ドゥカティ徒然日記 ボルティ+ガンマ

下骨

御盆休み。今年はひどい。雨続き、就活・・。なんとかもぐりこめたが、

はやり目でまぶしくて目が見えない。もうすぐ治るけど。

そんな今でも!出来る事はやっとこう!

     CA3K1061_2017081421563714b.jpg 

ガンマフレームから部材を切り出す。

     CA3K1062_20170814215641f35.jpg 

幅は49mm。

ダウンチューブの補強に使うのです。

手ノコで切りだした部品を仮止め。ライン的におかしくないと思われ・・。

     CA3K1064.jpg 

右はまだしも左が美しくない。

     CA3K1063_20170814215643582.jpg  

オフセットしてるカタチになってしまったから。

そんでエブリィに積み込むのですた。

     CA3K1065_2017081421564521a.jpg 

向かった先は、横浜の師匠。
     
246は空いてるかと思ったけど、意外と交通量多かった。

着いてすぐ作業開始。

      CA3K0002_20170814215234a52.jpg 

クランクケースが付いた状態で点付け。

その後、ケースを下してダウンチューブ単体にし・・本溶接開始。

     CA3K1066.jpg 

鋳物と展伸材の溶接なので、開先を深めに取り、捨てビードを鋳物方向に多く

付けるやり方にします。(全くの自己流です)

     CA3K0008_201708142152369dc.jpg 

隅肉は、盛りたい所ですがあんまし盛ると引っ張られるのでここらへんで

ガマンします。
    
      CA3K0010_201708142152410be.jpg

この段はいくないなあ。

理想は三角プレートを貼りたかったけど、7N01の厚肉が無かったので

ひとまずは、で盛りました。

    CA3K0011_20170814215245239.jpg 

ボルティの車体側。

まあ安い車体なので、色んなところが適当。

CA3K0014_20170814215307801.jpg  CA3K0015_20170814215309b23.jpg 

この二か所のパイプですが、ラインでの溶接ですでに曲がってました。

座面が傾いた状態だったので、面の平行を出しました。

     CA3K0016_20170814215310dbf.jpg 

なんかバイクらしくなってきたぞ~ 。なんか後ろが低いような気がする・・。

      CA3K0017_201708142153111a9.jpg 

いいねえ自画自賛。仕上がりや理論は置いといてくだされ!

      CA3K0018_201708142153122e0.jpg 

切り出した部材はここに貼りつけた。結果、かなりガッチリした。

     CA3K0019_2017081421534998b.jpg 

段は、三回盛り付けて、こんくらいに。まあ~、良いんじゃないかな。

これら部材を溶接した結果。

     CA3K0020_20170814215351b5e.jpg 

ねっ、ガンマのサイドスタンドが使えるようになったですよ。

鍛造スチールのガッチリして重いやつ。シュっとしててカッコいい。重いけど。

 これでやっと、ボルティのスタンドを切断できます。
 
     CA3K0021_20170814215352b1d.jpg 

最初、手ノコでギコギコ・・・してたけどらちがあかないので、雷鳥0.8で。

一気に。全部は、刃長が足らなくて届かなかった。でも少しなので、残りは手ノコで。

     CA3K0022_2017081421535449c.jpg 

たまらずケースを載せてみる。何度も載せてるけど、しっかりした気がする。

 うう、なんか載せたくなってきた。

     CA3K0030_20170814215421ee4.jpg 

ゴミシリンダーを・・ぽんと・・。排気デバイスが邪魔だ。

     CA3K0031_201708142154235de.jpg 

なのでデバイス有のヘッドは乗らないっす。

エンジンの位置が決まったので、スプロケットの位置も確認。OK!!!

近所迷惑なのは、重々承知。すみません!!ごめんなさい!!!!

でもーやらせてください~。

     CA3K0033_201708142154255b4.jpg 

530スプロケットをディスクで削って、520化。

手持ちなので、すっごく熱い。

1/37程削って、雨降ってきたので終了。あーここまでしかできなかった。

休みはアホほどあったのになあ。使い方ヘタすぎ(そんな場合じゃないでしょ)。

  
スポンサーサイト

白銅

今朝も早くから宮ケ瀬に行くと、ゲートが開くや否や

こういう人達が、何やら撮影しだした。

      CA3K0766.jpg 

髙そうなフィギュいや、彼女さん?ですな?

壊さないようにしてくださいね・・。

とかしてると、なんか集まった。

    CA3K0767_201706112204436fb.jpg
 
350F3とCBに挟まれているのは、騒音測られたらアウツぽいバイク。

インターステイツは、別な人。(もう一台来るという、宮ケ瀬オーパーツ状態)

 このメンツはなんか久しぶりというか・・。

暑くなる前に来て、背中が暑くなってきたら帰る!みたいな感じです。

今日は4輪が賑わってましたねえ。デロリアンも来てました。

必ず何かの車種祭りがあるし、イギリス車、フランス、その他珍しい貴重な

クルマが普通に走ってきます。

しかしこれが通常の日曜宮ケ瀬なんですから、異様なPだと思います。

帰り際にすれ違ったジネッタ。良い音だった!

帰ったら家事をしーので午後・・部材を磨きだすオサン。

     CA3K0770_20170611220435b8b.jpg 

#400でいきなりネバダルでコスったって知れたもん。

光るだけですが、まあいがんべ!どうせ、できたら黒にするんだすけな!

     CA3K0773_2017061122043784c.jpg 

手作業で作ったモノは、手に持っていたくなる。

 

部材

ここんところ、毎日というか毎週というか続けている、部品。

    CA3K0743_201706102119188dd.jpg

ボルティのフレームとガンマのダウンチューブを繋ぐ部材が、

できつつある。

    CA3K0749_20170610211923fdb.jpg 

ノコで切った面を仕上げる為、ヤスリを新品にした。

出来れば~、ブライト900とかー、使いたいんですけど!

    1245070754_300x215.jpg 

高価だしね。100均ヤスリの15倍の速度で切れるのかというと、

そうでも、ない、しね。

    CA3K0745.jpg 

右は、もう仕上げちゃってOKなので、連日ゴシゴシ頑張った。

    CA3K0746_201706102119288d1.jpg 

帰宅後、小屋でゴスゴスゴス・・・ 

    CA3K0748_201706102119242fa.jpg 

合わせ部分も、ちょっと直したり・・。

    CA3K0751_20170610212321f3b.jpg 

金曜夕方には、なんとか干渉せずに取付けすることが出来るようになった。

     CA3K0750_20170610212320af6.jpg 

干渉はしていないが、ちょっとスキマ(0.5mmほど)が出来ちゃったりして。

     CA3K0752_20170610212323a26.jpg 

ともかく、なんか進んだっぽいので乾杯の儀。

     CA3K0753_20170610212324a6f.jpg 

おめでたいので宮ケ瀬?暑いぜ~8時だぜ~まだ~。


starriseさん(左のRS100D)なんか実にサワヤカな出で立ちでしたが

「トンネルは寒かったけど今暑い!」と。

      CA3K0754_20170610212324542.jpg 

新型CBR250RRもカッコいいねえ。奥のVFも良いね~。

お話しも少々、早く変えらなくてはならんかったので、帰宅。

お留守番の指令でしたが、家にただいるのもアレなので中古工具屋行ったり

アプガレ行ったり・・。←珍しく74ダイジロがあった。10万。

夕方また作業開始。

    CA3K0760_20170610212403c70.jpg  

ノコの切断面はこんなんでしたが・・・・
  
    CA3K0764_20170610212405336.jpg  

ヤスリ→ドライペーパー#240→#400→石鹸水洗い

で、こんな感じ。

ネバーダルで光らせた方が、TIGで付けやすいのかなあ。





 

     

観念

ボルティ+ガンマの真骨頂とも言える、フレーム合体に必要な部品。

    CA3K0721_201706042053449ed.jpg 

これを、機械加工で切り出そうと思ってたんですが、都合不可能に。

マネーパワーさえあれば、通勤ルートに加工屋はあったりしますが

それも無いので、もう「手」で切るしかありません。

    CA3K0723_201706042053463db.jpg 

CAD図は1/1スケールなので、φ10の孔にボルトを差し込んで

両面テープで貼り付けます。で、形状の輪郭にそってケガキ線を書き込むと。

仕事中に色々あったりして、メンタル的にアレな日々が続きその度に

     CA3K0716_20170604205350c4f.jpg 

とか考えてやり過ごすようにしていたり・・・。

休み時間には、ボルガンマが完成した状態を妄想して過ごしたり。

とかとか、でなんとか部品製作のモチベーをアゲようと。

お出かけして気分転換!

    CA3K0728_20170604205353378.jpg 

某ジャンクヤードの、裏。ST250の残骸。うーむ、シートサブフレームが

欲しかったんだが、むしられてる。くそう。

    CA3K0727_201706042053540b1.jpg 

せめてこのグラトラのループだけでも、切って入手したい所・・だがムリだべな。

出来るコトを進めるしかない。

    CA3K0734_20170604210423a18.jpg 

板厚15mmのアルミ5083(5000系でつおい奴)を、弓鋸で切るのだ。

こうやって。

    CA3K0735_201706042104214b8.jpg 

ぎーこぎーこ・・・。このあたりは、ノコ付属の青い歯で切ってる。

が。    

流石に鉄とかも切って使い込んだ歯だし、切粉も心無しか少ないようだ。

交換しようそうしよう。(近所のユニハードに行く)

    CA3K0738_20170604210424546.jpg 

オレンジ歯を買って来た。さすが新品。バリバリ切れる。

とは言っても15厚なので、加工速度は3mm/min位かな。(中古青の3倍) 

    CA3K0737_2017060421042886c.jpg 

二つになった時は感動した。

     「なんとかなりそうだ」
    cel-l-do1.jpg 

機械加工ばかり長くやっていたせいで、中・高校時代のフロンティアスピリッツを

すっかり忘れていた。あの頃はなんでも手作業だった。(当然だが・・)

ちなみに、このバーコの弓鋸。前上に出っ張りがあってですな。

     CA3K0740_2017060421160781f.jpg 

ここに・・

     CA3K0741_20170604211605667.jpg 

親指が掛っていーいあんばいで押し引きが出来るんですわ。

コスパも良いし、おすすめアイテムです。

     CA3K0739_201706042116010d5.jpg 

と、いい加減ギーコギーコ続けて、夕方になった頃・・・。

     CA3K0742_201706042116050b2.jpg 

ついに「部品」に。なった。気がする。

側面の仕上げに相当時間掛りそうだけれども。



出門

ボルティフレームには、ボルトオンのようでそうじゃない

グラトラシートを取り付けるようにする訳ですが・・。

数か所にゴムダンパを乗っける部品を付ける必要があります。

それを、シートレールに出来れば溶接したいのですが、わしは溶接機を

持っていないので「この位の部品ならロウ付けでもいけるっしょ」と

淡い期待を込めて、手仕上げ致します。

まずノコで粗きりして、

   CA3K0697_201705282316219d6.jpg 

半丸ヤスリでひたすら合わせていきます。

   CA3K0698_201705282331074d7.jpg 

ここまで削ると・・・
   CA3K0700_20170528231415ce1.jpg 

いつかはこのようにパイプに沿うようになってくれますので・・

   CA3K0702_20170528233217133.jpg 

あとは、表面のジンコートを剥がして、フラックスを塗布すれば

ロウ付けの準備ができる、という算段。

で、そのジンコートの剥がしは・・・

   CA3K0704_201705282313407f0.jpg 

酸の池にどぼん。すぐに泡がシュワシュワ~、と出てきます。

    CA3K0705_20170528231611334.jpg 

数分もすればジンコートは溶けて無くなっちゃいます。

端っこだけ、綺麗なSPCCになりました。

    CA3K0706_201705282316057f4.jpg 

シートレールに乗っけてみます。

    CA3K0707_201705282316143fa.jpg 

うん・・。

    CA3K0710_20170528231620a58.jpg 

良いと思う。フラックスもチョロチョロと塗りまして・・・。

早速バーナーオン!シュゴォォォォ。

・・・・・。

ぬぬ??

     CA3K0713_2017052823162548a.jpg 

こっ、これはいったい・・。

     CA3K0715_20170528231631d05.jpg 

どうして、こんなにヘタクソなのか。

     CA3K0714_20170528231628036.jpg 

もう何もかも嫌になって投げ出したくなる気分でございます。

これはリカバリできるのかなあ。

ちなみに、これはこのままじゃなくって、付いたら真ん中は切断

する予定なのでする。