122130365d.jpg

んもう~ググっても出てこないよこれ。ツインサー。

材質は・・・ハイカーボン・ハイクローム・モリブデン・バナジウム・・・

のSUS440(熱処理済)だそうです。

      CA3K0542_201602112215062ad.jpg

砥石で研いだ。KTCのよか良いかもな・・・。

ゴミなハズだったのが、わし的には素敵なツールとなってくれました。

リサイクルとは言わないね、リ・ユースか。
           

    

特工

先日、StarRiseさんとクランクベアリングの話しになって、「そういえば・・」

とその場で探したけどちょっと見当たらず。

んで今日めっけたのでお見せしましょう~。

     CA3K0863_20150906211610e96.jpg
 
SDR(2スト)の、クランクベアリングを抜くツール。

もちろん自作ですが、作ったのは必要に迫られてです・・。2003年だっけか。

フツーに売ってる、クサビ型のベアリング・ギアプーラーでも

全く歯が立たないほど、手強かったからなのです。

ヤグラも手製。(7075製)

      CA3K0864_20150906211616d24.jpg

ベアリングを側面でガッチリ押さえてしまう方式。コレは効きました。

「ググッ」と動いた時の感動は忘れられません。

お次。 

       CA3K0865_201509062116212da.jpg
 
こりゃ何だ?

これはですね~、ドゥカティのカムプーリを締めたり緩めたりするツール。

2002年製作。

       CA3K0866_20150906211626615.jpg

こうやって使うんです。二本のピンでプーリを止めといて、中のクラウンナットを

回すのです。

そのナットてのが、1個850円もしたんだっけな~。今ナンボだろ。

こういった、特殊工具を気軽に造れていた頃が懐かしい。

いや、過去の事にしたくはないので、またどうにかしたいと思います。





内職

こないだ買ったブラストガンですけどね。

      CA3K0522.jpg
 
その他に、100均で部材を調達します。
ポット(円筒が良い)
軍足
ろうと(小さめでポットとサイズが近いのが良い)

他に、

スーパーX
ブラスト用ノズル(たまたまあったから)
適当なホース

あと、工具ですねえ。安物で良いのでホールソーがあると便利。

        CA3K0523.jpg
 
 
ノズルが大体この辺に・・のトコで明ける孔の大きさを決めます。

        CA3K0525.jpg
 
ステップのストロークを考慮して、位置を決めます。

       CA3K0526.jpg
 

スチロール樹脂なので、あっさり空きます。ただ独特の臭いが・・・。

PPで円筒が無かったので、コレですけど透明なのはいいかも。でも割れやすそう。

           CA3K0524.jpg
 

サンドブラストに付属のノズル(だけ買っても安価)を、

件のゴムノズルにフェードイン。偶然にもピッタンコ。隙間を埋めるために

スーパーXを使います。シリコンシーラントの方がコスパ良いです。

      CA3K0527.jpg
 
ポットの底を、最大径のホールソーでヌきます。下穴は予め開けといた方が

良いと思います。

      CA3K0529.jpg
 
ここに軍足。二重にします。ってまだ出番はまだ後。

      CA3K0528.jpg
 
こんな感じで付くのですが・・・・ 

      CA3K0530.jpg
 

うっかり勇んじゃって、ろうとをホットメルトで付けてしまった。

これは、ゴムノズルを固めてからやるべき。

このポットと、ろうと。口径がピッタリすぎて、楽に組めなかったのです。

で、ブチ抜いた底のふちを、ライターで炙って柔らかくし、少し外径を

小さくしてろうとに差し込めるようにしました。

      CA3K0531_2015062821174664f.jpg
 
でっ、次は!液体ゴムの出番。コレで・・・・

       CA3K0532.jpg
 
差し込んだ内側に、盛るです。抜け止めですね。反対側、ろうと付けちゃったから

やりづらいこと・・・。

って、今日はここまで。

接着剤が固まるのを待たなきゃいかん。

仕込みは平日に済ませとけよ~、と誰かが言ってる。

もうお解りでしょうが、これ。「ステップブラスター」を作ってるんです。

いつも(前職)なら、ワンオフパーツが出てきそうなもんですが、

今はタダのじじいなので、誰でも作れる仕様を考えました。

(あっ、自宅にコンプレッサがあるとゆー前提でした・・。)
(更にアストロが近辺に・・・とか・・・)


  

十七

残り時間が少ないと見るや、思いついては作り出す始末。


       CA3K0127_20150320225016f89.jpg

17X10の、メガネレンチ。 YH75で作製。

       CA3K0128_20150320225018317.jpg

キャブのドレンに使おうかなって思って作りました。

アルマイトしたいけど、さすがに時間無いかなあ~。