ドゥカティ徒然日記 自作2ストV4エンジン

三次

以前の会社では、「シマトロンE」という、イスラエル製の3D CADCAMを

使わせてもらってました。初めは、こりゃ~難儀なソフトだなー、と

想いながら触ってましたが、9年も使ってると慣れちゃうもんです。

んで、今回退職してしまったもんですから、寂しい事寂しい事・・。

な訳で、ちょっとこんなのを落としてみた。

Auto Desk Fusion360

     FUSION ENG  
30日限定で無料です。試しに、V4エンジンのIGESデータを読ませてみた。

シマに比べると、・・・ですが、クラウド型じゃしょうがないと思う。

でも、一応クラッシュせずに読んだし色もレイヤーも問題無し。

シマに慣れ過ぎてるので、今はなかなか動かしにくいですが、これは

なかなか良さそうです。(ソリッドワークスも触りたいんですけどね~、買えない)


スポンサーサイト

黒管

V4エンジンのチャンバーステーは、さすがに組み立て状態での

ろう付けはキビシーので・・・・。

      CA3K0364_20150204234520570.jpg
 
GM-8300での接着で行います。接着の前に、位置決めや仮固定もろもろ。

      CA3K0365_20150204234521a16.jpg
 
結構多めにねっとりと付けちゃってます。後で整形しますんで・・。

      CA3K0367_20150204234522afe.jpg
 
途中はしょりましたけど、塗装に入りますよ。一応、耐熱ブラックで・・・。

         CA3K0368.jpg
 
なんかマフラーっぽくなりましたな!

       CA3K0370_20150204234525aa5.jpg
 
組んでみた。これはこれで、良いかも。

以下、画像集

       CA3K0371_20150204234542800.jpg
 
チェーンがありませんが・・・

       CA3K0372_20150204234543241.jpg

チャンバーって、本物作る人って凄い技術なのが、よ~く

解りましたよ・・・。

       CA3K0373.jpg  

前バンク側のチャンバーがチョイずれてるのはご愛嬌ってことで。

具現

とうとう、ここまで来ました。

       CA3K0359_20150201093603728.jpg
 
4本チャンバーがイカす!

       CA3K0360_2015020109360450b.jpg
 
見た目重視なので、性能うんぬんは言わない方向で。

(オブジェなので)

       CA3K0361_20150201093606184.jpg
 
チタンスプリング(自作)を引掛けるフックもなんとなく付けた。

       CA3K0362_20150201093607eb5.jpg
 
サイレンサー(中身無し)は、こんな感じです。

どんな音になるんかな~~楽しみです。

       CA3K0363_2015020109360974b.jpg

角度、急すぎで、バネがこんな位置に・・・。

 ま、いっか!! 雰囲気、雰囲気!!  

尾管

チャンバー製作も、もーすぐかもです。

今日は、テールパイプ&サイレンサーです。

      CA3K0354_201501302227123b3.jpg
 
機械の廃材で作った、サイレンサーシェル(アルミ)と、ホムセンで買ったφ6の

しんちゅうパイプ。横穴は開けますが、グラスウールぽいのは入れないです。

内容積少ないからね。

      CA3K0355_20150130222715b8c.jpg
 
角度を直したので、なんとなく良い感じ。

      CA3K0357_20150130222716ab7.jpg
 
軽く圧入なので、ろう付カンタン!バッチシよ!

      CA3K0358.jpg
 
仮組みしてみた。良いんじゃないかな。

そうだ。チャンバースプリングに、カインズに良いのが無かったので、

作ってみた。

      CA3K0356_20150130222715c32.jpg
 
そこらへんにあったチタンで作った、スプリング。ラジペン+Φ3の丸棒でこさえました。
 

四本

新兵器「新富士バーナーRZ832」の導入で、一気にチャンバー製作がノリ気に。

角度調整もそこそこに

今日現在!

こうです!

        CA3K0350_20150129224132843.jpg

進行していますよ~。