ドゥカティ徒然日記 ボルティ
FC2ブログ

焼管

ガンマアームをボルティに取り付けるには、

ピボットシャフト径の問題をクリアせねばならないのですけども・・。

色々考えました。

シャフトを細くする・・(15⇒14へ)

ガンマ部品を加工(内径14⇒15へ)

細く長い他車種のシャフトを使い、スキマは0.5の鉄板をロールして埋める

で、今日はまた変な方法を考えたのです。

    CA3K0277_2016071022060015f.jpg 

「ボルティのピボットシャフトカラー、外径20の内径15じゃんね!?」

これを・・・

    CA3K0279_2016071022060523c.jpg 

いっぱい使って組めば一応使えるんじゃないか??

しかし、L側の長さが64.66mmで、R側の長さが59.63mm。

足して 124.29mm。ガンマ用の長さはと言うと・・

    CA3K0275_20160710220600b7e.jpg 

187.37mm。 引くと・・・63.08mmだ。

おや??

ひょっとして・・・L側を買って長さ調整すれば「使える!!!???」

3個組になるけど。本当は、スラスト方向に3個とか組みたくないんだけど

これが一番・・・・労力&コスト&ヒトに迷惑掛けなさそうだ。

    CA3K0276_20160710220556400.jpg 

ガンマカラーの内径。意外と大きいクリアランス。(シャフト径は13.9)

片側0.1程もあるぞ。そんなんで良いんだね・・。

焼き入れのパイプ、しかも内径X外径の関係性で15x20ていうのが

無い!!

あるのは14x20ばかり。忘れていたボルティの部品の存在。

東大もっと暮らし良い。

さて、ウェヴィックで値段調べるか・・。

ドレドレ・・

千円しないな。買うか!



 

仮組

朝は少し涼し・・くないな。暑い。でも宮ケ瀬に・・・。

オオ!あれは!

     CA3K0242_20160703211422a21.jpg 

コルベットだ。ボンネットのエアスクープがデケーけどカッチョイイ!

と、後ろにはドラッグシュートが。マジモンなのかノリなのか。

あークルマいいなあ。

暑いけど、タイヤの食いつきが良いので夏は好きだな。

帰宅後、家族のいろーんな用事を済ませた後は・・・。 

ヤスリ仕上げのスペーサーを持って~。

クッソ暑い外へ。出ただけで汗ダラダラダラ。

エエイやるぞ。

   CA3K0243_20160703211429d16.jpg 

おりゃ。組んでみた。サスの引っ張り部がフレームに当たるので

ひっくり返してるのです。

一応、組み付けは出来ました。一応、というのはですね。

    CA3K0244_201607032114277c5.jpg 

情けないんですが、太さを同じもんだと思い込んでいたのです。

ガンマは14mm。ボルティは15mm。ボルのシャフトがガンマアームに

入らないのです!!

ベアリング変えればイイジャンと思いましょう?

そーはいかんのです。中にディスタンスカラーがあってそれも・・。

あーめんどくせー。(と少し喜ぶ)

どうすれば、一番容易にできるかな・・?

     CA3K0249_20160703211510cf1.jpg 

ハマり具合はこんな。キッチリ過ぎて、スカッとは入らなったです。

(でも叩くことは無い)

     CA3K0248_20160703211510926.jpg 

んーーーー。

     CA3K0245_201607032114316c4.jpg 

色々眺めています。(この立ってるの、手ノコで切らないといかんのか・・)

     CA3K0246_2016070321143201e.jpg 

リアサスを乗っけてみた。フム、こんな風ね・・・。

気になって上から見ると・・・。

     CA3K0247_20160703211507240.jpg 

ん~~?なんかヤバくね~?

アームがひっくり返ってるからナントモだけど、右が怪しい。

サス受けをどうやって作るか?も問題です。

 

 

隙間

スイングアーム用のアルミスペーサ。

ノコで切った面を、100均のヤスリで10.6㎜にスル!と

張り切ってました。1ミリ以上、仕上げシロがあるんですがね~!

その結果ですけど・・・。

    CA3K0241_20160703070259e34.jpg 

あー、この100均ヤスリ。目立てがかなりムラがあります。

お店で吟味して、よーく目が立ってるのを選んで買った方がいいですね。

アタリを引くとびっくりする位切れますが、ハズレはそのままゴミ箱に

ダンクシュートしたくなります。

本当はブライト900とかニコルソン・マジカットとか欲しいな!と

思ってたら「北岡ヤスリ」てのが割と安価で性能もスバラシイとのウワサ・・。

買おうかな!

で~、毎日コスコスしてましてようやく来ました!

15分で、大体0.1ミリ位の進行速度。でした。

     CA3K0239_20160703070255149.jpg 

10.65mm位から、階段の平なトコにサンドペーパーを敷いて

ぐるぐる・・。#320⇒#400で仕上げ。出来たぜ・・・。

     CA3K0240.jpg    

#400の面はこんな。後はピカールで光らせれば完了ッスかね。

石定盤欲しいね。


鑢掛

ガンマアーム取り付けるべくのアルミスペーサー(t=10.6)

ですが。

まずは、竹輪をノコで切断しなければなりません。

タイミングを・・・

測りまくり・・・・

切れた。

所要時間1分程。

    CA3K0232_20160628223200bcf.jpg 

いやあ新品のノコ刃+コンターマシンならでは、です。

ここから、ケガキ線までヤスリで削ろう・・・・と・・・

思ってるンですけど。

一応コレ、A7075なんで硬いのです。

夕方帰宅後、ちょっと100均のヤスリでコスってみた。

     CA3K0235_20160628223206de9.jpg 

先はなげーな!

 

測定

ボルティフレームに梁が追加されたので、ようやくピボット内幅が

測定できます。

    CA3K0218_20160627212122e62.jpg 

自分じゃこんな綺麗なビード引けません。

    CA3K0220_20160627212117c74.jpg 

リアホイールをおっぱずし・・・。

    CA3K0221_201606272121195d4.jpg 

スイングアームを取り外しました。

溶接の際に、フレームが内側に引っ張られるので、厚さ0.1mmのシムを

カマして組んでありました。

外す時はプラハンで叩いて取りましたが、シム無しだと絶妙なクリアランスで

差し込めます。

      CA3K0222_20160627212121703.jpg 

見てください、このいかにもしょぼいピボット。3点のダボ&プロジェクション溶接。

弱ッ。で、たった3mm厚のプレート。(しかも元から溶接歪み多し)

     CA3K0223.jpg  

やっと測れます。ガンマアームの方が狭いので、スペーサを入れれば良いのですが

それには以前作ってもらったアイツを利用することにします。

     CA3K0224_2016062721240307c.jpg 

コイツ。厚さ10.6mmのリングにして、ガンマアーム左右に入れます。

これで、取り付け自体は可能になる訳です。

その他にも、サス受けも造って溶接、とゆー大仕事も残っていますが!

     CA3K0219_20160627212123b00.jpg  

ココは、ろうじゃなくTIGで良かったと思います。

たぶんわしがロウ付けしてたら大参事になっていたと。

     CA3K0225_20160627212408c44.jpg   

さて夕ご飯の時間なので、組みなおしてお仕舞い。

アンダーフレームは・・・アルミ???