ドゥカティ徒然日記
FC2ブログ

直日

ニンゲン、生活してりゃ~アレコレ壊れたりするんですが、

これが良くある話で、いっぺんに来るんですよねえ。

という訳で、ウチの掃除機。(大損DC63モーターヘッド)

先っぽの、回るブラシが回らなくなった!と嫁さんが言ってから数週間。

「新しいの欲しいなあ」などとクレイジーな事をほざくので、直しに掛ります。

     CA3K0132_20181209095318b50.jpg 

調べると、このテレスコ(伸縮)は外して、グリップとヘッドを
直に繋ぐと回る。つまり、この中の導線が切れるかなんかして、電器が通ってないと。

テスターで見ると、マイナス線が導通してない。
完全に分解する必要があるんですが、必要な工具は
〇 カドを丸くしたマイナスドライバー
〇 ラジオペンチ
〇 トルクスドライバー T8(長いドライバーじゃないとダメ、Lレンチだと
               精神が持ちません)    
〇 トルクスレンチ T15 T20 (これはLレンチでOK)
〇 不要ワイパーの芯金
〇 マスキングテープ(セロテープでも可)
〇 ハンダこて(40W程度でOK)とフラックス(絶対に必要)
〇 カッターナイフ
〇 接着剤スーパーXと、できればプラリペア
〇 うすっぺらい長い硬いもの(15cm定規とか)
〇 テスター
〇 絶対に直すという気合
と、結構要ります。
ちなみに、このテレスコ、新品で購入しても6千円しません。
普通は買いましょう。
実は、初めにバラした時、中のフレキ導線がグチャグチャになり
何度切れた所をハンダ付けしても組む時に切れてしまうのでした。

指の部分が、伸縮を繰り返して中のステンレス導線が切れてしまった所。

    CA3K0049_20181209104353353.jpg 

切れてます。出てます。

    CA3K0050_20181209104356fef.jpg 

単純に、ハンダ付けしてみたんです。
ですが、組立で、あっさりもげました。何回も付けて組んでバラシ・・。
    CA3K0051_20181209104357e20.jpg  
 
もう諦めようとしてたんですが、エブリィでお世話になったstarriseさんとの
やり取りで「諦めちゃ、ダメだ!」と。

んで再開。
ヘタクソハンダは、切り取る。落ち着いて考える。
     CA3K0133_201812090953204a3.jpg 
黒い樹脂部分って、芯がある感じで、固い。つまり、フレキとどうにかして
繋がってる訳で。カシメか、レーザーか、ハンダか。
まあハンダだろうなあ、と予想して、カッターで黒い部分をむしって行く。

    CA3K0135_20181209095322631.jpg 

やわらかブラックを全部取ると、白い樹脂にインサート成型されてる接合部がコンニチハ。 

    CA3K0146_20181209095323cc3.jpg 

更にコイツをカッターでむしって・・ハンダが出た。ヨシ!ここを付け直せば良い。

    CA3K0147_2018120909532468c.jpg 

フレキの先端を再生する時に、金属線にキズを付けない様にカッターで被覆を剥がします。

なんとかできたら、補強します。たまたまウチはプラリペア。早く固まるので便利。

   CA3K0149_20181209095327b37.jpg 

土手を造り・・

   CA3K0150_20181209095328841.jpg   

盛っていきます。

   CA3K0152_201812090953313bb.jpg 

オモテが固まったら、裏返して更に、盛る。
これを、スーパーXでコーティングすれば完璧なんだけど、もう深夜2時だったので
やらなかった。

フレキ単体での、導通をテスターで確認。OK! 
組み立てる。フレキを入れる際、順番がある。
端子で、白いコネクタを分解する方をテープでまとめつつワイパーの芯金で
繋いで、それをテレスコの中の穴に入れると、通しやすい。

組みの画像は撮らなかったので、イマイチかもしれませんが、必ず
ばらす時に絵に書くか、写真に撮る事を強くオススメします。

結果的に・・

   CA3K0153_201812090953552ab.jpg 

モーターヘッド、回ります!!
良かった良かった。
 
スポンサーサイト

浸透

家の車、エブリィワゴン。のタービン(ターボ)が壊れた、と。

見た訳ではないのですが、音と位置と、アクセルとの関係で間違いない、と。

まあ坂道登らない、平坦な道でも2000RPMから「ギャリガりガリ~」

ひで~もんでした。こりゃタービンの羽根が当たってるんだ!と

素人判断を行い、リビルドタービンをネットで購入しました。

     DA62W.jpg  

ええもちろん、交換作業は自分で行います。

(楽しそうなのと、¥的に)

StarRiseさんトコにお邪魔して、始めます。オイルやクーラントはカインズホームで

買いました。

     CA3K0097_2018112523052731c.jpg 

オイルフィルターはアストロのA-328です。

4脚のウマでアゲまして・・・

クルマの下へレッツラゴー!
 
   CA3K0098_20181125230529a2d.jpg 

この車のオイル交換とか、フィルター交換は、実は自分でやるのは初めて。

いつもバックスとかディーラーでした。
  
小さなカートリッジを取って付け。やあ、楽しいなあ。

サテ、マフラー(触媒部)を外して、タービンこんにちはするべか!

・・・・
・・・・・・

     CA3K0101_20181125230529388.jpg 

ん???回・・・らない 。つーか、M8なめた。タガネカモン!!

うがああ~ダメダ~~~取れねえ~~~。奥のも工具入らないし~~~

その為には、かぶさってる遮熱版取らないとイカンし~~~

だけども、これはM6で留めてあって、メタクソ外しにくいんだよ!!

タガネ使っても3本の内一個しか取れなかった。

そうこうしてるともう夕方。タイムアップ。ひとまず今日はおしまいです。

明日、マジでリベンジです。(交換したタービンは、返送しないといけないから)
    CA3K0102_20181125230529329.jpg 

帰りに、アストロ寄ってツイストソケット買いました。

遂にこれを必要としてしまったか・・。
  
    CA3K0103_201811252305302fa.jpg CA3K0104_20181125230531054.jpg

布団のなかで考えて、ソケットだけでは、また舐めるかもしれない!

ヒートサイクルも併用しよう!と思い・・・

     CA3K0105_20181125230612a68.jpg 

クレの冷凍浸透ナントカ、とガスバーナー。

熱ッッつくしといて、冷凍で急激に冷やす。を繰り返せば、動くんじゃね~がな~って。

 ゴォー

ブシャーーー!!! ※繰り返し

んで、ツイストソケットを舐めてない方のM8に掛けると・・・

カキン!!

おお!!回ったぞ!嬉しい!!

しかし、舐めた方はツイストが掛らず。結局ヒートサイクルとタガネプレイ。

数時間の格闘の末・・・

    CA3K0107_20181125230615735.jpg 

回った・・・ぞ・・・・。

あ~良かった。ほんとに安心しました。所で、回ったけどこれじゃ抜けません。

遮熱版を外さないといかんのです。

これも、一個はツイストで回り。しかし最後の一個は、冷凍とタガネを1時間位

やって、ようやく・・・。

     CA3K0110_2018112523061796b.jpg 

同時にM8も抜けます。
  
     CA3K0108_201811252306165a6.jpg 
 
堅いゴムホース(クーラント)も苦労した。何しろ狭い。のと、

年数が経ってるので、バッチリパイプとくっ付いてる。

ダガ、PBのマイナスをつっこんで、バイクのグリップを外す要領で、なんとか。

    CA3K0111_201811252306188a1.jpg 

やっと、おりたよタービン。2日がかり。M8のネジのせいだが。

CA3K0112_201811252306203d6.jpg CA3K0113_20181125230621e6f.jpgCA3K0114_20181125230623b07.jpg

 排気側は、欠けてる。

吸気側は、何かと当たった跡が。なんだろう・・・。

とにかくガタガタな、羽でした。

スタッドボルトは、リビルドに付いてこなかったので、外して(本当は

前もって新品購入しておくと良い)取り付ける。

スタッドを外す際にも、ヒートサイクルで外しました。(Wナットで)

組みたて時は、カッパーグリスをネジ部に塗って組みました。

その方が組みやすいし、トルクが掛りやすく、かじりにくくなるからです。

さて、リビルドタービンキットに付属している、オイルパイプに交換しなければ

なりません。しかし、ボルトを緩めただけでは絶対に抜けません。

エンジンマウントを外す必要があります。

     CA3K0115_20181125230624fda.jpg 

画像右下にぶら下がってる黒いのがそうですが、M84本でクランクケースに

留めてあります。とにかく、緩めて・・・(外さない)

丸い大きなブッシュのナット(M10二面幅17mm )も緩める。

フロアジャッキ(5基目)で、トルコン部を少し持ち上げる。

4本のM8を外す。と、黒いマウントがぐるりと外れます。(M10を軸にして)

ここでようやくオイルパイプが外れます。ケースには仮止め位にしておきます。

マウントを組みますが、M10のボルトは抜いちゃって、M8をケースに仮組します。

ガタの無い位の締めでOK。

丸とは穴位置が合ってないので、フロアジャッキで持ち上げて行くと

鉄板マウントと、ゴムブッシュの穴が合います。

したらも~~、外しておいたアレやコレを、付属のガスケットと共に

組んでいくだけ。

マフラーも付けて、確認。

オイルを2.8リットルいれまして、クーラントも補充します。

バッテリーを乗っけてさあ、エンジン始動!

あは~~。静かだよ~~~(当たりまえ)

少しアイドリングさせて、漏れ、ないな!良し。

工具を汚したまま帰ってしまってすみません。

マジ感謝しか無いですよ。道具や場所のおかげでできたのです。

StarRiseさん、本当にありがとうございます。

   CA3K0116_20181125230626f12.jpg 






有図

今日は大磯エクスチェンジマート。

もう11月後半ともなると、朝4時出発はもーー寒くて。(車が故障中なのでアドレス)

なので、5時にでて、大磯で日の出時間に着くようにするです。

カッパを着込んで歩いてると。

    CA3K0060_20181118190356abe.jpg 

みんな大好きラジアルポンプ。ブレンボではありません。

実家のすぐ近くの家の庭にあって、良く水を汲んでいました。

これは・・4000円だか7000円でした。もちろん!買いま~~~~~

せん!

庭にあると趣が出るとは思うけど。

バイク部品は、なんか全般的に高価になってるみたいなんで、プラプラ

見てるだけ~。

で、見つけたこのバイス。

    CA3K0061_20181118190356d95.jpg  

聞くと千円だったので購入。ウチには無かったので。

サビ、汚れはいいや、綺麗にする楽しみがあるってもん。

はあ、買い物は出来たなあ。帰ろう。(1時間のアドレスは、尻が痛くなる)

帰宅すると、ぶら下げてたにんにく様が良く育っててまるでエアプランツ。

ほっといても良いんだなw

   CA3K0062_20181118190357610.jpg 
 
さて、ボルガンマの右ステップが形になったので、ブレーキホースを作るとします。

以前、イナズママスターをヤフオクで落とした時に付いていた物を

長さを詰めて使おうと言う、ビンボー症。

早速、ディスクで切断、分解に入りますが・・・

    CA3K0064_201811181904009cf.jpg 

これがまた、ガレセなどで買うと100%腐ってます。

アルミが錆びて粉を吹いてると、中々の苦労を強いられる事間違いなし。

今は、売られてるのはカシメ済みで、バンジョーをねじ込むだけなので

このような面白い作業をする必要は無いですね。割れることも少ないでしょう。

    CA3K0063_20181118190359794.jpg 

オリーブと呼ばれる部品に、テフロンチューブを差し込み、ステンレスメッシュをかぶせて

アルミに引き込みます。んでバンジョーをねじ込んでかしめる、という構造を

理解してないと、出来ない内容かと思います。

完全にサビでくっついてるので、リューターで削ってる所です。

真鍮製のオリーブをかなり削り倒し、頭の方から、テフロンチューブを押せるように

して、なんとか・・・抜くことに成功しました。

   CA3K0065_20181118190402552.jpg 

次は、残ってるステンメッシュと、オリーブの残骸。
M6ボルトを尻から差し込んで、ハンマーでゴン!

   CA3K0066_201811181904043d6.jpg 

やった!動いた!もう勝ったも同然。

   CA3K0067_20181118190405339.jpg 

腐ったアルミ内部と、臓物。この、オリーブを交換すれば、再使用も

可能っちゃ可能なんです。(あまり、中古の再生はオススメできませんが)

新品がベストっす。

そういや・・・新品のアルミ製オリーブ、持ってたな。

どこだっけ・・・

   CA3K0068_20181118190406bd2.jpg 

どこだ・・・

   CA3K0069_201811181904094e8.jpg 

あった!!!!良くあったしw覚えてたしwちなみに買ったのは14年前位かな。

うひひとリビングに戻ると、次男が即興で絵を描いてた。

   CA3K0070_20181118190411b3d.jpg 

これで単位が取れるなら、良いんだが・・。 
 




 

緑君

久し振りにマグライト。

エクスチェンジマートで入手。 ちなみに500円でした。

LEDじゃないから売れないんですと。わし的には、LEDじゃなくても

十分魅力ありますけどね。 

  CA3K1183.jpg 


なかなか出てこない、単2電池タイプ。(細いので手が小さいわしにぴったり)

これは欲しかったんだよね。黑いのを持ってたけど、実家に置いてきたので。
 
    PAP_0029_201811072339377fc.jpg  

珍しい、色。 

端材

代わり映えしない画像ばかりでつまんないでしょうけど。

   CA3K0004_201811072318341fb.jpg 

ボルガンマの右ステップの、ホンダステップバーのD穴掘り。

機械でササっと・・掘る・・。

で、ポッケナイナイ。タバコ休憩の5分なんかより掛らず出来たっす。

     CA3K0005_20181107231835ed1.jpg

こんな感じ。程よいクリアランス。

     CA3K0007_20181107231837f30.jpg 

マスターシリンダーを押すレバーが必要です。

   CA3K0022_20181107231841a5e.jpg 

MDF板で試作・・・。

CADで清書、端材のYH75のスキマで作ります。

    CA3K0026_20181107231842a92.jpg   

マジでギリギリ。取れるのか?

   CA3K0028_20181107231844259.jpg 

はい、ワイヤーカットならば!造作もない事。無駄なく材料をしゃぶります。

   CA3K0027_2018110723184353f.jpg 

まだ完成ではありませんが、装着イメージ。

・・・・

   CA3K0016_20181107231840cfc.jpg 

頑丈なのか脆いのか・・・。