ドゥカティ徒然日記 ヤマハSDR(4スト)
FC2ブログ

良物

こんなパイロットランプは嫌だ!とかに出そうなあんばいです。
(そんな題目は無いでしょうけど)

   CA3K0956_2018042222594758f.jpg 

そういう訳で・・

   CA3K0975_20180501220404aca.jpg 

パネルに実装することにしました。

まずは準備。
  
下穴を開けて・・・ 
   CA3K0976_20180501220405701.jpg  

ステップドリルでΦ8の穴にします。

   CA3K0977_20180501220407360.jpg 

カーボンケブラーと言えども、あっさり開きます。
ただ、さすがにケブラーは切れづらく毛羽立ちが出ちゃう。

   CA3K0978_20180501220408138.jpg

町田のサトー電気で買った、黄緑LEDとアンバーLED、と620Ωのカーボン抵抗。

    CA3K0979_201805012205137c4.jpg 

と、全然良くないくせに「えーもん」のなんか、アレ。

LEDに抵抗をハンダ付けします。

ここで使ったハンダ線は母から貰ったモノ。86年に実家から持ってきて

まだ使ってる・・。1kg巻なので、無くならんです。

   CA3K0981_20180501220517e35.jpg 

   CA3K0980_20180501220517fc1.jpg 

単体にしたらドッチが黄緑か解んなくなったので確認。

よすよす。こっちだな。

   CA3K0984_2018050122052074f.jpg 

忘れないうちに脚に区別線を付ける。

   CA3K0982_201805012205213a2.jpg 

ヒシチューブでまとめる。

当然、各脚ごとにヒシチューブを入れてある。

   CA3K0983_201805012205213aa.jpg

まあいんじゃないかな。だけど線は太過ぎィ!手持ちの0.75sqはね・・。
0.5sqで良い。

はめてみた。

  CA3K0985_20180501220522b55.jpg 

うん、いいじゃん。これくらいのひっそり感が好みぢゃ。
ん~で~、えーもんのコレを~

   CA3K0986_20180501220523045.jpg 

カチってか!??

   CA3K0989_2018050122052814f.jpg 
  
ならねえよ!!!(怒)
ぜんっぜんならねえ!!
ああ、球は入るんだけどね・・・
ハウジングが、ならないの。

   CA3K0987_20180501220525212.jpg 

ぶにゅぶにゅすぽっ。全く固定できまへーん。ドアホ。

「固定」の概念わかっとるのか。ええおい設計者。

あんな低いノッチ、柔らかい素材で止る訳無いでしょ。

ノッチの大きさはインシュロックタイのステップを参考にしやがれ。

なので、接着剤で固定の巻。

   CA3K0988_20180501220530f35.jpg 

時間掛るけど使い勝手のよい、こいつで・・・。

ぬちゃああ~~。

   CA3K0991_20180501220532756.jpg 

気のせいか貧乏くさくなった。
   CA3K0990_2018050122053007b.jpg 

裏はこんな感じ。

   CA3K0993_20180501220602593.jpg 

ま、良がべな・・・。

  CA3K0996_20180501220607c12.jpg 

ウインカーのパイロットは、左右共用なのでちょっと工作が要ります。ので

後日!


 
 
 

     
スポンサーサイト

光悩

本日の日曜。まあ暖かいというか暑いというか。

まだ4月と言うのに非常にバイク日和でしたね。

ガマン出来ずに宮ケ瀬行ってきた。

   CA3K0952_20180422225942245.jpg 

さすがの台数&CB祭りが開催されてた。走ってても気持ち良かったなあ!

   CA3K0954_20180422225944bf1.jpg 

壮観である。CBX(6気筒)はラスボスみたいな存在感。

   CA3K0953_2018042222594521b.jpg 

異常にビューティフルなNZ。これ、今みるとすごい良い。

86年当時は、レプリカ時代だったこともあり、見向きもされなかったが

エンジンのポテンシャルがNSクラスのレース素材に密かな人気ではあった。

だが、全体の構成がレース向きではなかった為か、SRXが多く走っていた感。

友人Sも、「乗ってる人が少ない」という理由で乗ってた。

前後SDR脚にしてリアもディスク化。

ガレージPMでステンカーボンマフラーワンオフ、借りて乗ったけど速かったなあ。 

おっと、あまり長居できんから帰ろう。

!?

   CA3K0955_20180422225946027.jpg

家事を一通りして、ガレージの温度計を見ると!

ええ~まじか。 こりゃビール(らしきもの)が必要な温度ではないか!

仕方ない、らしいものを飲んで、バイク作業でも行いましょう。

ええ、と。SDR-Fのニュートラルパイロットランプがありませんでした。

特に支障がある訳では無いですが、無いよりあった方が良いな、と

言う訳で・・・
 
    CA3K0956_2018042222594758f.jpg 

色々悩んだ結果、そこらにあったウエッジホルダーに、これまた

余ってた緑の安物LEDを使う事に。

光らすとこんな感じ。

   CA3K0957_201804222259496ea.jpg 

うん、安い。

これを、カーボンケブラのパネルに、φ12の孔を開けて・・・・・

え!?そんなでかい孔開けるの?いやだなあ。

うーん、そこんところは後で考えよう。

兎に角、ホルダーに丸出しのT10ランプを、隠すなり固定するなりしないと。

なにで??

    CA3K0958_20180422225950699.jpg 


これじゃ!(さあ、某電気のプロさん、聴いて驚け!見て笑え!)

ヒシチューブ。 (熱収縮チューブ、ね)

これを、炙り・・・

   CA3K0960_20180422230120e37.jpg 

こうです。終。

いやマテ、終わりじゃないよ!後でちゃんとするからね。

でも綺麗に作る為にはお金掛るんだよな・・・(数百円ですが)

 さっ次やるべ。

   CA3K0959_2018042223012016a.jpg 

SDR-Fの、バッテリーケース。走ると、かなり左右に移動してるのは

知ってた。んで、下方に見えるM6のボルトに当たってるのも。

なので、今更ですが、左右ストッパーを作ります。

アルミのアングル材にΦ6.5の孔を開け、バーコのノコで切り出します。

    CA3K0961_20180422230122e40.jpg 

この状態で、幅が120mm。使用しているバッテリー「7S」の幅は110mm。

あと5mmづつのスキマに、なにかしらのダンパーを突っ込めばOKでしょう。

    CA3K0965_20180422230124d55.jpg 

ここでも、建築素材のバッカーを使用。メーターマウントに使った、 10mm幅の

物を、カッターで半分(5mm)に切って貼り付け。(両面テープが付いてるので楽)

その、バッテリーはキーを戻し忘れて完全放電しちゃったので、ダメモトで

回復充電中。生き返るかな~オプティメートさん、頼むよ。(あっ赤ランプが・・)

えっと、次・・・かな・・。

ボルティ+ガンマの、テールランプに手持ちのSDR用を使おうかとぼんやり

考えてたんですが・・・。

    CA3K0967_20180422230127449.jpg 

んん??デッカイな・・・。

え~~?

   CA3K0968_20180422230129b1c.jpg 

ここ?イヤ無いな・・・。どーすっかなー。

    CA3K0969_201804222301301d6.jpg  

やっぱここ?




 

 

 

青光

SDR-F。もう二か月乗ってないな~。ヒドイ。

乗りたくない訳じゃなく、雪だったり家事が多くて乗る時間が無かった。

それでも触っていたいのでメーターの交換なんぞをしていました。

その!ヴェリアメーター。遂に実装完了しました。 

   CA3K0877_20180401225525cf7.jpg 

照明用と、ポジション。

SDRのポジションバルブソケットは、押してぐいっと回すタイプ。

つまり、球も段違いピンが二か所あるタイプ。

汎用性の高い、T10を使えるようにしました。

ちなみにこのLEDは、アップガレージで売ってる怪しいやつ。

なんといっても安い。200円だったかな。

前回の、ラジコンコネクターを繋ぎ・・ライトケースを組んで

     CA3K0900_2018040122553045b.jpg 

ポジション、オン。ふふふ、良いじゃないか。嬉しい。

以前あった、左右のウインカー 、ニュートラル、ハイビームの

パイロットランプは設定してません。N位はその内付けるかもしれません。

・・・・

    CA3K0880_20180401225527dc3.jpg 

サイクルショーで、スズキの所で買った物。

そう・・・・

あれです。
  
    CA3K0882_20180401225528591.jpg 

湯呑(聖杯)。青とオレンジの二色で、オレンジを購入。

    CA3K0891_2018040122553006d.jpg 

アドレスV125はこう書くらしいです。

空き箱も捨てずに、再利用します。

    CA3K0897_2018040122552816a.jpg 

意外と、頑丈で使える・・・。

 
 

伊太

ドゥカティ400SSのメーターを入手はしていました。

しかし、ケーブルとの接合がネジ違いでそのままは付きません。

そこで、M16→M12へと変更させるアダプターが必要。
 
     CA3K0790_20180320232402d8d.jpg 

こんなの ↑

素晴らしい。ありがとう、M本さん。

     CA3K0793_20180320232404b35.jpg 

なんとか付いた。M16からM12へのコンバート。

     CA3K0791_20180320232403315.jpg 

欲しい人いるかな。いれば商品化しても良いかも・・。

他にもこんなのを作ったり。

    CA3K0798_2018032023240502c.jpg 

100均のラジペンをガスバーナーで熱して加工。

     CA3K0799_20180320232406147.jpg 

これは・・・

     CA3K0803_20180320232722a6f.jpg 

     CA3K0807_201803202327214bc.jpg 

ここの巻加締めを起こすのに使います。

なんとか起こせました。

     CA3K0792_20180320232405748.jpg
 
上手い事行きそうだ。

まずはバイクに付けて見よう。

  CA3K0801_20180320232719cf8.jpg 

おお・・・。付いてる。使えるんじゃね??出っ張りが少々気になるが。

   CA3K0802_20180320232720fc6.jpg 

始めはこうだったんです。
   
さて、カシメの外れたメーターを分解してみます。

ハウジングが鉄。
メーター表示盤がアルミ。
レンズはガラス、と軽量化と無縁の素材ですが、

味わいのある物です。

   CA3K0808_20180320232722329.jpg 

そして気になったのが、リモコンケーブル(トリップメーター用)の

本体との結合方法。 
 
     CA3K0809_20180320232724b4d.jpg 

凄い小さいマイナスネジで繋がってました。無くさないように要注意です!

     CA3K0810_20180320232725023.jpg 

当然部品では出ないと思うので、むやみに外さない方が良いと・・・思う。

針の蛍光オレンジが、殆ど飛んじゃってたので、タミヤカラーの蛍光オレンジで

再塗装。PCの画像ではただのオレンジにしか見えないけど、鮮やかな色です。

    CA3K0811_20180320232829607.jpg 

カウル内で普段見えないので適当な仕上げだった、ハウジングは

フラットブラックで再塗装。サビ等をペーパーで擦るんですが

結構深くて何度かやってもハジキが出ちゃう。

もーイライラしたので「これも味よ!」とかワケ解らん理由で

塗っちゃった。

    CA3K0816_2018032023283056d.jpg 

メイドインイタリーの刻印も適当だ。

組んでみる。

いんじゃない?

     CA3K0817_20180320232832a82.jpg 

ハウジングも・・・

     CA3K0818_20180320232833d8b.jpg 

良いんじゃないかな。ヘタクソだけど、こんなのにハイクオリティな

塗装はむしろ似合わない。

まーでもベゼルの腐った塗装は塗り直そう。

マスクして・・・

    CA3K0821_201803202328366e9.jpg 

そう。ダンパーに使用しているのは、おなじみ建材のバッカー。

サイディング材の隙間埋めのポリエチレン製の四角棒。安い。50円しないよ。

3mmのミゾをカッターで切り掘って、瞬間接着剤でリング化。

んで色がグレーなので一緒に黒に。

    CA3K0822_2018032023283890d.jpg 

CA3K0826_20180320232842a15.jpgCA3K0825_20180320232839c1e.jpg 

良さげ。

    CA3K0827_20180320232845314.jpg 

違和感無し!

 

計器

格安で入手した、ドゥカティ400のメーター。

スピードとタコ。

   CA3K0720_20180211193736ec6.jpg 

ひっくり返すと、タコはそのままハウジングと分離しているんですが、

スピードが、外された形跡がない。ん?なんか、ヘンだな。ナゼタコだけ

外してるんだろうか?

答えはすぐに解りました。

8のレンチで、中央のナットを回すと、スタッドも一緒にぐる~り。

にゃー。かしめ緩んでるじゃん。むー・・・。

ま、大して悩みませんでしたが。

    CA3K0721_201802111937382b7.jpg 

ノコで、スタッドにマイナスの切れ目を入れます。

それを、回り止めにして・・・

    CA3K0722_201802111937412cf.jpg 

あっさり緩んだよ。イエーイ。

    CA3K0723_201802111937417bd.jpg 

でっこれは、SDR-Fに使えるようにしたいんですがね・・・・。

ギィィィィってなるノーマル改メーターが、あれなので・・。

タコは、ステッピングモーターを使って、変わり種時計を作ってみたいけど

知識ゼロ!他の電タコの中身を入れ替えて使う方が早いのかな。(何に??)