ドゥカティ徒然日記 RG250γ

切断

錆びついた、ボルトとカラーがなんたかた抜けなくてな~。

    CA3K0135_2017020321231153a.jpg 

エンジン前部中央に、長さ80mmのカラー。画像右側から貫通。

左のナット、は回った。次のゴムブッシュは、ウオポンで咥えながら

ボルトを回したら、よう~やく、グズグズ言いながら動き出した。

ゴムブッシュは両方共その方法で、動いたのですが、真ん中の

80mmカラーはどうしても動かない。

ガスバーナーでかなりあたためたら、「カキン」と、なんとなく熱膨張

したっぽい音が。 

「ヨシ、じゃあ、小さい穴開けてそこからCRCなりラスペネなりを

シューすれば、中に浸透してサビも溶けるかもしれん」

と、ワケ解らん方法を思いつき、センタポンチをゴン。すると・・

ありゃ?刺さらない。

ぬぬ?ではドリルをゆっくり・・・あら~、全く切れてない。

焼き入れ鋼です。カラーごときに。生鉄じゃだめなのか・・。

もう!いいや!

出でよ!「サンダーバード!」

    CA3K0133_20170203220128d4e.jpg 

定時で帰宅し遅くならないウチに~切っちゃえ。

狭い住宅地の夕食時に鳴り響くディスク音。

結果・・

    CA3K0136_20170203212250ff3.jpg 

すぽんちょ。って抜けてはいないけど、切った。

ボルトとカラーの内径差が、ほとんど無い。0.1も無いんじゃないか?

これで錆びたら抜けるわけない。

     CA3K0137_2017020321225233f.jpg 

一週間かけてようやくエンジン下した。

やっとフレームを切断できそうだわ。(あくまで素材扱い)

 


スポンサーサイト

塵芥

今年初めの、大磯エクスチエンジマート。

もう寒いのイヤなので、クルマで行くことに。

   CA3K0112_20170129234354b9d.jpg 

夜明けぜよ。

ヤマグチのエンジン3000円・・・。綺麗にしてオブジェにしたい。

が、今わしがやるべきは、「必要なもの」の購入。

でっ、ゲットしたのは・・・。

     CA3K0114_20170129234356261.jpg 

めんこいバイスと、ダンロップD307新品(製造一年落ち)。

     CA3K0116_20170129234401b0d.jpg 

珍しい?アンビルタイプで捗りそう。無いよりマシだ。

家事を色々済ましたら、今度は情報のあった、ゴミ畑へ工具を持って出発。

1時間後到着。

    CA3K0117_20170129234401952.jpg 

 スカッシュとパイロンの間で、朽ちていた「ソイツ」・・。

    CA3K0118_20170129234405684.jpg 

GJ21B。 見ただけでもう強敵臭がプンプン。

こりゃ以前建物の中にあった奴だ。どうしようもないから、

おん出されたんだな。ぐるりと見ましたが、こりゃ~~・・・。

アレだわ・・。さて支払を済ませて、分解してクルマに積もうと

頑張り出した訳ですが!!!

リアディスクとパッドが強力にガッチリくっついてて動かない!! 

離れないのでくっ付いたままホイールごと外す。

エンジンが重たいので、マウントボルトのナットを回しにかかる。

スピンナー使用で、ガキン!! ぬう、回った、けど・・怪しいぞ。

     CA3K0120_20170129234448d09.jpg 

後ろのマウントナットも、かなり固かったが回り、シャフトも動いたので

無事抜けるだろう。

問題は、前ですなあ。

     CA3K0119_20170129234448eae.jpg 

そのエンジン。画像でもわかるように、悲惨。

フライホイールが取れないからと言って、かなり癇癪を

起こしたようだ。

おまけにシフトシャフトも、バッチリ曲がってる。

      CA3K0121_20170129234450bf0.jpg 

なのにどういう訳か、フロントフォークは意外と綺麗。動くし

ANDFもダイヤルが作動し、圧も変わる。なんだこれ。

    CA3K0123_20170129234453f94.jpg  

バラして積むのはあきらめて、クルマに放り込んだ。

今日は暖かったけど、それにしても大汗かいた。ぽたぽた落ちる位。

    CA3K0125_20170129234453d99.jpg 

晩飯食って、さあやるかまだ深夜になる前に!

・・・

・・・・

    CA3K0129_20170129234519096.jpg 

すんません、ダメでした。

   CA3K0130_20170129234520ae6.jpg 


これがどうしても抜けない。回るけど。マウントブッシュの、芯金と

サビ合体してる。

スイングアームやフォークは、なんとか外せたが、これは、スグには

取れない。ラスペネをブーブー吹いて、仕舞い込んだ。

ちなみに、付いてたリアタイヤは懐かしのブリジストンBT-12。

デートマークは、これだ。

    CA3K0128_2017012923451765a.jpg 

87年製造かな?

30年前のタイヤ。

あ~、めんどくさい。けど楽しい、けどめんどくさい・・・。 

押出

ガンマアームにサス受けを付けた~い!

とほざいてましたが・・・

やふぽくでバリオス2のアームを100円でゲットだぜ!

しかし送料は15倍とゆーカオス。はこBOON使ってくれると

オッサンは嬉しいなあ。

     CA3K0337_20160805205119658.jpg 

アルミなんだけど、ものすごく重い。メインパイプの肉厚な事・・・。

     CA3K0339_201608052051278ba.jpg 

建材か!て位、すげえ厚い。

SDR-Fに使ってるTZ250のアームは薄いんだ。めっちゃ軽い。 

     CA3K0338_20160805205125b54.jpg
  
このサス受けを、頂きます。

     CA3K0340_201608052051290a2.jpg 

この、綺麗に引かれてるビードをですね・・・。

     CA3K0341_20160805205135758.jpg 

ウラァァァ

     CA3K0343_201608052052121e7.jpg 

内側もガッツリ盛ってますww それでも

ウラァァァァ

     CA3K0342_2016080520521682f.jpg 

ここは手ノコで・・・ギコギコ・・・

     CA3K0344_201608052052183f1.jpg 

ある程度、切り込みを入れたら!ベッセルタガネとプラハン。

     CA3K0346_20160805205218a03.jpg 

ガツン!と一発で綺麗にクラック入りました!天才かわし。

     CA3K0347.jpg 

ぐいっとこじると・・・

     CA3K0348_201608052052499c8.jpg 

ぽろり!(大磯ロングビーチではありません)

ひゃっほう。メーカーが大金はたいて金型こさえて作った、

アルミ押し出し材を入手。削りや、板金でも作れる(妄想)けど

やっぱ純正品は間違いない。

CA3K0350_20160805205257701.jpg CA3K0349_20160805205257ca8.jpg
 
仕上げてガンマアームに溶接だね・・・。


 
 

 


滝汗

以前書いたかも、のガンマのリアサスと 

ドゥカティ モンスター(851からの初期型モンスター)の構造がほぼ同じとゆー。

構造というか、ダンパーユニットの押し方 ですけど。

で、そのガンマの場合 ボルティに付けるとジャマなので

切断します。

     CA3K0245_2016071121433716d.jpg 

まずこれね。ヘンテコな二重構造。頑張るぞ。

サンドヴィックのノコ歯を手で・・・・ギコギコギコ

     CA3K0256_20160711214404adf.jpg  

ぬう~・・・。疲れた・・・・。1時間で片方だよ。

あと数ミリ。

     CA3K0257_20160711214404cd5.jpg 

切れると同時に「ばいん」 (某ハギー氏の描くPディアノの擬音でなく)

溶接時の応力ってすごい残ってるんだね~。

さて、反対側も頑張るぞ・・。

ギコギコギコ休むギコギコギコ休む・・・(繰り返し)

    CA3K0258_20160711214403ea2.jpg 
ふう、ふう、ふう。

来たぞ、ついに・・・。

コリコリコリコリ・・・

   CA3K0259_20160711214334124.jpg  

ころん。ウホッ。

    CA3K0260_20160711214438881.jpg 

切れましたよ~~~~~~~切れたァ~~~~

はあ。疲れた。久しぶりにボタボタ汗かいたよ。

作業時間  左右で2時間ナリ



 

五百

FC2が、投稿画面が新しくなったというので使ってみた。

シンプルなようで、よく解らないですけど。

えー、またゴミあさりに精をだす用になりましたので、今度は

湘南ジャンクヤードに行ってみまして(13年ぶり)。

ある人のブログ画像を見て、「!これは、まだあったりして、

値段次第なら購入しようか。」と思い、アドレスV125でゴーですぜ。

1時間走行し、結果買えたシナモノはこれ。

    CA3K0119_2016052222125978e.jpg 

RG250ガンマ(GJ21B)のスイングアームと、ボルティの

ザムスプロケット付ハブ。

ウチのモノより全然程度が良かったので、買い。ちなみに全部で1080円。

  CA3K0122_201605222213125d4.jpg    CA3K0123_201605222213089d6.jpg 

ザムの38丁。そこそこ使ってるけど、まあ。で、ハブだけど加工予定だから

スペアって意味もあるしね。

そうそう。ガンマのリアアクスルシャフトのΦ径ってね~。

   CA3K0125_20160522221412827.jpg  

ボルティと同じなんだよね!そんで、この点だけはムカシから感心するのが、

「シャフトは冷鍛のままではなく、研削仕上げで作られている」

のです。つまり、径の精度が良い。さらに、曲がってない。

コスト掛けてます。ガンマです。スズキです。(バブル期だからか?)

TZR250(1KT)は研削ではなかった記憶。SDRも。

なんでだ鈴木。

    CA3K0124_20160522221413b9d.jpg 

ハブは、スタッドではなくボルト&ナット。半分削るので、それで良い。

    CA3K0126_20160522221413b66.jpg 

洗って、並べてみた。長いな~。なげぇよ。

グラトラと同じ長さぽいけど、このショート感が良いのにな。

まあ、使うと決まった訳じゃないから。でもフィッティングを

見てみよう。

   CA3K0127_20160522221409cfe.jpg 

約50mm程長い。サス受けもどうにかしないと。

   CA3K0128_2016052222141200a.jpg 

ボルティよりだいぶ狭い。こりゃイカン。

うーん・・・。軽くはしたいけど、難儀かな~。