ドゥカティ徒然日記 ボルティ+ガンマ
FC2ブログ

不見

17日は、大磯。相変わらずお金持たずに行く。

そして夜が明けると、いろんなものが見えてくるんですけど。

このバイク。知ってる人は知ってる。

     CA3K0134_2019021921583760f.jpg 

TZR250Rではあるけど、YUZOがいじったバイクで、コンプリートではかなり

高価であった。

まあ、拝んでおこう。 ありがたやありがたや。

そして・・バンの中にあった、何やら怪しい・・・

    CA3K0135_201902192158409c2.jpg 

RGV250ガンマ(VJ21)。聞くと4万円。うわあ欲しい。
するとおじさん、「これ、盗難されたヤツでさ。出てきたらこれだったんだ。
買ってって~!奥のKTM250(空冷)の他にも水冷の300もあるよ~!」だって。

ぐぬう、空冷KTMもVJ21も欲しいわ。買わないけど。

そして帰宅、ひとしきり家事をこなし、昼間の内に出来る事をやる。
ガンママフラーの吊り部材(左)が出来たので合わせつつ溶接に入ります。

     CA3K0139_20190219215843ed6.jpg 

お気に入りの作業服を着込んでスタンバイOK。

     CA3K0141_20190219215849d8b.jpg  

慣れない半自動を引っ張り出して裏側を点付け。

     CA3K0142_20190219215852476.jpg 

オモテはあまりにも下手くそなので、見せません。

 
 
 


スポンサーサイト

吊板

ホンダのステップ(ゴミだった)の、鉄部分を再メッキしたらまあ綺麗。

    CA3K0063_20190209123235358.jpg 
 
ゴミじゃなくなくなりました!

   CA3K0064_201902091232363ff.jpg  

付けて見て、悦に入る。むふふ。

   CA3K0065_20190209123236e17.jpg 

ステップ周りだけ綺麗。フレームも塗らないとなあ。マフラーも・・・。

塗料って、結構値段するんだよな。

さて、マフラーを吊る鉄部材を片方だけ作れたので、あてがってみます。

   CA3K0083_20190209123237d93.jpg 

ううむ、まあ少し調整すればドンピシャになるかね。

   CA3K0086_201902091232384aa.jpg 

こんな感じ。
   CA3K0087_201902091232402b4.jpg 

あとは懸念のオイルタンク。
フタは、これで行くとして。悩んでるのは、チェックバルブ。
つまりオイルが下がった時のエア抜きバルブというか、空気抜きなんですけど。

   CA3K0090_2019020912324135d.jpg 

北国の家の、横にある灯油タンクの空気抜きをイメージしたりして

考えてはいるんですけどね。なかなかカッコイイのが思い浮かばない。

   CA3K0092_201902091232421ae.jpg 

底板周りは・・・まあ、いっか。

     CA3K0093_201902091232436a9.jpg 

もうすこし・・かな・・??   

型紙

ボルガンマ。中々進まない。それは、寒いから。

だって、寒いじゃん?身体動かない訳さ。でもやらんと出来ないから~

小さなことでもヤルです。

   CA3K0013_20190120222750015.jpg 

何をするか・・・マフラーのステーをこさえる。

まず右は、なんとなく位置や形が解ってるので、まだ付けてない左のマフラーを

付けて見る。

右と同じではない、フレームの構造なので全然違ってくるのかと思いきや・・・

そうでも無かったので、マーキングを施し、ディスクで切ることにした。

今回使った切断砥石はこれ。黒砥(くろと)。普通の1mmぽいけど、これがね。

      CA3K0021_20190120222751e8f.jpg 

すげえ切れるのよ。使ってるディスクグラインダーが、速度調整できるブラシレスって

こともあるんだろうけど、まあ気持ちよく切れる。

       CA3K0023_20190120222754312.jpg 

9mm厚の鉄板が、すーって切れる。音も静か、火花もドゥバーって出ない。

素晴らしい!一枚買いで180円ナリ。
 
      CA3K0022_20190120222752aa8.jpg 

そもそも、このステーを作る時にあせらずやればこんな事にならんかったんだが・・。

      CA3K0032_20190120222756676.jpg 

形をトレース して、部材を作る。んでまた溶接・・・。遠回りしちゃった。


有図

今日は大磯エクスチェンジマート。

もう11月後半ともなると、朝4時出発はもーー寒くて。(車が故障中なのでアドレス)

なので、5時にでて、大磯で日の出時間に着くようにするです。

カッパを着込んで歩いてると。

    CA3K0060_20181118190356abe.jpg 

みんな大好きラジアルポンプ。ブレンボではありません。

実家のすぐ近くの家の庭にあって、良く水を汲んでいました。

これは・・4000円だか7000円でした。もちろん!買いま~~~~~

せん!

庭にあると趣が出るとは思うけど。

バイク部品は、なんか全般的に高価になってるみたいなんで、プラプラ

見てるだけ~。

で、見つけたこのバイス。

    CA3K0061_20181118190356d95.jpg  

聞くと千円だったので購入。ウチには無かったので。

サビ、汚れはいいや、綺麗にする楽しみがあるってもん。

はあ、買い物は出来たなあ。帰ろう。(1時間のアドレスは、尻が痛くなる)

帰宅すると、ぶら下げてたにんにく様が良く育っててまるでエアプランツ。

ほっといても良いんだなw

   CA3K0062_20181118190357610.jpg 
 
さて、ボルガンマの右ステップが形になったので、ブレーキホースを作るとします。

以前、イナズママスターをヤフオクで落とした時に付いていた物を

長さを詰めて使おうと言う、ビンボー症。

早速、ディスクで切断、分解に入りますが・・・

    CA3K0064_201811181904009cf.jpg 

これがまた、ガレセなどで買うと100%腐ってます。

アルミが錆びて粉を吹いてると、中々の苦労を強いられる事間違いなし。

今は、売られてるのはカシメ済みで、バンジョーをねじ込むだけなので

このような面白い作業をする必要は無いですね。割れることも少ないでしょう。

    CA3K0063_20181118190359794.jpg 

オリーブと呼ばれる部品に、テフロンチューブを差し込み、ステンレスメッシュをかぶせて

アルミに引き込みます。んでバンジョーをねじ込んでかしめる、という構造を

理解してないと、出来ない内容かと思います。

完全にサビでくっついてるので、リューターで削ってる所です。

真鍮製のオリーブをかなり削り倒し、頭の方から、テフロンチューブを押せるように

して、なんとか・・・抜くことに成功しました。

   CA3K0065_20181118190402552.jpg 

次は、残ってるステンメッシュと、オリーブの残骸。
M6ボルトを尻から差し込んで、ハンマーでゴン!

   CA3K0066_201811181904043d6.jpg 

やった!動いた!もう勝ったも同然。

   CA3K0067_20181118190405339.jpg 

腐ったアルミ内部と、臓物。この、オリーブを交換すれば、再使用も

可能っちゃ可能なんです。(あまり、中古の再生はオススメできませんが)

新品がベストっす。

そういや・・・新品のアルミ製オリーブ、持ってたな。

どこだっけ・・・

   CA3K0068_20181118190406bd2.jpg 

どこだ・・・

   CA3K0069_201811181904094e8.jpg 

あった!!!!良くあったしw覚えてたしwちなみに買ったのは14年前位かな。

うひひとリビングに戻ると、次男が即興で絵を描いてた。

   CA3K0070_20181118190411b3d.jpg 

これで単位が取れるなら、良いんだが・・。 
 




 

端材

代わり映えしない画像ばかりでつまんないでしょうけど。

   CA3K0004_201811072318341fb.jpg 

ボルガンマの右ステップの、ホンダステップバーのD穴掘り。

機械でササっと・・掘る・・。

で、ポッケナイナイ。タバコ休憩の5分なんかより掛らず出来たっす。

     CA3K0005_20181107231835ed1.jpg

こんな感じ。程よいクリアランス。

     CA3K0007_20181107231837f30.jpg 

マスターシリンダーを押すレバーが必要です。

   CA3K0022_20181107231841a5e.jpg 

MDF板で試作・・・。

CADで清書、端材のYH75のスキマで作ります。

    CA3K0026_20181107231842a92.jpg   

マジでギリギリ。取れるのか?

   CA3K0028_20181107231844259.jpg 

はい、ワイヤーカットならば!造作もない事。無駄なく材料をしゃぶります。

   CA3K0027_2018110723184353f.jpg 

まだ完成ではありませんが、装着イメージ。

・・・・

   CA3K0016_20181107231840cfc.jpg 

頑丈なのか脆いのか・・・。