ドゥカティ徒然日記 ドゥカティM900
FC2ブログ

安心

車検の切れていたドゥカティ M900。
ようやく継続車検を受けてきました。


相変わらずバカでかい仮ナンバー。
そういや前回、ライトが暗い!と予備検査屋さんに
言われたので4輪用の安物H4に交換して、更にバッ直アースを引きました。


ん~、前よりは明るい…かな⁈
さて陸自に行きますと…


ウルフガンマも来てましたな。お疲れ様です♪
して…結果的には無事終わりました?いやあ~。


はい、やらかしましたよ。
全て確認して挑んだとゆーのに、いきなり
前ブレーキランプが点かなくなったり消えなかったり。
他は大丈夫でしたのでそこだけ直して来て!と言われまして画像状態。
テール球の様子を見るも問題ない。やれやれどこじゃい、と喜んでる内に
電源全部落ちた。エッヒューズ飛んだ!?いや飛んでないな。
バッテリー死亡?車検場内を押しがけしまくるも
エンジン掛からず。まー電気無いんだから掛かる訳ない。
一時バイクを放置して帰ろうと思いましたが、
色々ありまして、無事車検合格しました。
して、今回のトラブルと言うのが…


この黄色い、ヒューズボックスの隣りにあるメインリレー。
熱っつくなってました。




イタ公らしくフタが取れる造りなので、何とかなった次第。


端子の後ろに詰め物をして直結。したら
電気が通りましたので、ひとまず車検は通した訳。


端子を見るといわゆる5極。
しかも、あのランチァデルタと共通部品らしい。なら仕方ないか。
ヘインズのサービスマニュアルにはご丁寧に
内部構造も記してあります。


よーく見て構造を、理解…し…て…
よくわからんが、多分わかった。
そんで、電気部品なら世界共通だべな、と思い
探した所、情報を下さった方。感謝です!


同様な商品は沢山あるらしく、わりとヒットします。
したらばせっかく換えるならMADE IN JAPANに
拘りたい。

パナソニック製を見つけました。
数百円で買えるモノより大分しますが、まあ
ガマンできるレベル。


とある旧車クラブが販売してたモノですが、
普通にRS梱包のままじゃんw


ちょっと小さい。


しっかり感は黄色とは比べ物にならん。
 



配置数字は同じ…つまり、規格ですな。
何にも調べてないけどとりあえずバイクに
そのまま付けてみると…爆発はしなかったけど
リレーがジーって言って、電圧計は表示しなかった。
何かが違うようだ。


テスターで調べると、少し構造が違ってた。
黄色/赤とオレンジを逆に入れ替える必要がある。
それに伴い、赤と入れ替えた黄色/赤をジャンプさせる。


こんな風にします。
ちなみにこの端子。抜き方がわからなかったです。


普通は金属端子に抜け止めのベロがあって、
それを精密ドライバーなどで倒すなりすれば
抜ける…が、コイツはそうではない。
 

ハウジングに凸があって、端子にハマってました。


こんな感じ。
そしてパナソニックリレー側は…


下の30と、真ん中の30αをジャンプさせます。


変更ハーネスを作れば楽、なんですが、コネクターオンに
したかったので、プレート式にしました。
バネ用リン青銅で製作です。


バッチリです♪  左右の85、86に12V電源を繋ぎ、
動作チェックした所、黄色リレーと同じ動作を
しましたので、バイクに実装です。
左右2ミリずつ小さいので、ゴム板を挟みました。


結果!バッチリよ~♡嬉しい。


電圧計はいい数値を表示しています。
黄色リレーは接触不良で熱っつくなってたんだな。
火事になる前で良かった。





スポンサーサイト



護謨

さて。このモンスターも付き合い長くなってきた。
オールマンの竹田さんから出してもらって9年弱?
しかし走行距離はサッパリ伸びず。
一応、タイミングベルトを交換しようと思います。
社外品のダイコを購入しました。純正品より
少し安いです。
ダイコは純正品を作ってる会社らしいので
大丈夫でしょう。


ウェビックで買いました。
ノーマルベルトは鉄プーリーのサビをもらってしまっています。


パッと見、ヒビとかはわかんない。
バルタイを合わせてテンショナーを緩めて、
タイミングベルトを外します。


超簡単。普通のカムチェーン交換作業の比ではありません。


ムキってやって見ると、表面はさすがに少し硬くなってて、ヒビとゆーかが見える。
しかし、いきなり切れるのか?な感じはわからない。最低でも10年近く経ったゴムだし、
替えて良いタイミングかな。
 

して、ダイコ。しっとり爽やかなゴムでございます。
コグ山の形状が、純正品とは異なっています。


どんな理由なんだろう。


印刷も青い。純正品はオレンジ。


サクっと交換完了しました。10分掛からないよ。
張り調整?宗派数なんか知らんので、アイドルベアリングとの隙間を見とります。約6ミリ。

電栓

超久しぶりにM900に火を入れる。
バッテリーは、安物だけどずっと充電器に繋いで
いたのでとりあえずはセルを回せるだろう。
いざ。
キュルキュルキュルキュル…
んん、燃料が無い感触。負圧コックだからな、
落ちるまでダメだろう。
やはり、1年半もほったらかしだとすぐには起きない。
プラグを見る。

これは交換したほうが良いな。換えましょう。
ウオタニコイルにしてからのプラグそのまんま。
使用距離としては、5000キロは使ってない。
早めが良いですな。
新鮮なハイオクをブチ込んで、新品プラグにしたらば
2バルブデスモはテルミの快音を奏でてくれました。
お隣りさんすんません。


は~、コイツとももう8年以上か~。早いなあ。

意思

深夜に突然!10センチ程の大きなクモが出現!!!

かなり驚くんだが、これはアシダカグモと言って、ヒトには無害。

    CA3K0994_20180916195841325.jpg  

無害なうえに、なんとGを駆逐してくれる益虫だそうで。

・・・だけど、ビジュアルが物凄く、しかもえらい高速で動く!!ビビります。

まあ、わしら寝た後にGの捕獲、頼んます・・・。

んで、バッテリーの終わったモンスター。

中華バッテリーを安っすく買いまして、充電も行い。

交換したんですが、なぜかメインが繋がらない。

接続不良は、無い。
キルスイッチを疑ったり
配線をさわさわしてたら点いたり消えたりしたので、コネクタかな!?

抜き差しても変わらず。んじゃメインキーのスライドスイッチかいな!と
おっぱずし。

    CA3K1003_20180916195848a13.jpg 

端子も真鍮が黒くなってるなあ。磨きたいな。

     CA3K1004_201809161958484cc.jpg
 
接点復活材は塗っといた。
キーシリンダの組み立ては、ブレイクボルト(M4x8)で組んでるので

ドリルでもんで取ります。
 
    CA3K1007_20180916195849fa3.jpg 

こんな感じ。

   CA3K1010_201809161958497ba.jpg 

パカ。

   CA3K1011.jpg 

汚いな~。

お掃除して、端子には接点復活剤。ボールノッチ部には綺麗なグリス。

   CA3K1012_20180916195850ddc.jpg 

ブレイクボルトの後には、キャップボルトを突っ込んどく。

   CA3K1013_20180916195850d2f.jpg 

・・・・と、ガンバッテ掃除したのにパイロットは点灯せず。
なーにぃ~??

ヒューズは全部OKだしな~。っておやあ~?
メインリレーがアツアツだ。

どれどれ・・分解して掃除&接点復活材。
すると、見事パイロットがビカー!

ふう、良かったコイツだったか。
エンジン始動も難なくOK。

   CA3K1014.jpg 

洗車もしてやんないとな・・・・。

 

汚油

あのガソリン→クランクケース落下事件から、なかなか復活しないモンスター。
  
   CA3K0022_201805042000347fe.jpg 

このチョップしたエアクリーナ蓋も、スーパーXが剥がれちゃって放置してました。

ビス止めとかも考えましたが、エエイメンドクサイ!と瞬間接着剤で・・・。

銅箔テープで仮固定しつつ終了。

ほこりまみれだったので、洗車しつつ眺めてると・・・

    CA3K0024_20180504200036b9f.jpg 

おう、ヒビじゃ。

こっちも。

   CA3K0023_20180504200037093.jpg
 
ぬう~、23年落ちだし、交換したいなあ。

せめて、フルード交換でもしとくか・・・。

何十年もヤマハ純正だったけれど!今回はワコーズにしてみました。

右のは、もう黄色く変色(変質?)してたし。

    CA3K0025_20180504200038b73.jpg 

スペック的には・・

ヤマハ。↓
 
   CA3K0026_20180504200040a34.jpg 

ワコーズSP4。↓

   CA3K0027_20180504200041437.jpg 

配合率は記載されていないですが、温度に違いがありますね。

ヤマハ↓
   CA3K0029_201805042000453f2.jpg 

この部品が、口元からのたれを防止する、優れものです。

んでワコーズには・・?
   CA3K0028_2018050420004233e.jpg 

あります!いいね!

さてクラッチから行きます。汚いなあ~。ゴミも上がって来てるし。

   CA3K0030_20180504200045906.jpg 

オイラーで抜いて、紙ウエスでふき取るです。

   CA3K0031_201805042000478a4.jpg 

綺麗ですね~。クラッチにもエア噛みあるんで、しつこくエア抜きします。


次はフロントブレーキ。
これまた汚ネェ~!

   CA3K0034_201805042000486f1.jpg 

吸い込み!

ブレンボの為だけにある、11mmのコンビ。

   CA3K0035_20180504200050816.jpg 

いいぜ。

   CA3K0037_20180504200053bfb.jpg 

ヒビ入りゴムホースだけど。

懸念だった、チェーンの掃除もやろう。

さてワッシワッシと・・ブラシで・・・

!?

   CA3K0038_20180504200055235.jpg 

ブラシを奪われた。ちゃんとやってる所がすごい。臭いとか言わずに。

指、気を付けろよ・・・。

ありがとうよ~、と思って仕上げにチェーンオイルを吹いたりマフラーを

組立てたりしていたら、なんと。

オイルジョッキに泥水入れてエンジョイなさってるではないか!!!!
   
    CA3K0039_20180504200056a0c.jpg  

こんな事位じゃ怒りません♪(危険な場合は違います)