ドゥカティ徒然日記 ウエット(泥)ブラスト自作

打直

嫁に留守番&洗濯&子守を言いつけられましたので・・。

宮ケ瀬に行けないです。

    CA3K0610_201610012324209c8.jpg 

なので先日作った、チタンのマイナスネジを手でくるくる持ってる朝。

しかし、何かしらしたいな。よす。ならばアレだべ!

    CA3K0613_20161001232415387.jpg 

泥ブラストのメディア交換。掻き出しました。

    CA3K0611_20161001232419ce5.jpg 

泥回収~。すんごい細かいから、ほんと詰まる訳です。 

んでこちらは・・・

    CA3K0612_20161001232418d24.jpg 

アストロの#120ガラスビーズ。白いですね。

さらに今回は。

    CA3K0614_20161001232413816.jpg  

じゅうそうも混ぜてみる。アルカリだから、アルミが光るかも?なんて。

    CA3K0615_20161001232458b95.jpg 

投入。水も結構入れたよ。混ぜる混ぜる。

で、ガンマキャブを打ってみると・・・・。

    CA3K0617_20161001232455764.jpg   

うん、こんなもんだべ。本物みたいに綺麗にはならないけど、

腐ってるのが光るんだから、まあいいべな。
 
     CA3K0616_20161001232456ab8.jpg    

ね。そこそこ。

だがしかし。綺麗になったからこそ分かる事実が判明。

     CA3K0619_2016100123245735a.jpg 

前と後ろ。色違うでしょう?本体はアルミキャストですが、

親指側の部品は、亜鉛合金と思われます。なんで?

さあてと・・ムスメは寝てしまったのでマイナスネジの

有効活用でもするかね。
 
    CA3K0620_20161001232544c3b.jpg  

もとは再メッキしたM6キャップネジを・・・

    CA3K0621_20161001232543ec8.jpg   

チタンマイナスに変更。


  
  
 
スポンサーサイト

横吸

さて・・・ブラストに塩ビ管繋ぐべ。

   CA3K0560_20160924182240f02.jpg 

これは開けた横穴から水と泥を吸いこみ、後ろから大気圧のアシストを

受けるとゆー・・。

結果ですけど、これは良く水は出ました。

「水は」というのは、泥がですね・・すぐ下に溜まっちゃって

水のみになっちゃうんです。

んじゃ次の仕様を試す。

   CA3K0562_20160924182237436.jpg 

大気圧ナシで。→ 結果的には、サイフォン式にしては結構吸いますね。

ただ、やはり泥がすぐ沈殿してしまうので、加工力が持続しません。

   CA3K0561_20160924182242822.jpg  

これも、大したことないハズなのに、まともに出来なかった。

ポンプの羽の摩耗もアレだし(これは買換えれば良)、泥の沈殿が問題。

結論としては、「泥の撹拌」を解決しなくてはならない、とゆーことですね。

ああ、このメデイア(#200)だと細かすぎるみたいなので、#120にしてみよう。
 

泥吸

連休らしいが、弊社は祝日は無いのでした。

で、だり~と思いながら、泥ブラストの事を考えてた。

箱の、泥の吸出しが芳しくないのだ。

現状はこう。

     DB1 
ただ、排水口にポンプをつないだだけ。これがイクナイ。

すっぐ詰まって話にならない。しかもホース内でカッチカチになる。

八王子で行っていたのは、ポンプを箱内に放り込んで、普通に

吸い込ませていたので、詰まることは無かった。

それを思い出し・・・横吸い方式ではイケルでね~べか?と。

塩ビもろもろ購入。 

     CA3K0556_20160919195036d25.jpg 

真鍮タケノコが一番高い(370円)。樹脂の無いの?

全部で580円位か。

これを・・。

     CA3K0557_201609191950379d0.jpg 

こうか?単純に吸い込みが横。これを箱内に放り込む。

んで、もう一つ考えたのが・・。

     CA3K0558_20160919195033342.jpg 

ラインに穴開けて横吸い。
バーナーで曲げた方は、大気解放。(吸ってるから解放じゃないな・・)

     CA3K0559_20160919195031431.jpg  

晩飯食べた後に、雨ザーザーうるさい小屋のなかで工作。

塩ビは加工しやすくて良い。失敗しても数十円だしな・・・。

うまい棒食ったと思えば・・。

さて、これは泥をいっぱい吐き出してくれるのだろうか??

 
 

泥箱

ボルティのノーマルキャリパー。程よい腐れ具合です。
 
アルマイトされてないアルミは、水分大好きなフルードのおかげで

錆びる錆びる。

ブレンボは、多分?だけど塗装より安価なアルマイトを選んだおかげで

サビにくいのかね~。

    CA3K0535_20160910193039442.jpg 

ムカシ作ったコリコリツール(ベリリウム製)でコリコリ・・・。

あ~ウエットブラストで一気にやりたい。

おっ、そういやウチあるじゃん。それっぽいのが。

ちょっと組みなおして動かしてみるか・・・。

     CA3K0536_20160910193039353.jpg 

そこらへんにあった、7N01パイプで試し打ち。

いんじゃね?

んじゃキャブのフロートチャンバでも行ってみようか。

    CA3K0537.jpg 

ささっと粗取り・・。イケルか。

・・・・・と思ってたらどんどんエアが下がっていく・・。

どうしたイワタコルト

完全に活動を停止した。

こゆのはプロにマカセナサイ!という事かな?

兎に角、明日見るか・・。も~。

 

粘土

 部品の洗浄には、ブラストが良いのはトーゼンなんだけど・・。

かつて八王子の仕事場に持ち込んでいた「泥ブラスト」は、今は

家のガレージっぽいトコに置いてある状態。で、カインズ風呂ポンプを改造した物が

壊れたので使えないのでした。

いい加減使いたくなったので、何とか、通常入手しやすいモノで修理しなければ。

で、行ったのがこれだ!


     CA3K0938_201604142056200c5.jpg  

真鍮のタケノコ(φ18)を、エポキシパテでがっつり。絶対水、漏れそうだ。

上からメデイアと水を吸い込み、手前のクチから排出。

最近知ったんだけど、コイツのパワフリャバージョンも売ってる。

能書きを読むと、トランスからの出力が、8V⇒12Vになってる。くみ上げ水量が

かなり多くなってるんだよね。よさそうだ。んだが、値段・・・。2980円・・orz

モーターは変わってないのかなあ。単に電圧だけなら、考えてみよう。


           ←カインズのと全く同じ商品です。