ドゥカティ徒然日記 アドレスV125G

三年

    CA3K0144_20170918225229187.jpg  

それは、わしが五十の齢を重ねた日の事じゃッた。

「ハアやっと、すごど終わったじゃ~、帰るが~。」

と、良い夕焼けを見ながらスーパーに寄り道し、帰ろうとしたその時。

       CA3K0145_20170918225233a0a.jpg 

キュルル、ぴた。 しーん・・・

ん?

スターターが回らなくなった。リレーの音もしない。

おやおや、バッテリーですか?ヒューズですか?

キックすると照明とFIランプが点くので、ヒューズではない様子。

しかしキックでも始動しない。うーん、どうしようか。

家から8km程のスーパーまで、嫁が工具とラダーレールを持ってきてくれる

と有難い事を行ってくれてるその時。FIランプが点灯しだした。

「お、キックすれば掛るかもしれん!ちょっとまって!」

なんとか始動した!「わりい、何とか頑張るから、来なくていいよ!」

とサルベージを断ってしまった。

案の定、1km位走ったら、クルマの後ろに付いてた為に一時停止でそのまま

エンスト。再始動は叶わなかった。

いったん断って置いて、また来い!などと言えませんがな。

なので、押すことにした。

   CA3K0148_201709182252343eb.jpg ちょっと疲れてstarriseさんとお話ししてます

数年前に、大雪の時、八王子から相模原までアドを押した記憶が蘇る。

もう二度と押すまい

そう固く誓ったはずなのに。

    CA3K0153_2017091822523526c.jpg 

キャタピラ教習所前。ふう。押すのもともかく、クルマが怖い。

カイズさん前まで来たよ。もうすぐっす。

    CA3K0156_20170918225237368.jpg 

・・・家に着いてすぐにバッテリーの電圧を計った。

キーオフで12.45V。あれ?あるじゃんね?と

キーオンにすると、途端に6.3Vにドロップ。おあーなんぞこれ。

6Vって、タミヤのニッカドかよ!と思った。
 
    201307192200 (9)-800x600 知ってる? 

 幸い、頂きものの、台湾ユアサがあったので、夜のうちに充電しとく。

次の日の朝6:00。交換作業。

     CA3K0158_20170918225238f23.jpg 

これは、SPタケガワ販売のバッテリー。3年もったんだなあ。まあいんじゃないかな。

いやちょっとまて、ジワジワなら解るけど即死はまずいだろー?

FI点滅の兆候があったにはあったけど!!(解ってたんなら換えとけってハナシ)

    CA3K0160_20170918225238fc7.jpg 

ほぼ新品状態で貰ったんだけど、たまに充電しつつもう8か月放置品。

車載したら勢いよくセルが回り、始動成功したので一安心。

全波整流のハンダがもげたのかとか、台湾レギュがお亡くなりか!?とか

考えたけども、単に電池終了、と思う。

しっかし汗でベッチョベチョのヘルメットは本当にキモい。
 
 
 



 
スポンサーサイト

軽銀

トヨタ関連の記事をちょっと前に見たんですが。

    オカルト!?

面白く読まさせてもらってましたが、「ぜひアドレスに貼りんしゃい」

と指令がありまして・・・。

ひとまず気軽にエアクリーナーカバーに一直線に貼ってみた。

走行。

1kmも走らないですが、油温も気にしつつ「うーん、アクセルのツキとか

回転の落ちがおとなしいかな?」位。何かが変わったのかどーかは

数値で測定してないので全くわかりませんけど。

そもそも、わしはかつて自動車用光学製品(ヘッドライト一式)の

試作の仕事してまして、大型の樹脂成型品の持つ、静電気の多さは

知ってました。成型品のバリ取り作業なんか、大変なコトで、静電気で

削ったバリが製品にまとわりつくのです。エアブローしても

戻ってきて製品にくっつきます。

そこで、除電をしなくてはゴミのついた製品を納入してしまう!と

除電装置を設置したりしてました。

キーエンス 除電」  効きましたね、ここのは。

前置きはこんくらいにして・・。

じゃあ、と今度は、このくらい行ってみよう!と

張り切った結果。

     CA3K0622_201610022132082c8.jpg 

頑張ってはりましたよ~。蓋の裏はこんな感じ。

本体側は・・・

    CA3K0623_20161002213206549.jpg 

もうなんか飽きてきたのでここらへんで終了~w

アルミテープを切っちゃ貼り、をしていて思ったんだけど、

「銅テープとかあったとして、半々に貼ったらどうなるかな?」と。

スワールジェネレーターも数値出せなかったのが心残りでしたし。

体感効果は確実にあったけどね。もう作れないのが悔しい。

スポンサーが付けば作れるけども。

アルミテープの実験結果は、後日。


 

 

無物

V125に台湾?レギュを付けるべく、アルミ材でステーを作ってみる。

        CA3K0209.jpg

7N01の角パイプに、孔開ける。センタポンチは、SKS丸棒からの自作。

当然、先端に酸素で油焼き入れしてある。

      CA3K0222_20151127180653298.jpg

かつてNC等でやりたい放題だったが、無職の今ではこれが精いっぱい。

      CA3K0226_20151127180651590.jpg

ナッターでM6を立てる。

      CA3K0231_20151127180938206.jpg

付けてみた。カウルが付かねえええ。ボツ!!やりなおし!!

ここは後回しにして、コネクターの方やろ。
   



       社外レギュ配色

例のサイトからの引用ですが、購入したのはジョルノクレア用ではないので

色の確認をします。4本線=黄色2本・赤・緑ですので、「え~~っと・・・」と考える。

黄色一個は間違いない。でも同じAC入力とあるので、対角に黄色を配置すれば

いいのね。んで赤は、DC+で良いな。てことは、緑はDC-ってー事じゃの!

      CA3K0210_20151127180423cd6.jpg

んじゃ、コネクタに挿入して、組んでみる・・・。んっ??

        CA3K0234.jpg

なんかゆるい。

       CA3K0227_2015112718092931f.jpg

本体はV125のレギュ。に比べて端子が、薄くね?  

実測。

    CA3K0229.jpg

うあー、薄っす!0.2mm程も薄いじゃん!(V125のは0.8mmだった)

ぬう~、付属してくれた、もう一組の端子は・・・・

    CA3K0228_20151127180930631.jpg

おっ?0.8だね。そーか、解ってたんだね、出品者。エラい。

・・・・・!?電工ペンチが無いぞ?あれっあれっ、マジ無い。ええ~~・・。

ちっくしょうもう買うしか無いじゃん。

ユニに自転車でGO。

      CA3K0232_201511271810270f6.jpg

マーベル600Aを買う予定だったんだけど、コレになりました。(マーベル製品が無かった)

FUJIYA 万能電工ペンチ FA106。

      CA3K0233.jpg

グリップがバーコっぽい。んで、痛くない。これは、良さそうだよ。

(実際、盲信的だったマーベル300Aとは全然違ってもっと良かった!

いや300Aも良いですよ。最新の製品のフジヤが更に良かったっていう)

説明が難しいけど、ギボシのバンザイみたいな、カシメる所。の、丸めっぷりが

絶妙!で、ギュっと入る。こりゃ、良い買い物した!



一つ解決。


次はテールの直流化をするよ。(方法はモロ他力本願ですけど!)

        CA3K0212_2015112718053008b.jpg

「割りこませ」とか、あの赤い奴で取出しとか書いてますが、わしはひねくれてるので

こんなことします↑。端子を囲ってるのを剥がし!
       CA3K0213_20151127180532ca6.jpg

ぬふふふ・・・。

     CA3K0217_20151127180535f12.jpg
追加線(今回は茶色線)をハンダ付けした。

     CA3K0219_20151127180643a73.jpg

ねっ。どーにかなりました。

     CA3K0220_201511271806441bf.jpg

その、延長線を、テール球まで伸ばし、チョクでハンダ付け。 

切ったハーネス側はヒシチューブでメクラ。

      CA3K0221_20151127180646362.jpg

こんなんです。

次は・・・・。
 
キーシリンダー下のコネクターの、オレンジ/黒からライト用に電源取るらしいんだが、

HPを見ると赤い奴で付けちゃってる。ここはチョー狭いし、仕方ないと思うけど

泥はねが凄い所だし、ここも端子にチョクでハンダ付けして、延長線を取り出す。

        CA3K0237.jpg

で、このコネクタ。こちら側から精密ドライバを2本使って、真ん中の爪?を

下に下げつつ、端子を押し出さなければなりません。

        CA3K0235.jpg

抜けた。構造を理解するのに時間がかかり、苦労した。

        CA3K0238.jpg

付けた。よおおしゃあああああ。あとはもー簡単だべ。

        CA3K0239.jpg

ハイ/ロー切り替えの黄色/白に、増設した線をくっつける。

(延長線からまた更に分岐させて、メーター照明にも使うよ)

共に、黄/白線を切って、ハーネス側がメクラ、球&スイッチにハンダ付け。

いやーメンドくさかった。いや、手際が悪すぎ。あと管理が悪すぎ。

燃えなきゃいいけど・・・。

心配。



TAG : 全波整流 アドレスV125

他力

 アドレスV125の、全波整流化、てのをウチの過走行車でもやってみるべ、と。

レギュレータとかガスケットとかは揃えてある。今は無色だし、雨降らないうちにやるか。

     CA3K0191.jpg 
「V125 全波整流」ってググると、先人達のHPがたくさんあるので、それみて

マネっこ。

ガスケットはさすがにカチカチでして、一部切れました。

     CA3K0192_20151125192517688.jpg 
そんな訳で、切断するリード線(画像左の黄/白)の確認もすぐにできました。

しかし・・・師匠たちのバイクと違って、ケースカバー内側のなんと汚いこと。

オイル管理は3000KMごとにしてたんだけどな。

質の問題か、ブローバイが本格的に増えすぎてるか・・。

リング交換だけでいいのか?ま~リング交換するくらいならボアアップしたい。

    CA3K0193_20151125192515352.jpg 
ガスケットが残ってる&スラッジ汚れもとれるかなあ~ってんで、WAKO'Sの

ガスケットリムーバをぶしゅーーー。

・・・・数十分後、ガスケットはするりと落ちましたが、茶色はぜんぜん落ちません。

きちんとアルカリで洗わないとダメくさい。

     CA3K0194.jpg

ガスケットとオイルシール。必須ですな。

     CA3K0197.jpg 
右が、新車から憑いてたモノ。左が部品で取ったモノ。違うねえ。
後期のものと統一したんかな?リップ内側に、独特の構造がある。

軸が回転すると、オイルを内側に行くように誘導する模様というかがある。

これ、ドゥカティの乾式クラッチ(の軸ん所)にも使ってます。サイズは全然

違いますが。

この作りのシール、ちょっと高いのでNOKからジカに買おうと企んだ事があるんです。

95年頃かな。NOKの中の人(ちょっと偉い)と仕事で会う機会があって、

個人的にこーゆーのが欲しいんだけど、引けますか?って。

Dの純正部品よかかなり安かったと、記憶してます。

話がずれました。

黄/白線のコイル接続は、なんとか完了。

      CA3K0198_20151125194819817.jpg  
板金に、ぐるりとコイル線が巻きつけてハンダしてあるので、溶かすのに

苦労しました。40Wだとダメっす。屋外でやるなら絶対60Wは要ります!

全然熱足りません!高い熱量と、ウイックあるとパーペキ。

あっ雨降ってきた・・。ダッシュでカバー組む!!

今日はこの辺で中止~。





TAG : 全波整流 アドレスV125

心折

とまあ、初めて派遣会社と言うものに短期バイトの説明を受けに行ったんですがねえ。

次の仕事までの2週間位、のんびりしててもいーんじゃないか?と

考えを切り替え・・・た訳でもないんですが。

ともかく怖い思いしたので、気分転換。

         CA3K0112_20151117232215fd7.jpg

アドレスのプーリー掃除でもしよう・・・。

そこそこ走ってたので、フラットスポットが4mm程出来てたけど、ローラーの

位置変えでごまかす。有機モリブデングリスもさらっと塗って。

         CA3K0113_20151117232214df0.jpg
 
ベルト幅のチェック。19.36mm。まあこんなとこだろう。

少しラクになったよ。

心のリハビリにはバイクが一番いいなあ。